【レビュー】Apple Watch Series 4 Hermèsを購入|最高のブランド同士が融合した最強のコラボレーション

シェアする

ついに4代目のApple WatchとなるSeries 4が発売されましたね。9月12日のAppleの発表会において、iPhoneの新シリーズであるiPhone XSやXRと同時に発表されたこのApple Watch Series 4ですが、その外観の変化や飛躍的な進化具合から、iPhoneよりも注目度が高かったように思います。

そして今回、私も遂にApple Watchを購入しました。私自身は機械式のアナログ時計が好きなので、気にはなりつつもApple Watchを今まで購入することはなかったのですが、Series 4でようやくデビューとなりました。購入したのはApple Watchのエルメスモデル。初代から続いているコラボモデルですね。

今回はそんなApple Watch シリーズ4のエルメスモデルのレビューをしたいと思います。

Apple Watch Series 4 Hermès を購入した理由

今回Apple Watch シリーズ4を購入した大きな理由のひとつがその外観。Apple Watchも4代目にして、いよいよ外観に変化が現れました。シリーズ1〜シリーズ3までの38mm/42mmというサイズから、40mm/44mmへと大きくなりましたね。またディスプレイの表示領域自体も広がり、ベゼルレスに近い感覚に。さらに本体も薄くなり、身につけるウェアラブルデバイスとして完成度がより上がったように感じます。

そしてエルメスと言えば言わずと知れた高級ファッションブランド。使われているレザーは、それを加工する職人も含めて、世界最高レベルと言われるほど、素晴らしい品質を誇っています。元来より時計はただ時間を確認するだけのものではなく、装飾品/アクセサリーとしての意味合いもありました。

Apple Watch本体のデザインはより洗練され、さらにエルメスのレザーを使ったバンドということであれば、時計がもつアクセサリーとしての側面を損なうことなく、スマートに進化したApple Watch Series 4こそが、スマートウォッチのひとつの完成形ではないか、と思ったのが購入のきっかけです。

もちろん、Apple Watchの魅力は外観やデザイン面だけではありません。今回のシリーズ4からは、より身体の健康維持にもフォーカスされウェアラブルデバイスとしても順当に進化しています。内部CPUのスペックアップや、最新watch OSによるSiriの自動起動(口元へ持っていくだけでSiriが起動)など、使い勝手も大きく向上していますね。それらも含めて、Apple Watch Series 4は、今手に入るスマートウォッチの中で最高峰のモデルと言えると思います。

ちなみに今まではロレックス サブマリーナのバンド部分を、wena wristというスマート機能を持ったバンドに交換して使っていました。これはこれで、機械式時計のかっこ良さとスマートウォッチの便利さを融合できる、非常に素晴らしいコラボ。下記記事で詳細をレビューしていますので、よければ合わせてどうぞ。

wena wristを使ってロレックス サブマリーナをスマートウォッチ化!アナログとデジタルの融合で最高の機械式スマートウォッチに
前回、機械式アナログ時計好きの人が使うスマートウォッチとしてwena wristという製品をこのブログで紹介しました。 この製品簡単に...

外観

パッケージ内容

早速ですが、パッケージと開封をしていきたいと思います。まずパッケージ外観はエルメスモデル専用のもので、色も鮮やかなエルメスオレンジ。同じく専用のショップ袋も付いてきます。

型押しレザーのような、細かいしぼが入った化粧箱も非常に質感が良く高級感がありますね。

中にはさらに2つの箱が入っています。

箱にはそれぞれApple Watch本体とバンドが別れた状態で、綺麗にパッケージングされていますね。

Apple Watch本体側の箱には、本体の他にマグネットの充電ケーブルとアダプタ、そして専用のオレンジのスポーツバンド。バンド側の箱にはレザーバンドだけが入っている状態です。全て取り出すとこんな感じになります。

Apple Watch Series 4 Hermès のデザインと質感

Apple Watch本体はスエード調の人造皮革「エクセーヌ」で丁寧に保護されており、非常に高級感を感じますね。取り出すと綺麗に輝くステンレスのApple Watchが登場します。

ちなみにApple Watch Series 4にはアルミとステンレスという材質違いと、さらにそれぞれゴールド・スペースグレイ・シルバーの3色がラインナップされていますが、今回購入したエルメスモデルの本体はシルバーステンレスのみになります。

つなぎ目のない滑らかな流線型のデザインは、どの角度から見ても本当に美しいですね。細部まで抜かりのない完成されたデザインのように感じます。

購入時にアルミモデルとステンレスモデルの実機を両方見ることができましたが、個人的にはステンレスモデルを強くおすすめします。本体の質感・美しさ・高級感、全ての面でステンレスが圧倒的でしたね。その差は写真で見る以上でした。もちろんアルミも素晴らしいですし、価格面や軽さではアルミの方が優れていますが、外観にこだわる人はステンレスの方が所有欲を満たしてくれると思います。

厚みも薄くなっており、装着時の違和感もなさそうです。

裏面は旧モデルと大きく変わりましたね。全面が黒いセラミックとサファイアクリスタルで構成されるようになり、非常にかっこいいです(裏面なので人に見られることはほとんどないと思いますが)。センサー周りにはしっかりと「HERMES」の文字も刻印されていますね。

サファイアクリスタルと言えば高級腕時計の風防にもよく使われる非常に硬いガラス素材。ステンレスモデルの場合はディスプレイ面にも、この強度の高いサファイアクリスタルが採用されています。(アルミモデルはIonXガラス)

続いてバンドの方ですが、こちらも二つ折りのエクセーヌの中にしっかりと収められています。エルメスの革についての説明も同封されていますね。

革の質感はやはり素晴らしいです。バックルの作りも非常に良く刻印もしっかりと入っていますね。

裏面にもしっかりと「HERMES PARIS BRACELET MEDE IN FRANCE」の刻印。肌触りも最高で、細部の仕上げにまでしっかりと作られた上質さが伝わります。

Apple Watch本体にレザーバンドをつけるとApple Watch Hermèsが完成です。

世界最高峰のインダストリアルデザインと、世界最高峰のファッションデザインが融合した姿は本当に素晴らしいですね。まさに最強のコラボレーション時計だと思います。

Apple Watch Series 4の設定

iPhoneとのペアリング

Apple Watchを手に入れて最初にすることと言えば、iPhoneとのペアリング。Apple Watchの電源を入れると、おなじみのアップルマークからiPhoneを近づけるような案内が出ます。iPhoneを近づけるとiPhone側に設定の案内が出て、続けるを押せばペアリング作業が始まります。

QRコードのように、Apple Watchに表示される画像をiPhone側から読み取り、あとは装着する腕の設定やApple IDの設定、パスコード、ApplePayの設定などを行えばペアリングが完了します。この辺りの手順の簡単さも、Apple製品ならではの部分ですね。

ちなみに私のApple WatchはGPS + Cellularモデルで、単体でのモバイル通信も可能です。この設定についても、ペアリングの作業の中で行うことができました。私のiPhoneのキャリアはドコモのため、「ワンナンバーサービス」という月額540円のサービスに加入することで、Apple Watchでのモバイル通信が使えるようになります。

わざわざドコモのページに行かなくても、ペアリングの流れの中でサービスの申し込みまで完了できますので、これも非常に楽ですね。

ペアリング完了後、しばらく待てばApple Watchを使うことができるようになります。

Apple Watch Series 4(40mm)の使用感

Apple Watch Series 4(40mm)の装着感

今回新たに40mmと44mmというサイズのラインナップに変わりましたが、私が選んだのは40mm。操作性を考えれば44mmだとは思うのですが、私自身、手首周りがそこまで太くないことと、装着時のストレスを少しでも軽減させることを考えての選択です。

ちなみに普段着けているサブマリーナとの比較ではこんな感じです。

腕に着けた状態での比較はこんな感じですね。

サブマリーナは自分にとってはやや大きめの時計でしたが、それと比べるとこの40mmというサイズはやや小ぶりに感じます。ただApple Watchはフェイスの面積が広いため、装着して客観的に見ると、比較的大きくインパクトがあるように映りますね。また活動量計としての側面も持っているApple Watchですので、運動時の使用や睡眠ログなども取ることを考えれば、私としては40mmで正解だったかなと思っています。

本体の厚みが薄くなったこともあってか、装着感はかなり良いですね。昔友人のシリーズ3を着けさせてもらった時は、その厚みが少しだけ気になったのですが、シリーズ4は着けている感覚に違和感がなく気になりません。

Apple Watch Series 4(40mm)の操作性

まだ使い始めて数日ですが、操作性も良いです。旧モデルは試しに使った程度ですが、大きくなった画面は使いやすいですね。40mmでもそれほど不便に感じることなく使うことができます。

UIデザインや操作性はApple製品らしく洗練されたもので、使っていて気持ちいいですね。そして気持ちいいと言えば、今回から搭載されたHaptic Crown。これはデジタルクラウンを回した時に触覚フィードバックが得られる機能で、クラウンを回している感覚がカリカリと小さな振動で伝わってきます。このようなデジタルでありながら、アナログな感覚もしっかりと取り入れて感性に訴えかけるのは流石だと思います。

Apple Watchで使うApple PayはiPhone以上に使い勝手が良く、タイマーのセットや天気などの情報確認が、iPhoneなしでできるのは、非常に便利。通知などもさっと確認することができ、iPhoneを取り出さなくても良いというのがこんなにもストレスフリーだとは想像していませんでした。

ちなみに駅の改札をSuicaで抜ける時など、右手にApple Watchを着けた方が便利という情報を読み、早速試してみましたが、私はこれには慣れることができませんでした。普段時計を左手にしていても、右手に時計を着ける習慣がないからという訳ではなく、操作性の問題ですね。右手に時計を着けること自体は問題なかったのですが、どうしても左手でデジタルクラウンやタッチ画面を操作するのに不便を感じてしまいました。

そのため今は普通に左手に装着して、改札を抜ける時はiPhoneを使っています。右手に装着していてもやや体勢を変えないとApple Watchでは改札にタッチできないので、iPhoneを使う方がスマートだと個人的には思います。

Apple Watchの機能

まず時計としての機能ですが、エルメスモデルということで専用のウォッチフェイスが用意されています。歴代のおなじみのデザインに加え、今回追加されたものもありますね。

ウォッチフェイスのカスタマイズではエルメスカラーも選択できるようになっています。

また今回のシリーズ4用の新しいフェイス「Infograph」は、かなりの情報を詰め込むことができるようになっています。最大9つまで任意のコンプリケーションが配置できるため、これひとつで様々な情報を得ることができますね。拡大された画面領域をフルに生かしたフェイスデザインだと思います。

私はウォッチフェイスはエルメス>Infograph>Siriの順番に並べていますが、この3つがあれば、だいたいのことはこなせるように思います。

これはWatch OS 5の機能ですがSiriも「Hey Siri」が不要で、口元にApple Watchを近づけるだけで使えるようになりました。これが思いのほか便利で、今まであまり使うことがなかったSiriの使用頻度がかなり増えましたね。この形になってついに音声アシスタントも実用的になってきたと実感させてくれる、良いバージョンアップだと思います。

またこれもシリーズ4に限った話ではありませんが、Macのロック解除も非常に便利ですね。私はTouch Bar搭載のMacBook Proを使っていますので、Touch IDによる指紋認証でロック解除をしていましたが、それ以上の感動です。席に座ってMacのスリープを解除して、そのままロック解除までシームレスに進むのはとても気持ちがいいです。

アクティビティも良く確認するようになりましたね。やはり1日の運動量などが数値化されると、意識して体を動かさないといけないな、という気持ちになります。追加したアプリでは、AutoSleepがお気に入り。これは睡眠分析が行えるアプリで、毎日の睡眠状態を知ることができます。寝る時にも装着しており(寝る時はレザーバンドではなくシリコンバンドに付け替え)、充電はお風呂やご飯中にしていますが、今のところバッテリー切れを起こしたことはありません。

他にも家電操作などができるのも便利ですね。照明を操作するHueはまだ未対応のようでしたが、物理ボタンを操作できるSwitchBotや、エアコンやテレビなどの家電コントローラーNature Remoなど、スマートホーム関連機器との連携はかなり使えます。

スマートデバイスSwitch Bot(スイッチボット)レビュー あらゆるスイッチやボタンをワイヤレス操作可能にするIoTガジェット
スマートホーム化を進めるにあたって一番の悩みどころは、既存の装置をいかにIoT化させるかということだと思います。テレビやエアコンのように...
スマートリモコンNature Remoをレビュー 最も完成度が高いスマートスピーカー対応のベスト家電操作デバイス
スマホやAmazon Echo(Alexa)のようなスマートスピーカーから、家電操作を可能にするスマートリモコンが今話題になっています。...

玄関に取り付けて鍵をスマートロック化するQrio Lockも、10/10のアプリアップデートで遂にApple Watchに対応しました。Apple Watch単体でも鍵の解施錠が可能になり、これは非常に便利。ゴミ出しやコンビニなどのちょっとした外出に、わざわざiPhoneを持って行く必要も無くなり、Apple Watchだけで出かける機会も増えました。

自宅の鍵をスマート化するQrio Lock(キュリオロック)レビュー|ハンズフリー解錠にオートロック、簡単設置で手軽にスマートホームを実現
「スマートホーム」という言葉の広がりと共に、それに対応した製品が続々と登場していますね。私もスマートスピーカーやスマート家電リモコンをは...

他にもまだまだ試したいアプリがたくさんありますので、これからもっと色々と使っていき、良いアプリがあればまた紹介したいと思います。

まとめ

時計は身につけるものなため、実用性だけではなくファッションアイテムとしても重要な存在です。そういう意味ではApple Watchは、高い実用性とデザイン性も兼ね備えた、最高の腕時計と言えますね。実際にApple Watchは、世界で最も売れたスマートウォッチ/ウェアラブルデバイスでありながら、世界で最も売れた腕時計でもあります。

そして今回発売になったApple Watch Series 4は、旧モデルからさらに飛躍的な進化を遂げ、スマートウォッチというプロダクトをさらに1つ上のレベルへ押し上げたように思います。そんなApple Watchとエルメスの組み合わせは、まさに最高の腕時計と呼ぶに相応しいものではないでしょうか。

私自身もそうですが、時計が好きな人間は複数の時計を気分や利用シーンによって使い分けます。高級な機械式腕時計はもちろん魅力的ですが、Apple Watch Series 4 Hermèsはそれにも負けないくらい素晴らしいプロダクトで、いくつもの時計を持っているような人でも、コレクションに加えたくなるような逸品に仕上がっていますね。皆さんもぜひ機会があれば、実際にこの製品を手にとってみてください。きっとその魅力がわかると思います。