機能的でおしゃれなバックパック・リュック7選 オン/オフ兼用でカジュアル使いもできる製品を厳選

シェアする

最近スーツ姿でもバックパック/リュックを背負っている人が増えてきましたね。ノートパソコンやタブレットが持ち運びやすく、両手がフリーにできるバックパックは、ビジネスマンにとって便利なグッズだと思います。

そこで今回はビズネスシーンはもちろん、カジュアル使いもできる機能的でおしゃれな、おすすめバックパックを紹介していきたいと思います。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス) ShuttleDaypack Slim(シャトルデイパック スリム)


まずは私も使っているノースフェイスのシャトルデイパックスリムです。シンプルなのに使い勝手が非常に良い製品。スクエア型でミニマルなデザインのため、いかにもビジネスバックという主張もなく、オンオフどちらにも使えるバックパックだと思います。詳しくは下のレビュー記事をご覧ください。

【レビュー】ビジネスバッグとして通勤にもノマドワークにも使える ザノースフェイス シャトルデイパックスリム
みなさん移動の際はどんなカバンを使っていますか?私はサラリーマン時代の通勤やプライベートでは完全手ぶら派なんですが、独立してフリーで...

私はスリムタイプ使用ですが、荷物が多い人にはほぼ同じデザインで容量が大きいシャトルデイパックもおすすめ。

さらに同じシャトルシリーズとして、リュック・ブリーフ・ショルダーと3way利用できるShuttle 3way Daypackもラインナップされています。

TERG(ターグ) デイパック


TERG(ターグ)は、ヘノリックス社で新製品を設計・探索するチームのことで「Trial and Error Research Group」の略した名前をブランド化したもの。日本語では試行錯誤研究グループという意味になり、使い勝手の良さを追求して、より便利でデザイン性の良いバッグを作るという意味があります。

TERGのバッグの中でもこのデイパックは、日常での使い勝手を追求したデザイン。マルチリンクシステムが搭載されているので、内部に別売りのオーガナイザーを付けて自分だけの使いやすいアレンジが可能な点もポイントが高いです。

また特徴的なのが左右非対称になったジッパー部分。片側は下まで開きますが、もう片側は途中までしか開かないようになっています。これは荷物を取り出すためにワンショルダーにした時に、ジッパーを開けやすくするための計算された配置です。

カジュアルなデザインが多いリュックですが、このデイパックはマットな素材で落ち着いた雰囲気があります。そのためビジネスシーンでもカジュアル過ぎずに持つことができます。下部分はレザー使いとなっているので、大人の男性でも楽しめるバックパックではないでしょうか。ビームスなどのセレクトショップでも取り扱われる、機能性とファッション性を両立したバックパックです。

<口コミ>

「こういうタイプは重さが気になりますが、単体の重さをほとんど感じないくらい軽い。下の部分がバッファローレザーなので、形が崩れにくくてとても良いです。」

「収納が多く、機能的で使いやすいです。余計な紐などもなくスッキリしたデザインが気に入ってます。」

引用元:Amazon

ARCTERYX(アークテリクス) Blade 20 Backpack


ARCTERYX(アークテリクス)はアウトドア用品なども手掛けるカナダ・バンクーバーの衣料メーカーで、使い勝手の良さとデザイン性の2つが実現された製品を多く販売しています。人間工学に基づいた先進的なウェアが多く、街でも特徴的なARCTERYXのロゴが入ったアウトドアウェアを着ている人をよく見かけます。

そんなARCTERYXのリュックの中でも人気なのが、Blade 20のバックパック。容量が20ℓとなり、書類やジャケット、お弁当などさまざまなものが収納可能です。ジップ式メインコンパートメントで仕切られていますが、全開するので中も取り出しやすく、まるで背負えるスーツケースのような収納になっています。もちろんサイドジップからも取り出せるので、非常に便利。

デイリーのビジネスシーンはもちろん、出張などでも活躍するバックパックですね。バックパックといっても都会的な印象のデザインなので、スーツとのバランスもバッチリでしょう。また、バックパックとしてだけではなく、カバンを横に向けて持つとビジネスバックにもなる2WAY仕様。どちらも使えるのでシーンに合わせて変えられるところも魅力ですね。

<口コミ>

「通勤用に使っていますが、シンプルで背負いやすいです。小物用の収納スペースが充実しているので主張にも重宝しています。一度背負ったら、他のは使えません!!」

「シンプルかつ高機能とスタイリッシュさを兼ね揃えたバックパックです。リュックを降ろさずに背面の収納口から荷物を取り出せるので使い勝手も良い。」

引用元:Amazon

こちらもセレクトショップで多く扱われており、よりアウトドア性の高いARROと言うバックパックも人気が高いです。

Aeroにはビームス別注品もラインナップされています。

COTE&CIEL(コートエシエル) Isar(イザール)


パリコレクションで人気のDamir DomaやカジュアルブランドのSilentをプロデュースするメーカーがデザインするフランス・パリ初のブランド COTE&CIEL(コートエシエル)。世界にも数社しかないApple公認のバッグブランドになります。

そのCOTE&CIELの代表的なバックパックがこのIsar(イザール)。特徴はその独創的で先進的なデザインです。巻き貝を思わせる立体的なデザインは人間工学に基づいて設計されています。「バッグは着るもの」という哲学の下、シンプルで裁断や縫製が最低限になるようデザインされているそうです。

デザインだけでなく機能面にも様々な工夫があります。リュック部分ではなく背面側に開閉可能なジップを設け、そこにラップトップや様々な道具を収納可能。表面にもすぐにアクセス可能なポケットが設けられています。

素材にはエコヤーンという丈夫で環境に優しいリサイクル素材を使用。雨や汚れに強く、大切な荷物を汚れやダメージから守ってくれるのも魅力です。シンプルなモノクロカラー3色展開でスーツにも合わせやすく、デザインが引き立つのでビジネスシーンだけでなくカジュアルにも合わせやすいバックパックです。

<口コミ>

「通勤用に購入しましたが、スーツにコートの出で立ちにしっくり合います。作りもしっかりしていますし、内部のポケットなども充実しているので便利です。」

「パソコンと関連ツールは背中側に余裕で入り、書類も入るのでビジネスシーンで活躍します。パソコンが背中に近いところの別口から入るのでバランス的に良い。」

引用元:楽天

INCASE ICON SLIM PACK


ガジェット好き、Apple製品好きにとってはお馴染みのブランドINCASE。こちらもApple公認のバッグブランドになります。ガジェットやPCを持ち運ぶことに特化したバッグを開発しているINCASE社の中でも、薄型でより取り回しのしやすさを追求したのがこのICON SLIM PACKです。

機能性が高く、ノートパソコン用コンパートメントがある他、側面ポケットやケーブルポートまで付いています。メイン収納部の裏地には起毛素材が使われ、大事な機器をしっかりと保護してくれる点が素晴らしいですね。ショルダーストラップはクッション入りで、人間工学に基づいたデザインのため、背負いやすさが心地いいバックパックではないでしょうか。

デザインはシンプルかつ都会的なものなので、ビジネスシーンでもカジュアルになりすぎません。薄型なので通勤・通学時に邪魔にならない最適な形とデザインになっています。

<口コミ>

「しっかりした素材で、ノートパソコンがすっぽり入ります。重い思いをして運んでいましたが、このリュックを買ってからとても軽く持ち運べて重宝してます。」

「生地がしっかりしているのに、軽い。適度な厚みとクッション性で背負い心地抜群です。各部の収納もよく考えられていて小物を含めきちんと収納できます。」

引用元:Amazon

PORTER 2wayリュックサック トートバッグ UNION


多くの人から支持されるバッグブランドのPORTERは、ビジネスマンの間でも愛用している人が多いことで知られていますよね。中でもこのUNIONのデザインはスポーティーな印象を与える外見となっています。

PORTER特有の帆布のようなポリエステル素材で、ワークな雰囲気もあるのでビジネスでも少しカジュアルとスタイリッシュさを取り入れたい人におすすめ。奥行きのあるリュックなので、B4サイズもすっぽりと収められます。

内側には撥水性のある素材を採用しているので、濡れた荷物を入れても問題ありません。色落ちがしにくい特性のあるポリエステルキャンバスなので雨の日も、また白いTシャツとの合わせでの色落ちの心配が要らないところも魅力。

その名前の通りリュックとしてもトートとしても使える2way仕様でビジネスだけでなく、アウトドア利用もできるリュックサックです。

<口コミ>

「見た目や背負った感じが抜群に良いです。ダウンやコート着用時に背負うとかなりしっくりきます。かなり大容量。」

「つくりがしっかりとしていて、型崩れしません。ポケットがたくさんあるので、荷物を小分けにあちこちに収納できるのでカバンの中でグチャグチャになりません。」

引用元:Amazon

aniary(アニアリ) バックパック アンティークレザー


最後は今までの少しテイストの違うレザー製のバックパック。aniaryといえば上質なレザーを使い、職人の手による高品質なメイドインジャパンにこだわった製品作りをしているブランド。このレザー製のリュックは洗練された都会的なカバン作りをテーマとしているaniaryだからこそ作れる大人な製品です。

牛革のアンティークレザーを使用したリュックなので、ナイロンやポリエステルのカジュアルなリュックが苦手な方におすすめ。スーツとの相性はもちろん、カジュアルなスタイルの時も、これを持つだけでランクアップできるアイテムとなります。

デザインだけでなく機能性にもこだわっていて、荷物が取り出しやすいようにパッチポケットがついていたり、サブポケットがあったりと使い勝手の良い構造です。

リュック特有のカジュアルさが苦手な人でも持ちやすい、シンプルかつドレッシーさもあるリュックではないでしょうか。

<口コミ>

「大きさも良く綺麗な作りで気に入ってます。革の質感が良いので、高級感のある雰囲気でカジュアル過ぎずに持てます。」

「革や縫製がしっかりしており、背中への馴染みが良い。使いやすさも気に入ってます。」

引用元:Amazon,楽天

まとめ

ひと昔前と違い、最近はデザイン性と機能性を両立した、大人が持ってもサマになるバックパックが多くリリースされています。私も少し前まではトート派でしたが、最近バックパックを買ってからはその使いやすさから愛用するようになりました。荷物が多くても疲れにくく、両手が自由になって非常に快適ですので、他のバッグ派の人もぜひ一度バックパックを使ってみてください。