レザー好き必見、Apple純正のiPhoneレザーケースの魅力を徹底解説

シェアする

ちょっとお高い、Apple純正レザーケースの魅力は?

レザー素材でできていてシンプルなデザインのiPhoneケースをお探しの方は案外多いのではないでしょうか。私も長い間レザーケースを探し求めていた時期がありましたが、そんなレザーケースを探すと必ず候補に入るのがApple純正のレザーケース。しかし公式ネットストアでも5800円(税別)となかなか良いお値段…。amazonなんかで検索すれば純正でないレザーケースで2000円前後のものがたくさんありますから、いくら純正といえどケース一つに6000円以上というのはかなり勇気のいる値段です。
しかも本物のレザーとなれば、傷がつきやすかったりお手入れが大変そう…というイメージも拭えません。普段使いするケースなのに傷や汚れがつきやすいのではちょっと不便な感じがします。
6000円以上出して買ったケースに、購入後数日で目立つ傷が出来て見るも無惨な姿になってしまった…なんてことを想像するだけで、そのショックは計り知れないものがありますし、買うのを躊躇してしまいますよね。私も購入前相当悩んだ記憶があります…笑
そこで、今回はApple純正のレザーケースの良い点、悪い点を実際に使用した私が徹底分析します!

純正レザーケースのここが魅力!

純正レザーケースの魅力は、まず装着感。純正ですから当たり前ですが、ボリュームや電源ボタンの押し心地も素晴らしい。機械加工されたアルミニウムボタンが採用されており、さわり心地もとても良いです。よく使用する所ですが雑に作られていることも少なくなく、こういった所がぴったりと作られているのはさすが純正ですね。
そして見た目。Apple独自のなめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーが使われていて、質感も良いのですが、ボタンの素材やAppleロゴ部分もとてもおしゃれです。またステッチなどがなくシンプルな所もiPhone自体のデザインを崩さずとても良いですね。

そしてなんといってもレザー特有の色合いの変化が楽しめるのもレザー好きにはたまらないでしょう。使い込んでも経年変化によるアジがでるのは、レザー製品特有の魅力だと思います。いかにも使い込んだような質感もいいですが、なるべく綺麗な経年変化を楽しみたい方には、こまめなお手入れが必須。オススメなのは革靴のお手入れ用クリームで有名なM.MOWBRAY(エムモゥブレィ)のデリケートクリームセット。これひとつあれば革靴や財布から革小物まで全て手入れができますのでおすすめです。より艶を出したい人は同じM.MOWBRAYのアニリンカーフクリームを使うとレザー独特の輝きが楽しめます。

色も7以降は9色とシリコーンケースと同様のラインナップとなり、好みの色がない!ということもあまりなさそうです。また耐久性もとてもいいです。革ですから落としたりすれば傷が目立ってしまうのはありますが、角部分のカーブがまったく変形しないのは素晴らしいです。何度もつけたり外したりしたのですがほんの気持ち取り外ししやすくなったかな?という程度で、革がめくれたりひび割れたりということもありませんでした。高い買い物ですので、変形せず長く使えるのは嬉しいですね。
またこれはiPhone8 Plusのみの話となりますが、装着のままでもワイヤレス充電がきちんとできるようです。非純正だとこういった点も不安材料になったりしますが、純正ケースなら安心ですね。

ここがイマイチ…でも、レザー好きなら間違いない一品

まず、やはりレザー特有の扱いにくさ。傷がつきやすく、一度落とすと角がずたずたになったり最悪再起不能な見た目になってしまうことも。また水分で黒くなってしまいこれも元通りにするのは難しいため、スマホケースとしてはトップクラスの丁重な扱いを求められます。

スマホをうっかり落とすことが少なくないという方、汗っかきという方、スマホケースをそんなにこまめにお手入れするのはめんどくさいという方は難しいかもしれません。レザーの手入れや経年変化を楽しめる人には最高のアイテムですが、常に新品同様の綺麗な状態で使いたいという人にはあまりオススメできない製品になります。

そして値段。タイプにより異なりますが、通常タイプでも税抜き5800円というのはかなり勇気のいる値段。しかも一度落としたら目立つ傷ができてしまったりということを考えると、よっぽどレザー好き又はお金に余裕がある方でない限りなかなか手が出せません。

また放熱の問題もあります。これがなかなか困るのですが、iPhoneをしっかり保護するため採用されたマイクロファイバー生地がいけないのか、かなり熱がこもります。特にゲーム等スマホをハードに使うという方はこういった点にも注意です。

最後に滑りやすさ。純正ケースはステッチなしの1枚革で作られたものですが、それもあってか非常に滑りやすい。革の素材自体も凄く滑りやすく、フラットでひっかかりのある部分もないため、特に手が小さい方や7Plus、8Plusなど大きめのiPhoneを使っている方は頻繁に落としてしまうのではないでしょうか。落とせば目立つ傷がつく上落としやすいというのはなかなかのトラップです。

まとめ

Apple純正レザーケースの良い点、悪い点をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
傷つきやすさ、値段、放熱、滑りやすさなど短所も色々とあるものの、私は5800円出してもいいくらい素晴らしい商品と感じました。

それはやはりデザインとレザーの質感。究極にシンプルで無駄の無い完成されたデザインと、使っていくごとに変化していくレザーの表情は、他のシリコーン素材などのケースでは味わえないものです。

私はこのケースにしてから、ケースを誉められることがちょっぴり増えました 笑。全国のレザー好きの皆様、迷っている方は是非使ってみてはいかがでしょうか。

2018/10/4追記:Amazonがアップル純正ケースストアを開設し、iPhoneケースの販売を開始しました。ラインナップはiPhone XS/XS Maxそれぞれの、シリコーンケース・レザーケース・レザーフォリオとなっています。どの商品もオンラインのアップルストアより安くてお得ですね。

さらにキャンペーン特典も用意。充電ケーブル/カーチャージャー/車載ホルダー/ワイヤレス充電器/充電器を、合わせて購入することで10%の割引が適用されます。新しいiPhoneを購入したらケースだけでなく、ワイヤレス充電器や予備のLightningケーブルなど周辺機器もまとめて購入することも多いと思いますので、これはかなり割安に揃えることができそうですね。これからは純正ケースでも、公式ストアではなくAmazonで購入するという人が増えそうです。

Amazonのアップル純正ケースストアはこちら