一人暮らしにおすすめの洗濯機9選|高コスパな安いモデルから乾燥機能付きのドラム式まで厳選紹介

シェアする

一人暮らし生活の中で、用意するかどうか迷う生活家電と言えば洗濯機ではないでしょうか。家族など複数人での生活であれば1家に1台あることが基本ですが、一人暮らしならわざわざ洗濯機を用意せず、コインランドリーで済ませようと考える人も多いですよね。

しかし家に洗濯機があれば、わざわざコインランドリーまで足を運ぶ必要がないのはもちろん、好きなタイミングで洗濯できたり、予約機能を利用すれば寝ている間に洗濯を完了させることもできたりと、時間の有効活用ができるようになります。また、コインランドリーでは毎回お金がかかるため、少量での洗濯はなかなか気が引けてしまうものですが、洗濯機を持っていれば、水量調節をして節約しつつすぐ洗濯ができるのも便利ですね。

そこで今回は、そんな一人暮らしにおすすめの洗濯機を全部で9製品ピックアップ。単機能な縦型洗濯機に加え、簡易乾燥機能付きの縦型洗濯機、乾燥機能付きのドラム式洗濯機各製品まで、各モデルの特徴などを紹介していきたいと思います。

一人暮らしにおすすめの乾燥機能のない洗濯機

ハイアール JW-C55A

一人暮らしの中には、授業や仕事が忙しくて洗濯の時間を確保できそうにないと悩んでいる人も多いはず。そんな人に最適なのが、わずか10分で洗濯・脱水が完了するお急ぎコース機能搭載のハイアールのJW-C55Aです。風乾燥機能も内蔵しているため、干し時間も短縮することができ、忙しい朝だけでなく、家事に時間を取られたくない休日にも役立ちますね。

あまりにも洗濯スピードが速すぎると洗浄力に疑問を関してしまうものですが、この製品は洗浄力の強さも抜群。5枚羽の作り出す水流と、給水が完了する前から洗濯運転を開始する高度洗浄機能が、シミや汚れなどをしっかりと除去してくれます。厚手の衣服を洗う時に便利な「念入りコース」の他、デリケートな衣装を洗濯できる「ソフトコース」、ドライマークの衣装洗いができる「ドライコース」などコースの種類も豊富なので、幅広い衣類の洗濯に対応してくれますよ。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

526×500×888

洗濯・脱水容量(kg)

5.5

BESTEK 全自動洗濯機 小型 ミニ縦型 洗濯容量3.8kg 抗菌パルセーター BTWA01

サイズが小さく、これこそまさに一人暮らし向けのベスト洗濯機と言えるBESTEKのBTWA01。回転によって生まれる遠心力は小さくなるほどに大きくなるため、選択時の水流の強さが非常に強力であることもメリットです。勢いのある水の力で、繊維の奥までしみついた頑固な汚れもしっかいと剥ぎ取ってくれますね。

10L~33Lの水量の中で6段階の切り替えが可能。最大水量が他の製品と比較して少ない分、細かい範囲で設定できるのがこの製品の特徴ですね。2~3枚の衣服を洗濯したい時にも、必要以上の水量を使うことなく洗濯できるので節水にも繋がります。

一通りのコース・機能を揃えていながらも、小さめサイズなだけにお値段は低価格。生活スペースを取らないだけでなく、「本当に洗濯機なの?」とついつい疑ってしまうような丸みを帯びた形状は、インテリア・デザインにこだわりたい方にもピッタリです。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

450×470×790

洗濯・脱水容量(kg)

3.8

東芝 AW-45M7

少ない水分量でも3つのシャワーで洗濯物全体にムラなく浸透させ、パワフルな洗浄でしっかりと洗い上げてくれる東芝のAW-45M7。洗濯機のボタン部分の液晶にはコース終了までにかかる時間も表示されるので、合間時間を上手に活用できる点も嬉しいポイントですね。

手動で設定を行えば最低水位12Lでの洗濯ができるため、衣服の量が少ない時にも水量を抑えて洗濯することができます。スピードコースを利用すれば、洗濯完了までの時間も短縮可能。お風呂の残り湯を使った洗濯もできるため、節水をしたい方にも最適ではないしょうか。

自宅ではなかなか洗濯し辛いウール・セーターも「おしゃれ着コース」を利用すればしっかりとお手入れができます。「洗濯をした後、すすぎを重点的に行いたい」「脱水だけ行いたい」など希望に応じて、洗濯コースのカスタマイズもできるマルチに使える製品です。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

550×534×934

洗濯・脱水容量(kg)

4.5(標準)

一人暮らしにおすすめの簡易乾燥機能付洗濯機

東芝 AW-7G6

汚れを落とすためのポイントとなるのは洗剤に含まれる界面活性剤ですが、東芝のAW-7G6は界面活性剤の働きを最大限に活かした洗浄方法を取り入れた洗濯機。その方法は、ただ槽内に大量の水と洗剤を投入するだけでなく、少量の水で洗剤を溶かしてできた洗剤液を洗濯物に浸透させてから水を投入するというもの。衣服への洗剤の浸透力を上げてから洗濯することで、よりしっかりと汚れを落とすことができるようになっています。

一人暮らしの物件の中にはベランダがなく、洗濯物を常に室内干ししなければいけない場合も多いもの。そんな時には風乾燥を含んだコース、「部屋干しモード」が役立ちます。洗浄・脱水容量の上限が標準モードの半分にはなってしまうものの、脱水を長く行い、衣服に残る水分量を少なくすることで部屋干しの時間を短縮してくれます。もちろん風乾燥だけを使用することもできるので、長時間洗濯干しが出来ない時にも便利です。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

563×580×987

洗濯・脱水容量(kg)

6

日立 ビートウォッシュ BW-V70C

日立のビートウォッシュBW-V70Cは、内槽に取り付けられた4つのシャワーから勢いよく水を放出することで、高い洗浄効果を持った洗濯機。大きく衣服を動かす「ビートスロープ」、小刻みに衣装を動かす「ビートライン」、洗濯板効果のある「ビートボール」の3種類が備えられたビートウィングにより、油汚れから皮脂汚れまでしっかりと除去してくれます。粉洗剤・液体洗剤とそれぞれ適切なコースが用意されているので、洗剤の効果を最大限に活かせるのも魅力的ですね。

洗濯の終了を事前に設定できる予約機能も内蔵。3~24時間の間で1時間ごと設定できるため、寝ている間に洗濯を行うことも可能です。

常に水を扱う洗濯機だからこそ、洗濯槽に残る洗剤カスや黒カビも気になってしまいますよね。BW-C70Cには自動おそうじ設定が搭載されており、洗濯機の汚れを簡単にケアできます。脱水の前にすすぎで使用した水を一度全て排水し、新しい水道水で上から洗い流すという徹底ぶり。長く使うことになる製品だからこそ、しっかりとケアが行える機能が内蔵されているのは便利ですね。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(cm)

57.7×58.6×98

洗濯・脱水容量(kg)

7

パナソニック NA-FA70H6

東芝のAW-7G6と同様に、パナソニックのNA-FA70H6も界面活性剤の働きを最大限に活かした洗浄方法を取り入れた製品です。洗剤をそのまま衣服に浸透させるのではなく、泡状にしてから振りかける独自のシステムを採用することで界面活性剤が汚れに密着。表面の汚れだけでなく繊維の奥に潜む汚れまで浮かし、綺麗に洗い落としてくれます。

油汚れに強い「パワフル滝洗いコース」から皮脂汚れにピッタリの「温風つけおきコース」、柔軟剤の香りを活かす「フレグランスコース」など、汚れや衣服の種類、洗い上がりの状態に沿ったコースが豊富に取り揃えてられているのも特徴的。タイマー式の送風乾燥機能も搭載しているので、洗濯干しの時間を短縮したい時にも便利です。

電源を切らずにふたを閉めれば自動で「ナノイー」槽クリーンが稼働。直径5~20nmの微細なイオンが内槽から外槽まで包み込み、洗濯機に発生しがちな黒カビを抑えてくれます。洗濯の度に利用したとしても1回分は約0.6円と低コストなので、電気代に響きにくい点も嬉しいポイントと言えますね。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

564×1021×573

洗濯・脱水容量(kg)

7

一人暮らしにおすすめの乾燥機能付ドラム式洗濯機

アイリスオーヤマ FL71

「冷たい水よりも、温かい水の方が汚れが落ちやすい」と良く言われますが、アイリスオーヤマのFL71は洗浄力・除菌力の高いあたためた洗浄液を利用する温水洗浄が特徴の洗濯機。洗浄剤に含まれる酵素を活性化することで、より高い洗浄力で衣服を洗うことのできる仕組みになっています。温水を使用することで臭いの原因になる菌も除去してくれるので、嫌な部屋干しの臭いを軽減できるのも嬉しいポイントですね。

ドラム式洗濯機ならではの洗濯物を持ち上げて落下させるたたき洗い方式から、縦型洗濯機と同じ回転洗いまで全部で3パターンの洗浄方法を取り入れています。洗浄コースに合わせて洗浄方法をコントロールしてくれるため、衣服を傷めることなく洗濯ができる点も魅力ですね。

お急ぎコースや念入りコースなどの一般的なコースの他、洗い方を自由にアレンジできる「おこのみ設定」機能も内蔵。設定した内容は登録をしておくことができるので、都度設定し直す必要がない点も便利です。ドラムタイプの洗濯機としては破格の10万円をきる実売価格となっており、非常にコスパに優れた製品と言えるのではないでしょうか。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

595×672×860

洗濯・脱水容量(kg)

7.5

パナソニック Cuble NA-VG730L

アイリスオーヤマのFL71同様、温水洗浄が特徴のパナソニック Cuble NA-VG730L。ドラム槽下に設置されたヒーターが水温を検知して設定温度をしっかりと保つだけでなく、洗浄コースによって温度の自動調整してくれるので、温度による傷みや縮みを気にする必要もありません。温水洗浄に加え、NA-FA70H6同様に洗剤を泡立たせてから衣服に浸透させる泡洗浄機能も備えられており、温水パワーと泡洗浄の強力パワーで頑固な汚れもスッキリ落としてくれます。

乾燥機能は空気を吸引した後、ヒーターで加熱し室温プラス15℃の温風を生成。強力な風を当てることで、ただ乾かすだけでなく、洗濯後の衣服のシワも改善してくれます。形態安定ワイシャツであれば、アイロンをかける必要のない程度にまで仕上がりますよ。

乾燥に使用した温風は機外に排出させるため、乾燥時に冷却水は不要。水道代金がかからず、経済的にお得なのが嬉しいところですね。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

約639×1050×600

洗濯・脱水容量(kg)

7

乾燥容量(kg)

3.5

シャープ ES-S7C-WL(WR)

温度・水位・重量・振動の4つのセンサーを内蔵しているシャープのES-S7C。吸水率や衣類の量、周囲の温度を検知してその時の衣類に合った適切なプランで洗濯を行うことができる賢い製品です。時短・おしゃれ着・乾燥など、基本的なモードは過不足なく取り揃えてられているため、使い勝手も優れていますね。ドアの高さが床から約50cmと比較的高めに取り付けられているため、衣服の取り出しにも負担が少なくて済みます。

洗濯完了後、自動でプラズマクラスターイオンを槽内に放出してカビの繁殖を予防してくれる点も魅力のひとつ。掃除の苦手な人にとっては、あらかじめ内蔵されている機能で衛生面の予防ができるのは嬉しいポイントですね。

総外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

640×600×1039

洗濯・脱水容量(kg)

7

風乾燥容量(kg)

3.5

まとめ

今回は一人暮らしにオススメの洗濯機を9製品紹介していきました。家に洗濯機を置くことで時間の有効活用ができるようになるため、一人暮らしであっても洗濯機は購入することをおすすめします。一人暮らしの期間が長くなれば長くなるほど、コインランドリーを利用するよりもコストパフォーマンスも良くなるので、一人暮らしの期間も考慮しつつ考えてみるのが良いでしょう。

各製品によって機能や内蔵されているコースには様々。価格の幅も広いため、ご自身の生活スタイルに合う製品をぜひ検討してみてくださいね。

他にも炊飯器電子レンジなど一人暮らし向けのおすすめ家電を色々と紹介しています。

一人暮らし | LifeStyle Lab
「一人暮らし」の記事一覧です。

また様々なキッチン家電のおすすめモデルを紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

キッチン家電 | LifeStyle Lab
「キッチン家電」の記事一覧です。