一人暮らしにおすすめの炊飯器8選|3合前後の使いやすい人気モデルを炊飯方式別に厳選紹介

シェアする

一人暮らしをする上で欠かせない家電と言えば炊飯器。最近はコンビニのご飯も進化していたり電子レンジで温めて食べることのできるご飯も販売されていますが、やはり炊きたての美味しいご飯を味わいたいものですよね。

また最近販売されている炊飯器の中には雑穀米・玄米を炊くことができたり、煮物や蒸し料理などにも活用できたりと、料理のレパートリーが偏りがちな一人暮らしに便利な機能を搭載している製品も数多く販売されています。

そこで今回は一人暮らし・単身者にぴったりの3合前後の最新炊飯器をピックアップ。安価なマイコン式から流行りの圧力IH式まで、炊飯方式別におすすめの製品を厳選して紹介していきたいと思います。

マイコン・IH・圧力IH炊飯器の違いと特徴

おすすめの商品を見ていく前に、まずは炊飯器のタイプを解説しておきたいと思います。炊飯器の炊飯方式にはマイコン式・IT式・圧力IH式の3種類があり、それぞれデメリット・メリットが異なります。

マイコン式は底部分に取り付けられているヒーターの熱を利用して炊き上げる方式ですね。IH・圧力IH式と比較すると火力が弱くなってしまうものの、低価格で購入できるというメリットがあります。一人暮らしを始めるにあたり、できるだけ出費を抑えたい方に最もおすすめの炊飯器タイプです。

IH式はその名の通り電磁誘導加熱を利用した炊飯器のこと。電磁気と相性の良い素材を採用することで内釜全体を温め、お米をより美味しく炊き上げることができます。マイコン式と比較して、保温性が高いのもIH式の特徴と言えますね。マイコン式よりは価格は高額になってしまいますが、お米の美味しさにもこだわりたい人にはオススメです。

3つ目の圧力IH式はIH式の炊き上げ方法にさらに圧力を加えることで、より高熱でお米を炊き上げる方式のことです。芯までしっかりと火が通るため、ふっくらもちもちのご飯に仕上がるのが特量ですね。炊飯時間をできるだけ短く済ませたい方や、ご飯の美味しさにさらにこだわりたい方に最適な炊飯器タイプと言えるでしょう。

3つの加熱方式を表にまとめると以下のような感じですね。

タイプ名

マイコン式

IH式

圧力IH式

仕上がりの美味しさ

★★★

★★★★

★★★★★

食感

少々ならIH同等

しゃっきり

ふっくらもちもち

火力

低い

比較的高い

高い

保温性

低い

普通

高い

価格相場

安い(3,000~10,000円程度)

普通(10,000円程度)

高い(10,000~25,000円程度)

IHと圧力IHでは食感にも差が出ます。一般的には圧力IH式の方が、ご飯の炊きあがりは美味しいと言われますが、しゃっきり目のご飯が好きであればあえてIH式を選ぶという選択もありますね。

今回はこの3つの加熱タイプ別に、一人暮らしにおすすめの最新炊飯器を紹介していきます。

一人暮らしにおすすめのマイコン式炊飯器

象印 マイコン炊飯ジャー 極め炊き NL-BC05

熱が側面にまでしっかりと伝わる2.5mmの黒厚釜を採用した象印のNL-BC05。底だけでなく側面・蓋にもヒーターが内蔵されているため火力も強く、全面方向から内釜を包み込んでふっくらとお米を炊き上げることができます。

平均電力約290W、最大電力495Wのハイパワーで対流を起こすことで、炊きあがりのムラを抑えることが可能に。保温中に再加熱キーを押すことで、あたたかいご飯を食べられる「あったか再加熱」機能も内蔵されています。炊きあがり時間に自宅から離れていた時や、忙しくてご飯の保管を忘れてしまった時にも便利な機能ですね。

さらに、炊き込みご飯などをした後に付着する匂いを抑えてくれる「クリーニング」機能を搭載。ご飯を炊く機能だけでなく炊飯器の管理面での機能が付属されていることは、家電のケアがおろそかになりがちな一人暮らしにとってはありがたいと言えるのではないでしょうか。

また、旧モデルにあたるNL-BB05も非常に人気の高い商品ですね。クリーニング機能は搭載されていないものの、その他はNL-BC05と同等の機能のため、より値段を抑えたいという方にはこちらの製品がオススメです。

炊飯容量(白米L)

0.09~0.54(0.5~3合)

外形寸法 幅×奥行×高さ(約cm)

23.5×32.5×19.5

質量(約kg)

2.7

シャープ マイコン炊飯器 KS-C5L

小さめ形状が一人暮らしにピッタリなシャープのKS-C5L。内釜に厚さ3mmの黒厚釜を採用しており、お米の芯までしっかりと熱を届けて炊き上げることができる炊飯器です。

白米はもちろん、雑穀米・玄米も炊ける多彩な炊飯メニューを内蔵。「炊飯メニュー」キーで切り替えることで、白米以外でも各種類に合わせた適切な火加減で、美味しく炊き上げてくれます。「パン調理機能」も内蔵されているので、小麦パンや米粉パンも手軽に作れるのが嬉しいですね。

内釜には、持ち運びに便利な取手が付いているため、わざわざ布巾やミトンを用意する必要もなく、すぐに内釜の取り外しできる点も非常に便利。内釜にはWコーティングが採用されているため、お米研ぎも可能です。ただし、鋭利な用具は内釜を傷つけてしまうため避けるようにしましょう。

すぐにご飯を食べたい時に便利な「おいそぎ炊飯」機能も搭載。お米の量・水温によって所要時間は変化しますが、20~40分程度ですぐ炊きたてのお米が食べられるのは嬉しいですね。

最大炊飯容量(白米)

0.54L

外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

231×271×190

質量(約kg)

2.6

アイリスオーヤマ RC-MC30

コスパの高い家電を数多く販売しているアイリスオーヤマ。最近はお米の販売もおこなっているアイリスオーヤマですが、そんなアイリスオーヤマの人気マイコン式炊飯器が、このRC-MC30です。

この製品の特徴は、なんと31銘柄32品種別に炊き方の変更が可能なことですね。それぞれのお米の水分量や大きさに合わせて火力・加熱時間を調整し、美味しさを最大限にまで引き出してくれます。本体上部に設置されている米銘柄ボタンから簡単に変更できるので、難しい操作も不要。内釜の上下に設置されたヒーターと厚さ3.1mmの極厚釜が、お米の芯までムラなくふっくら炊き上げてくれます。

他にも通常よりも約10分早く炊き上げることのできる早炊きモードや、約22%消費電力を削減できる省エネモードも搭載。大学生などできるだけ電気代を抑えたい一人暮らしの人にはありがたい機能ですね。

また、本体以外に蒸しプレートも付属しており、わざわざ蒸し器を購入しなくても、肉マンや蒸し餃子などを作ることができます。炊飯器でありながら活用の幅が広く、料理のレパートリーも増えそうですね。

ちなみにAmazon限定でRC-MA30AZ-Bというモデルも販売されており、こちらはAmazonの炊飯器ランキングでは常に上位に位置している人気商品。同じく31銘柄別の炊飯ができ、蒸しプレートも付属されている商品です。値段が若干RC-MC30よりは抑えられているため、より安い製品が欲しいという方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

最大炊飯容量

無洗米・白米:0.54 L(3合)

炊き込み・玄米:0.36L(2合)

おかゆ 全粥:0.18L(1合)

    5分粥:0.09L(0.5合)

外形寸法 幅×奥行×高さ(cm)

約23.2×27.4×20.1

質量(約kg)

約2.8

一人暮らしにおすすめのIH式炊飯器

パナソニック IHジャー炊飯器 SR-KT068

備長炭入りのコーティング内釜を採用したパナソニックのSR-KT068。内釜の底面には2段IH、側面・蓋にはヒーターが搭載されており、内釜全体でお米を温めながらふっくらと炊き上げてくれます。炊飯容量は白米なら3.5合、炊き込みご飯なら3合までと、一人暮らしにぴったりのサイズですね。

内蔵されているメニュー数は全部で7種類。白米だけでなく無洗米からおかゆ、玄米・炊きおこわなど様々なお米を楽しむことができますよ。早抱きを使用すればなんと25分程度でお米が炊きあがるので、忙しい時にも便利ですね。

本体上部はタッチキーとガラスパネルで構成されており、スタイリッシュなデザインが非常にオシャレです。LEDによって操作部が明るく表示され、軽いタッチで操作することができるため、暗い場所でも不便を感じることがありませんね。製品表面には凹凸がないので、掃除がしやすいのも便利ですね。

カラーは黒色と白色の2色。どんなインテリアにも馴染みやすく、男女問わず使いやすい製品と言えるのではないでしょうか。

炊飯容量

0.09~0.63L(0.5~3.5合)

外形寸法 幅×奥行×高さ(cm)

25.1×30.8×10.2

質量(kg)

4.2

三菱電機 IHジャー炊飯器 備長炭炭炊釜 NJ-SE069

三菱電機の炊飯器NJ-SE069の特徴は、「可変超音波吸水」により美味しいご飯が炊けること。これはご飯の美味しさを大幅に進化させたとして、平成17年度に「日本機械学会賞」を受賞したほどの技術。1秒間に約9万回もの振動でお米のうまみを引き出し、芯までたっぷり吸水させた後、ふっくらモチモチに炊き上げてくれます。

内釜にはチタンハードコートと備長炭の5層構成を採用。本体と内釜の隙間を無くした熱密封かまど構造と遠赤外線の効果で、熱を逃がさずに高火力でお米を炊き上げることができます。内釜には3年保証がついているのも嬉しいですね。

1回あたりの炊飯時消費電力量は白米炊飯であれば131.5Wh、1年間の消費電力量は53.9kWhと比較的省エネです。電気代をできるだけ節約したい一人暮らしの方にオススメの商品と言えるでしょう。

白色の他に、炊飯器には珍しいラズベリーピンク色も販売。ポップなインテリアが好きな人、ピンク好きの人にはぜひ注目して欲しい製品です。旧モデルにあたるNJ-SE068もまだ販売されてますので、より安く入手したい場合はこちらのモデルもおすすめです。

炊飯容量

0.09~0.63L(0.5~3.5合)

外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

231×289×204

質量(kg)

4.1

一人暮らしにおすすめの圧力IH式炊飯器

象印 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-RL05

2018年度の価格.comプロダクトアワード銀賞を獲得している象印のNP-RL05。その特徴は、白米を3通りの食感に炊き上げてくれる「炊き分け圧力」機能を搭載していること。通常の「ふつう」モードからすし飯に合う「すしめし」、カレーなどのルーとの相性抜群な「しゃっきり」モードと、料理に合わせて最適な食感のお米を炊き上げることができます。

炊きあがったお米は、内釜の温度をコントロールすることで最適温度を維持しながら30時間の保温が可能です。炊きあがりの次の日でも、再度電子レンジなどで温めることなく美味しく食べることができ、1回の食事で全てのご飯を食べきることが少ない一人暮らしには最適ですね。

お米の栄養素をより一層引き出すことのできる「熟成炊き(白米・玄米)」機能を搭載している点もポイントのひとつ。炊飯前の吸水をしっかりと行うことで、より甘味と栄養素のあるお米に炊き上げることができます。また、通常の白米の他に雑穀米・玄米・金芽米など栄養価の高いお米が炊ける「健康米メニュー」も搭載しているため、ミネラル・食物繊維が豊富な玄米などを食べることもでき、気軽に健康のケアができるのは嬉しいですね。

おかゆと通常のご飯の中間の硬さに炊きあがる「やわらか」メニューも搭載しているので、一人暮らしで体調が悪い時にもかなり役立ってくれるのではないでしょうか。

炊飯容量

0.09~0.54L(0.5~3合)

外形寸法 幅×奥行×高さ(約cm)

23×32×19.5

質量(約kg)

4.0

アイリスオーヤマ 米屋の旨み 銘柄炊き圧力IHジャー炊飯器 RC-PA30

最大気圧1.25、約105℃の高温でお米を巻き上げ、ふっくらツヤのある状態に炊き上げてくれまるアイリスオーヤマのRC-PA30。マイコン式のRC-MC30同様に31銘柄に対応した銘柄炊き分け機能が搭載されており、それぞれに最適な温度・火加減を使用することでうま味を最大限に引き出してくれます。

他にも調理メニューに合わせた、6種類のこだわり炊き分けモードを内蔵。おむすびから丼物、カレーなどのルーと絡めて食べるご飯まで、こだわりの炊きあがりを選択できます。さらに、ごはんの中の食物繊維成分を増加させる「食物繊維モード」も搭載しているので、食生活が乱れがちな人にもぴったりですね。

20~30分程度で炊きあがる高速炊きモードの他、消費電力を通常よりも約15%削減できる省エネモードも搭載。仕事で忙しい人、電気代をできるだけ抑えたい人など、生活に合わせて使い方をカスタマイズできる便利な製品と言えるでしょう。

炊飯容量(最大)

3合

外形寸法 幅×奥行×高さ(mm)

236×299×217

質量(kg)※電源コードを含む

5.3

まとめ

白米だけでなく雑穀米や玄米の炊飯ができたり、その他の料理にも活用できたりと、今や一人暮らしにも欠かせない炊飯器。炊飯器の中でも値段をできるだけ抑えたい方にはマイコン式、仕上がりにこだわりたいという方には圧力IT式の製品がおすすめです。

それぞれの製品によって付属機能は大きく異なるため、生活スタイルや好みのお米の仕上がりなどを考慮した上で、気になる商品の購入をぜひ検討してみてくださいね。

他にも電子レンジ冷蔵庫など一人暮らし向けのおすすめ家電を色々と紹介しています。

一人暮らし | LifeStyle Lab
「一人暮らし」の記事一覧です。

また色々なキッチン家電のおすすめモデルを紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

キッチン家電 | LifeStyle Lab
「キッチン家電」の記事一覧です。