動画撮影にもおすすめのデジタルカメラ6選|コンパクトデジカメからデジタル一眼、ハイエンドデジカメまで厳選

シェアする

「デジカメ」で出来る事と聞いて、まず思い浮かべるのは「写真を撮ること」ですよね。しかし、最近のデジカメはそれだけではなく、高品質な動画撮影機能を備えた機種も登場しています。

そこで今回は、そんなデジカメの「動画撮影」機能にスポットを当てて、おすすめの製品をピックアップ。コンデジや一眼などカメラのタイプ別に厳選して紹介していきたいと思います。

デジタルカメラの種類について

現在販売されているデジタルカメラ(デジカメ)は、大きく分けて次の2つに分かれています。

  • コンパクトデジカメ(コンデジ)
  • デジタル一眼カメラ(デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼など)

それぞれ一長一短があるので、使うシーンによって最適なモデルは違いますが、一般的に画質はコンデジより一眼系の方が優れていると考えて大丈夫です。

スマートフォンではなくコンデジや一眼で撮影するメリット

ここ数年でスマートフォンのカメラは大きく進歩し、フラグシップ機なら安価なコンデジを大きく上回る画質を出せるようになりました。しかし、スマートフォンの本体サイズ的に搭載できるセンサーやレンズの大きさに制約があるため、今回紹介するような高性能コンデジには、まだまだ追いついていないというのが現状ですね。

センサーサイズやレンズのサイズは、そのまま画質の良さに直結することが多く、特に室内など光量の少ない場所での撮影には大きく差がでます。そのため、画質重視で写真や動画を撮る場合は、スマートフォンとは別にコンデジや一眼レフを持っておく方が良いでしょう。

スマホからのステップアップにおすすめな手軽に使えるコンパクトタイプ

最初に紹介するのは、レンズと本体が一体になったコンパクトカメラタイプの製品。必要な物が本体内に全て収まっているので、荷物が少なくて済むのがこのタイプのメリットの1つですね。

一眼レフのように「どのレンズを持っていこうか」と悩む必要もありません。レンズと本体の相性問題もないので、スマートフォンからのステップアップには特におすすめです。

Canon PowerShot G7 X Mark III

CanonのPowerShot G7 X Mark IIIは、動画撮影に必要な機能をコンパクトにまとめてある、スマートフォンからのステップアップに最適なデジカメ。コンパクトなボディに1型サイズの大型センサーを搭載しているので、屋内や夜景など暗い場所でも、より明るい映像を撮ることができるようになっています。

また、背面ディスプレイがチルト式に改良されたことにより、自撮りをする時にも画面を見ながら映り方をリアルタイムで調整することが可能に。光学式の手ぶれ補正やライブ配信機能も搭載しているため、街を歩きながらライブ配信するような使い方もできます。

音声面では、内蔵マイクにコンデジとしてはかなり大型の物を採用しており、そのままでも周囲の音をしっかり捉えた映像を撮れるようになっています。外部端子のカバーを開ければ外付けマイクも利用できるので、より高音質で撮影したいというニーズにも応えることができる製品と言えますね。価格も比較的手頃で、動画用デジカメの入門用としてもおすすめ出来る一品です。

<Canon PowerShot G7 X Mark IIIの基本スペック>

・サイズ:105×60.9×41.4mm
・本体重量:280g
・画素数:2,010万画素
・センサーサイズ:1.0型
・光学ズーム:最大4.2倍
・F値:1.8〜2.8
・手ぶれ補正:光学式
・動画解像度:4K(29.97fps)
・無線接続:Wi-Fi/Bluetooth

SONY サイバーショット DSC-RX100 M7

SONYのRX100M7は、コンパクトデジカメにプロ仕様の映像技術を詰め込んだ非常に意欲的なモデル。動画関連の機能は他のRX100シリーズから大幅に進化しており、人物の瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳オートフォーカス」や、リアルタイムトラッキング、4K撮影時の手ぶれ補正も新たに搭載しています。さらに外付けマイクも使用できるため、動画の音にも拘りたいというニーズにもしっかり応えた製品と言えますね。

また、SONY独自の動画フォーマット「S-log3」に対応しており、写真のRAW撮影と同じように、撮影後にカラーグレーディングなどの高度な処理を加えることができます。コンパクトデジカメでlog撮影に対応している製品は珍しいため、映像表現を追求したい人や、一眼レフでは重すぎるという人にも最適なモデルと言えますね。もちろん、通常フォーマットでの撮影もできるので、初心者でも心配要りません。

F値が2.8〜なので暗所撮影の性能はG7Xに一歩譲りますが、その分光学ズームの倍率が高いので、野生動物など遠くの被写体を狙う機会が多い方にもおすすめですよ。

<SONY RX100M7の基本スペック>

・サイズ:101.6×58.1×42.8mm
・本体重量:275g
・画素数:2,010万画素
・センサーサイズ:1.0型
・光学ズーム:最大8倍
・F値:2.8〜4.5
・手ぶれ補正:光学式
・動画解像度:4K(30fps)
・無線接続:Wi-Fi

シーンによってレンズ交換〜対応力が魅力の一眼レフ

次に紹介するのは、レンズを交換して撮影する一眼レフタイプの製品。こちらは超広角から超望遠まで、コンデジでは対応が難しいシーンでも幅広く対応できることが魅力と言えるでしょう。より本格的な撮影を楽しみたい方は、こうした一眼レフタイプの製品がお勧めです。

Panasonic GX7MK3

PanasonicのGX7MK3は、強力な手ぶれ補正機構を搭載したミラーレス一眼カメラ。ボディ側の5軸手ぶれ補正に加え、対応レンズではレンズ側の2軸手ぶれ補正も効く為、三脚を用意できない時でも被写体をブレなくしっかりと捉えることができます。動画撮影においては、歩きながら撮影するようなシーンで、特に力を発揮してくれるでしょう。

また、オートフォーカスの速度も速いため、急いでシャッターを切るような場面でも撮影チャンスを逃しにくくなっています。本体重量はこのクラスとしてはやや重めですが、その代わり重たいレンズを繋げてもバランスを崩しにくく、手持ちでこうしたレンズを使う機会が多い方には特におすすめです。

<Panasonic GX7MK3の基本スペック>

・本体サイズ:124×72.1×46.8 mm
・本体重量:407g
・画素数:2,030万画素
・センサーサイズ:4/3型
・レンズマウント:マイクロフォーサーズ
・手ぶれ補正:ボディ側5軸(+レンズ側2軸)
・ファインダー:ミラーレス
・動画解像度:4K(30fps)
・無線接続:Wi-Fi/Bluetooth

SONY α6400

α6400はSONYを代表するミラーレス一眼カメラの1つ。その特徴は、被写体をリアルタイムで追跡できるトラッキング機能ですね。α6400は非常に優秀なリアルタイムトラッキングを搭載しており、その自動追跡性能は折り紙つき。小さな子供やペットを撮影する場合、相手はじっとしてくれない事が多いので、この機能はとても便利でしょう。

ちなみに、α6400には後継機種としてα6100と同6600が発表されており、どちらも2019年秋に発売予定です。6100の方は6400とそれほど代わりませんが、6600は新たにボディ内手ぶれ補正が搭載されているので、動画・静止画を問わず手持ち撮影に強くなりました。静止画メインの方はどちらを選んでも良いですが、動画メインの方は6600発売まで待ってからコストメリットなどを考えてどちらを購入するか判断するのがおすすめです。

<SONYα6400の基本スペック>

・本体サイズ:120×66.9×59.7 mm
・本体重量:359g
・画素数:2,420万画素
・センサーサイズ:APS-C
・レンズマウント:α Eマウント
・手ぶれ補正:なし(レンズ側の手ぶれ補正は利用可能)
・ファインダー:ミラーレス
・動画解像度:4K(30fps)
・無線接続:Wi-Fi/Bluetooth

完全プロ仕様の高性能カメラ

最後に紹介するのは、プロ向けの高性能なカメラ。価格帯としてはかなり高価になりますので、初心者向けではありませんが、画質や機能に拘る方はこのクラスを検討するのも良いでしょう。

SONY α7III

レンズ交換式カメラの中でも最高峰とされる物の1つが、フルサイズと呼ばれる大サイズのセンサーを搭載したデジタルカメラですね。通常のデジタル一眼はAPS-Cと呼ばれるサイズのセンサーを主に採用していますが、フルサイズはその約2倍、スマホなどの小型センサーと比較すれば、なんと30倍もの面積を誇ります。このα7IIIもそんなフルサイズのセンサーを搭載したデジタル一眼で、海外で著名な賞を受賞するなど、世界中で人気の機種となっています。

手ぶれ補正機能は、レンズのみより補正能力の高いボディ内蔵タイプを採用。動画の手持ち撮影時にもしっかりと手ブレを防いでくれます。わざわざ大型の電動ジンバルを用意しなくても良いため、撮影装備が重くなりがちなフルサイズ機とはまさに相性抜群ですね。4K撮影や外部マイク接続にも対応しており、画質・音質面とも文句なしのモデルです。

また、先に紹介したα6400と同じレンズマウント規格(α Eマウント)を採用している点も、α7IIIのメリットのひとつと言えるでしょう。APS-C用のレンズも使えるため、既にαシリーズを使っておりEマウントのレンズを所有している人は、レンズ資産を無駄にすることなくステップアップできます。

<SONY α7IIIの基本スペック>

・本体サイズ:126.9×95.6×73.7 mm
・本体重量:565g
・画素数:2,420万画素
・センサーサイズ:フルサイズ
・レンズマウント:α Eマウント
・手ぶれ補正:ボディ側5軸
・ファインダー:ミラーレス
・動画解像度:4K(30fps)
・無線接続:Wi-Fi/Bluetooth

Black Magic Desig Pocket cinema camera6K

最後に紹介する製品は、動画編集ソフト「DaVinci resolve」で有名なBlack Magic Designのカメラです。動画の最大解像度はなんと4Kを超える6Kを実現。フレームレートも最大60fpsと非常に高画質で、一般ユーザーが購入出来るカメラとしては現時点で最高クラスの動画撮影性能を誇っています。

各種機能も完全に動画向けと割り切っているためビデオカメラに近い立ち位置ですが、レンズ交換が可能な点が通常のビデオカメラとの大きな違いですね。シーンに合わせて最適なレンズが選べるため、元々の撮影性能をさらに引き出し、他の機種には真似の出来ない圧倒的な高画質映像を撮れるのが、この製品最大の魅力と言えるでしょう。手持ちカメラとして最高峰の映像撮影を体験したい、という人にぜひ使ってもらいたいカメラと言えます。

<Pocket cinema camera6Kの基本スペック>

・本体サイズ:178.1x96x85.5 mm
・本体重量:565g
・画素数:2,420万画素
・センサーサイズ:23.10mm x 12.99mm
・レンズマウント:アクティブ方式EFマウント
・手ぶれ補正:なし
・ファインダー:ミラーレス
・動画解像度:6K(最大60fps)
・無線接続:Bluetooth

まとめ

超高速通信が可能な5Gの提供が間も無く開始されることもあり、今後動画コンテンツはより一層世間に浸透していくと考えれらます。そのためデジタルカメラの動画撮影性能は、今後も大きく進化していきそうですね。

アウトドアや子供の運動会など、写真だけでなく動画も撮影したい場面は案外多いもの。今までスマホで済ませていたという人や、デジカメとビデオカメラの2台持ちをしていたという人も、是非この機会に動画撮影にも使えるデジカメの購入を検討されては如何でしょうか。