【レビュー】Satechi ユニバーサルラップトップスタンドを購入|MacBook Proにマッチする質感の高い逸品

シェアする

クラムシェルモードと呼ばれる、Macノートを閉じた状態で外部モニターなどに繋げて使う場合に悩むのが、本体をどう配置するかということ。そのまま平置きの状態だと、意外と場所をとるんですよね。そんな時に便利なのが縦型のラップトップスタンドです。

そんな縦型ラップトップスタンドですが、現在様々なメーカーから販売されており、その中から私が選んだのはSatechiのユニバーサルバーティカルラップトップスタンドという製品。

少し前にレビューしたように、ずっと単体利用していたスペースグレイのMacBook Pro(2017,15インチ)の作業環境を整えるため、4K外部モニター「LG 27UK850-W」や同じスペースグレイ色の「Magic Mouse 2/Magic Keyboard」と合わせて購入しました。

そこで今回はMacBook Proと相性抜群で、クラムシェルモードだけでなくデスクの省スペース化、収納にも使えるこちらの製品をレビューしていきたいと思います。

Satechiとは

今回購入したユニバーサルバーティカルラップトップスタンドですが、この製品はSatechiというPC/スマホ関連の周辺機器を作っているメーカーから販売されています。主にMac用やiPhone用の製品を多く手がけており、そのデザイン性/質感の良さや、アップル純正品かと思うほどアップル製品に馴染むクオリティの高さから、ファンも多いですね。

私もそんなSatechi製品のファンのひとりでMacBook Pro用のUSB-Cハブとしては最高と言ってもいい「Type C Pro Hub」を購入し、過去にレビューもおこなっています。

最強のMacBook Pro用USB-Cハブ「Satechi Type C Pro Hub」購入レビュー かっこよさと拡張性を備えた逸品
このブログでも何度か書いていますが、2016年以降のMacBook Proから端子が全てUSB-Cに統一されたことによりMBPユーザーに...

Satechiの製品の特徴はアルミニウム素材の使い方が非常に上手いこと。アルミと言えばMacBook Proなどにも使われている素材ですので、当然相性も良くなります。上で紹介しているPro HubはMacBook Pro専用ですが、MacBookでも使えるケーブルタイプのUSB-Cハブやアルミを使ったテンキーも人気が高いですね。アルミを使ったマウスパッドなんていうアルミ素材にこだわりがあるSatechiらしい製品もあります。

AmazonでSatechiの専用ページを見る

Satechi ユニバーサルラップトップスタンドを選んだ理由

ラップトップスタンドと言えば、開いた状態でそのまま使うための、角度のついた横型スタンドが多いですよね。そちらの方が外部ディスプレイとのマルチモニター環境にもできますので、私も最初はそのタイプと迷っていたのですが、問題はやはり場所をとること。

自分の利用シチュエーションを考えるとマルチモニター環境が必要な場面より、閉じた状態のクラムシェルモードで使うことのほうが多いと考え、縦型のユニバーサルバーティカルラップトップスタンドにしました。

どうしてもマルチモニタ環境が必要であれば、スタンドなしでも外部モニターの前にMacBook Proを置けば作ることができますし、一応旧型のiMacもあるためターゲットディスプレイモードを使うという方法もありますしね。

古いiMacの外部ディスプレイ化 -MacBook Pro(2017)とターゲットディスプレイモードで接続してサブディスプレイに-
先日このブログでレビューしたようにMacBook Pro(15,2017)を購入しメインマシンとして使用しているのですが、iTune...

あとは純粋に、MacBook Proを縦型で収納するのもデザイン的にカッコいいかなと思ったことも、選択理由のひとつです。この部分は好みもあると思いますが、使っていない時の収納状態としては横型よりも断然縦型のほうがオシャレだと思います。省スペース化にも貢献しデスクがスッキリ見えます。

ちなみに横型としては同じSatechiのアルミニウムラップトップスタンドという製品があります。私はこの製品にするかバーティカルスタンドにするかで悩みました。

デザインと使用感

開封&外観

まず手にした時の最初の感想は「重い!」です。重量が680gということでかなりどっしりしていて、これはMacBook Proを乗せても安定感があり安心して使えそうですね。パッケージを開封すると、緩衝材でしっかり固定されたアルミの塊が鎮座しています。

今回購入したのは所有しているMacBook Proと同色になるスペースグレイカラー。アルミの素材感がでた鈍い光沢があり、これはかなり質感が高いです。

しっかりと厚みもあり形状は独創的でデザイン性も高いです。

曲線が美しく単体で見てもなかなかカッコいいアイテムではないでしょうか。

MacBook Proを収納

MacBook Proと並べて見るとほぼ同じ色ですね。曲線になっているぶん、ややスタンドの方が光沢感を強く感じますが、色味はかなりマッチしています。

ノブを回していくことで収納部の幅が広がっていき、こちらは1.2cm〜3.1cmの間で調整可能。

内部にはゴムクリップが貼られており、MacBook Pro本体を傷つけず優しく保護しつつ、しっかりと固定してくれる作りになっています。

実際にMacBook Proを収納すると下の写真のようになります。かなりマッチしていて相性の良さがわかりますね。

本体の重量のおかげで、やはりかなり安定感があります。少し机が動いた程度ではピクリとも動きませんね。

Satechi ユニバーサルラップトップスタンドのここが素晴らしい

1.高いデザイン性と質感でMacBook Proとの相性が抜群

やはりこれに尽きると思いますが、かなり質感が高くアップル純正品かと思うくらいMacBook Proにマッチします。アルミ素材の使い方もさすがSatechiと思えるくらいレベルが高いですね。

インテリアとしても使えそうなデザイン性の高いユニークな形状も良いです。MacBook Proに限らずタブレットや他のデバイスを置くこともでき、オブジェのように見せる収納もできますね。

2.通気性がよくアルミ製のためヒートシンク代わりに

このスタンド実は機能面でもかなりメリットがあります。MacBook Proを閉じた状態で使うクラムシェルモードは熱が籠りやすいのですが、このスタンドを使えば冷却効果がかなり高くなります。

まず縦型ということでMacBook Pro本体の裏面も空気に触れることになり、熱を逃しやすくなりますよね。それに加えてこのスタンドの場合、高い放熱性を誇るアルミニウム素材や、下部とサイド部に設けられた空間による通気性の高さのおかげで、より冷却効果が高くなっています。

実際に私もこのスタンを使ってる中で、よほどのことがない限りMacBook Proがうるさくなるほどのファンを聞いたことがありません。通常使用時でもファンがかなり回るような動画のエンコード作業などの場合は別ですが、Photoshopでの写真編集時でもかなり静かに使えています。スタンドを触ると本体からの熱が伝わり温かくなっているため、しっかり放熱してくれていることもわかりますよ。

3.縦型スタンドでデスクスペースが広がる

これはこのスタンドだけのメリットというより、縦型スタンド全般のメリットですが、机の上の作業場所を広げることができます。ラップトップって意外と机のスペースを占有しますしね。

MacBook Proと机との接地面にも空間ができるため、万がいちコーヒーなどの飲み物や水分を机にこぼしても本体が濡れることを防いでくれます。私はクラムシェルモードでの利用を想定してこの製品を購入しましたが、省スペース化や安全性の面からクラムシェルモードを使わない人にとってもオススメできる良い製品だと思います。

まとめ

Satechi製品はPro Hubに引き続き2つめの購入ですが、このバーティカルラップトップスタンドもかなり満足度の高い製品となりました。デザイン面でも機能面でも、非常に優れた製品だと思います。特にMacノートをクラムシェルで使う人にはマストバイな製品ではないでしょうか。

現在、一緒に購入した4KモニターとMagic Mouse 2/Keyboardと合わせて使っていますが、かなり快適な作業環境を作ることができたと思います。

【レビュー】LGの4Kモニター27UK850-Wを購入|MacBook Proと ケーブル1本で繋がり電源供給もできるおすすめディスプレイ
現在私は2017年モデルの15インチMacBook Proをメインで利用しています。持ち運びもできて、特に不満に感じる部分もなく快適に利...
【レビュー】スペースグレイのMagic Mouse 2、Magic Keyboard(テンキー付き)を購入&旧モデルと比較|同色のMacBook Proとも相性抜群
iMac Proの専用付属品だったスペースグレイモデルのMacアクセサリですが、遂に単体販売されるようになりましたね。以前からこのアクセ...

ちなみに今回は統一感を重視して同じスペースグレイ色で揃えましたが、改めてジェットブラックの写真を見るとこちらも全体に締まりがでてシックな感じになって良さそうですね。

AmazonでSatechiの専用ページを見る