最強のMacBook Pro用USB-Cハブ「Satechi Type C Pro Hub」購入レビュー かっこよさと拡張性を備えた逸品

シェアする

このブログでも何度か書いていますが、2016年以降のMacBook Proから端子が全てUSB-Cに統一されたことによりMBPユーザーにとってハブは必須になっていますよね。現在色々なタイプのUSB-Cハブが販売されておりそれぞれ特徴がありますが、今回その中でもMBPとデザイン的な相性が良く最強と称されるSatechiのPro Hubを購入したのでレビューしたいと思います。

MacBook Proで使うUSB-C機器のまとめ記事はこちらをどうぞ。

MacBook Pro(2016/2017)を購入したら合わせて揃えたいUSB-C接続のおすすめ周辺機器/アクセサリー -最新ノートPCにも対応-
最近普及してきているUSB Type-Cの周辺機器ですが、購入前の注意点として前回、USB規格周りの情報整理と解説をおこないました。 ...

Satechi Type C Pro Hubを選んだ理由

USB-C端子は最新のノートPCやゲーム機にも採用されることが多くなり、今やたくさんのハブが発売されています。単純なUSB 3.0の増設ハブであれば¥1,000程度、色々な端子のついたマルチハブでも¥3,000~¥5,000程度で入手できます。でもせっかくMacBook Proで使うならその美しい筐体デザインを邪魔しないように一体型で統一感のあるものが欲しいと思っていました。ケーブルタイプのハブをMBPから伸ばすのも個人的には見た目が悪いと思いますし、ハブを使うとどうしてもチープになりがちです。そこで見つけたのがこのSatechiのType C Pro Hubでした。本体カラーはグレーとシルバー、MBPと同質感の艶消しアルミを使用、USB3.0やSDカードリーダーに加えThunderbolt3と4K HDMIポートも搭載と、まさにMacBook Proのためだけに作られた最強と呼べるレベルのハブです。その分値段もハブとしては最強クラスに高いのですが、MBPで使うならこれ以外ないと思い購入に至りました。

使用レビュー

パッケージと外観

パッケージは非常にコンパクト。無駄のない感じが好感が持てます。本体も本当に質感が良いです。繋ぎ目も一切なく滑らかな曲線でアルミ削り出しの良さが前面に出ていますね。表面の刻印も必要最低限のもので目立つことがなく、このミニマリズムも素晴らしいと思います。まるで純正品かと思えるレベルで、Apple製品/Macが本当に好きな人が作ったんだろうなと思えるほど完成度が高いです。

ポートは右からThunderbolt 3、4k HDMI、USB 3.0ポートx2、USB-Cポート(非Thunderbolt)、SD/Microカードリーダーとなっています。上部にはHDMIポートがあり。Thunderbolt 3ポートはUSB-PD対応で5k又は2x4k@60Hzビデオ、40Gb/sデータ転送、87Wまでの充電に対応。もう一つのUSB-Cポート(非Thunderbolt)の方は端子形状はTB3と同じですが、USB-PD対応ではないため充電はできずデータ転送も5Gb/sとなります。

MBP本体に装着した時はこんな感じになります。

高さはMBPとほぼ同じですがハブが流線型のため少しだけ盛り上がっています。私の場合MBP/ハブ共にカラーはスペースグレーですが、ややMBPに比べて青みのあるグレーですね。それでも十分に一体感はあると思います。

使用感

3日ほど付けっ放しにして使っていますが、ほんの少しあったかくなる程度でそこまで熱くはなりません。本体装着式の一体型ハブはよく熱がこもって高温になると評価されている製品が多い中、このハブは優秀だと思います。当然のことですがUSB接続のHDDも特に問題なく認識されますし、SDカードの読み込みもしっかり動作します。

別記事で書いたように私は電源コネクタをMagSafe化するアイテムを使っているのですが、こちらとの相性も問題なくしっかり86Wで充電されていました。USB-PDに対応していないハブを使うとワット数が落ちて給電はされても充電できない製品も多いため、このあたりの対応も完璧ですね。

HDMI接続を使った外部ディスプレイ出力については機会がないためまだ試せていませんが、Thunderbolt 3端子を使ってのiMacとのターゲットディスプレイモードは問題なく動作しました。これはThunderbolt 3からThunderbolt 2への変換ケーブルが必要になりますが、大画面でMBPを操作するために私がよく使う構成ですので、しっかり動作してくれて満足です。

不満に感じる部分

非常に便利でデザイン性も高いマルチハブですのでこれといった不満点やデメリットはないのですが、唯一あるとすればThunderbolt 3端子が一つ使えなくなる点でしょうか。ハブを装着する際に2つのThunderbolt 3端子を占有することになるのですが、ハブ自体にはThunderbolt 3対応端子は1つしかないため、実質1つを無駄にする形になります。もちろんそれと引き換えに他の様々な入出力が可能になるので完全に無駄というわけでもないのですが、充電と外部5Kディスプレイへの出力等を片側だけで同時に行えなくなるというデメリットにはなり得ます。私の場合は15インチのMacBook Proなので左右合わせて4つの端子があり、あまり問題には思いませんが、13インチTouchBarなしモデルを使っている場合は、片側2つしか端子がありませんので、上記のようなことを不満に思うかもしれません。

まとめ

Satechi Pro Hubはハブとしてはなかなか高額な製品であり、購入するかどうか迷っていましたが、結果的に購入して満足しています。使い勝手や利便性はもちろんなのですが、何よりもそのデザイン性の良さと質感の高さが所有欲を満たしてくれます。機能だけで考えればもちろんもっと高機能で安い製品もある中で、この製品をあえて選ぶ理由は造り手のこだわりのようなものが見えるからではないでしょうか。Apple製品のように使用して便利だと感じることは当然クリアした上で、ただ持っているだけ、眺めているだけで満足できてしまうような魅力がこの製品にもあると思います。

こちらもMacBook Proと相性抜群、同じSatechiのラップトップスタンドのレビューも合わせてどうぞ。

【レビュー】Satechi ユニバーサルラップトップスタンドを購入|MacBook Proにマッチする質感の高い逸品
クラムシェルモードと呼ばれる、Macノートを閉じた状態で外部モニターなどに繋げて使う場合に悩むのが、本体をどう配置するかということ。その...