[PR]iPhone/iPadに外部ストレージを追加。Kingston Bolt Duoがあればバックアップや容量不足の解消が可能

シェアする

DataTraveler Bolt Duo

DataTraveler Bolt Duo

iPhoneのカメラスペックが向上したことで綺麗な写真やビデオが撮影できるようになった反面、ファイルサイズが増加し容量不足で困っている人も多いのではないでしょうか。最近はクラウドサービスを使って容量不足を解消している人もいると思いますが、オフライン時には使用できませんし、ロードに時間がかかりストレスになることも。そんな時に便利なのがiPhone/iPadのLightning端子に接続するタイプのフラッシュメモリ(フラッシュストレージ)です。今回はそんなLightning接続フラッシュメモリ「DataTraveler Bolt Duo」を、Kingston Technology様より提供いただきましたので、紹介したいと思います。使った感想を正直にそのままレビューしても良いということなので、改善を期待したい点も盛り込んでいます。

Kingston Date Traveler Bolt Duoについて

特徴

Kingston Technology(キングストンテクノロジー)といえばメモリモジュールのメーカーとして有名(シェア1位)で、PC/Macのメモリ増設をしたことがある人には馴染深い存在です。そんな大手メーカーが初めてiOS向けストレージとしてリリースするのがこのBolt Duo。接続にはLightningポートの他、USB3.1にも対応するデュアルインターフェース仕様で、iOS-Mac/PC間のファイル共有も可能です。

データ容量は32/64/128GBの3種類が用意され、2年間の保証と無料テクニカルサポート付き。フラッシュメモリのようなストレージ機器は信頼性も重要ですので、定評のあるキングストン製であれば安心して使うことができると思います。

専用アプリも用意され、使用方法も非常に簡単でシンプル。Bolt Duoを接続してアプリを起動すれば、データの表示や移動が直感的に操作できます。

容量と仕様

容量
32GB写真: 最大 8,000 枚
またはビデオ 2 時間
64GB写真: 最大 16,000 枚
またはビデオ 4 時間
128GB写真: 最大 32,000 枚
またはビデオ 8 時間
仕様
接続方式(1) Lightning®
(1) USB 3.1 Gen 1
寸法Bolt – 40.7mm x 12.2mm x 7mm
Bolt (アクセサリを含む) – 65mm x 20mm x 11mm
重さBolt – 7.2g
Bolt(アクセサリを含む) – 14.4g
以下と互換:iPhone 5, iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6+, iPhone, 6s, iPhone SE, iPhone 6s+, iPhone 7, iPhone 7+, iPhone 8, iPhone 8+, iPhone X

iPad (第 4 世代), iPad Air, iPad Air 2, iPad (2017), iPad Mini, iPad Mini 2, iPad Mini 3, iPad Mini 4, iPad Pro (第 1 世代), iPad Pro (第 2 世代)

対応 OSiOS 9.0 以降
メモリのタイプフラッシュストレージ
保証/サポート2 年保証、無料サポート

実機使用レビュー

パッケージ内容と外観

パッケージ内容は非常にシンプルで、Bolt Duo本体と保護用のキーリング付きラバーケースのみの構成です。

マニュアルのようなものも付属せず、説明といえばパッケージ裏の「Simple to use」と書かれた図くらいです。実際に使ってみるとわかりますが、確かに特別な準備や操作は不要で非常に簡単に使えます。

本体は非常に小さくて軽いですが、金属質な筐体で頑丈そう。

付属のラーバーケースは折り曲げて本体を差し込む形で収納できるようになっています。

片側はLightning端子、もう片側はUSB3.1(Gen1)になっていますが、一見するとフラッシュメモリとは思えない外観です。よくあるプラスチック製フラッシュメモリのような安っぽさがなく、デザイン性も質感も高いレベルの製品だと思います。

接続とアプリインストール

使い方は非常に簡単、iPhone/iPadのLightning端子にBoltを差し込むだけです。初めてiPhoneに接続するとアプリインストールのメッセージが出ます。

AppStoreからBoltアプリをインストールすれば、以降接続のたびにメッセージが表示され「許可」を押すだけで自動でアプリが起動してくれるため、非常に便利です。

アプリの操作

アプリを起動すると上部に、iPhoneとBoltのそれぞれの空き容量が表示されます。そして下部には「転送」「キャプチャ」「表示」の3種のメニュー表示。(ちなみにBoltが接続されていない状態でアプリを起動すると接続する旨のメッセージが表示されます。)

「転送」についてはiOS端末に既に保存されている写真/ビデオファイルをBoltへ転送することができます。転送する際のオプションとして写真/ビデオ全てのデータ・全ての写真データ・全てのビデオデータ・お気に入りタグのついたもの・自分でデータを選択の5つの中から選ぶことができ、手軽さと自由度のある操作性になっています。

転送する際はメッセージとして「iPhone内のオリジナルデータを削除するか、残すか」の選択画面が表示されます。iPhoneの容量不足を解消したい場合は「削除」、バックアップ目的であれば「保存」を選択することになると思います。

「キャプチャ」は直接Bolt本体にデータを保存する形で写真/ムービーの撮影ができます。いちいち撮影してデータを転送という手間が省けますので、最初からBoltへの保存が想定される場合はこのアプリからの撮影すると便利だと思います。

1点注意として、デフォルトではビデオ撮影時の解像度が1080p/30fpsに設定されています。4K画質でビデオを記録したい場合は、設定からビデオ解像度の変更を忘れないようにしましょう。(ただし4K/18fpsまでの対応)

「表示」ではBolt内に保存されているデータを閲覧することができます。Boltで撮影した場合は「Bolt Camera」に、iPhoneから転送した場合は「iPhone」にそれぞれデータが格納されています。

Mac/PCでの利用

BoltはデュアルインターフェースでUSB3.1での接続も可能なため、Mac/PCでも使用できます。私の場合はMacBook Proでの使用のため、間にUSBハブ(Stechi マルチハブ)を介しての接続ですが、問題なくマウントできました。

こちらで利用する場合は通常のUSBフラッシュメモリと同じように使うことができます。iPhoneからMacへ、逆にMacからiPhoneへデータを移したい時にも便利に使えると思います。

ただしBoltをiPhoneで使用する場合は写真とビデオのファイル形式にしか対応していません。PDFファイルやテキストファイルのようなドキュメント系のファイルはMac上では表示が可能ですが、iPhoneからは表示できませんでした。また3GBを超えるような大容量のムービーデータもコピーできませんでした。

 改善を期待したい点

キャプチャを行う場合ですが、現在はビデオ/写真/正方形にしか対応しておらず、iPhone純正カメラアプリのようなタイムラプスやスローには対応していません。特に私はiPhone Xのポートレートモードで写真を撮影することが多いため、この辺りはアプリのアップデートで改善を期待したいです。

また上述のように、使う上でのファイル形式の制限がいくつかあります。これは自由度を高くしすぎてしまうと、逆にシンプルな操作性が犠牲になってしまうためある程度は理解できますが、せっかくのデュアルインターフェースなのでドキュメント系のファイルには対応してくれた方がより使い勝手が向上すると思います。

使用した感想まとめ

まだ3日ほどしか使用していませんが、使い心地は非常に良いものでした。まず純粋に他のフラッシュメモリにはないような外観が気に入っています。小型で持ち運びが苦にならず使い方も本当に簡単で、マニュアルが付属していないことにも納得できるくらいシンプルなものです。

いくつかの改善を期待したい点もありますが、Mac/PC上では他のフラッシュメモリ同様の使い方ができることを考えれば、iOS端末での使用時は写真とビデオに特化してシンプルさを追求しているのだと思います。

4K撮影動画やフルHDの長編ビデオデータなど、クラウド上に置くには容量が大きすぎるデータも、Boltならある程度の容量制限はありながらもストレスなく再生可能です。私自身クラウドサービス利用者ですが、これからはBoltの中にビデオデータを移すつもりです。メモリとしての信頼性も高く色々な使い途があるBoltは、全てのiPhoneユーザーにお勧めできる製品だと思います。