ハワイでの短距離移動はレンタル自転車シェアサービスbikiが便利

シェアする

2017年6月下旬からホノルルエリア(ダイヤモンドヘッドからダウンタウン)でレンタルサイクルサービスbikiがスタートしました。

今までホノルルエリアの移動ではTheBusやトロリーを使っていましたが、レンタル自転車があると気軽に自由な場所に行けますね。たまたまサービス開始タイミングでハワイに滞在していましたので、早速使ってみました。

bikiの特徴と使い方

基本的にはbikiストップというスタンドからレンタルしてそれを返すだけなのですが、今までのレンタルサイクルサービスと違い「無人であること」と「どのスタンドに返してもいい」ことがbikiの特徴です。bikiストップはホノルル市内に100箇所程度あり、どこのスタンドでもbikiをレンタル・返却することができます。

レンタル方法もとても簡単で、bikiスタンドでクレジットカードの認証>使用台数とプランを選択>支払いが完了すると暗証番号が表示されますので、その暗証番号を使ってbikiのロックを解除すればすぐに乗ることができます。

プランは30分/$3.50か300分/$20で選べます。(月額プランもあったと思いますが、短期旅行ではあまり必要ないですね)

このbikiスタンドなんですがありがたいことに言語選択が可能で日本語も対応していますので、何不自由なく操作ができました。さすが旅行客が多いホノルルならではの対応ですね。

日本語対応でわかりやすい!

今回は4人分のレンタルでしたが左下の暗唱番号1つで4台ロック解除ができます。

☆Hotels.com☆ハワイのホテルがお得!

実際に利用してみて

biki自体の乗り心地は悪くないです。変速機(ギア)も3段階で変更できるので女性や坂道でも漕ぎやすいと思います。ちょっとハンドル周りが重たい感じもしましたが、走っていて特に問題になる重さでもありませんでした。

bikiスタンドはワイキキのメジャーな施設、アラモアナのような大型ショッピングセンターからダウンタウンのマイナーな場所までたくさん設置されています。特にダウンタウンはおしゃれなショップも多いんですが、今までバスやタクシーでしか行けず不便に感じていたのですが、こういう場所にもあるのはありがたいですね。

あとは返却時についてですが公式HPやアプリを使うことでスタンドがある場所と利用台数(空き台数)を調べることができます。目的地周辺のスタンド情報は出発前に確認しておくといいかもしれません。

アプリ画面 緑が自転車の数、黒が空きスタンドの数を表している

利用時に注意したいこと

こんな便利なbikiですがいくつか注意点があります。

まずは目的地のスタンドの空き状況です。一人での移動ならそこまで問題はないと思うのですが、複数人で移動していると空きが十分あるかどうかを確認しておかないと一人だけ停める場所がないということになりかねません。アプリ上でアイコンをタップすれば空きスタンドの台数も確認できますので、移動人数が多い際は必ず確認するようにしましょう。

あとはホノルルでの交通ルールです。大きめの道だと自転車専用レーンも多少あるのですが、基本的に自転車は右側車道通行です。左側や歩道を走っていると注意される可能性もありますので必ず交通ルールは守って走行してください。

最後に、これは滅多にないと思いますが、トラブル時の対応です。今回偶然ですがロック解除した4台のbikiのうち1台がチェーンが外れていました。何度かチェーンを掛け直して無事乗ることができたのですが、かなり時間をロスしてしまいましたし、せっかくの旅先で自転車のチェーンを直すなんてことはできれば避けたい事態です。チェーンに限らずパンク等のトラブルの可能性もありますので、できればロック解除前に自転車に不備がないか確認はしておいた方がいいと思います。恐らくトラブル発生時は然るべき対応窓口に電話連絡することになると思いますが、英語が苦手だと不安ですしこの辺りは無人機ならではのデメリットだと思います。

このように注意すべきことも何点かありますが、軽い移動には非常に便利でしたので次回もレンタルしてみようと思っています。もしハワイに行く機会がある方は是非bikiをレンタルしてみてください。bikiでホノルル周回というのも楽しいと思います。