【2020年】おすすめのサーキュレーター9選|インテリアにも馴染むデザイン性の高いおしゃれな製品を厳選紹介

シェアする

サーキュレーターは、直進方向への風を出すことに特化した空調機器。室内の空気を循環させてくれるため、エアコンの冷却効率アップも期待できます。暑い夏を乗り越えるにあたっては、ぜひ用意しておきたいアイテムですね。

そんなサーキュレーターですが、各社からさまざまな機能やデザインの製品が販売されています。そこで今回は、おすすめのサーキュレーターを厳選して紹介。部屋に置いても馴染むように、インテリア性やおしゃれな外観も重視してピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

サーキュレーターを使うメリット

エアコンの冷却効率アップ

サーキュレーターは、室内の空気を循環させる効果があります。「エアコンの風が当たる部分だけが涼しい」という状況でも、温度差を減らすことが期待できますね。

エアコンの設定温度を下げずに部屋を涼しくできるので、結果として電気代節約にもつながります。

室内の換気

換気のために窓を開けても、室内外の空気が交換されなければ意味がありません。サーキュレーターを使うと室内の空気が循環するため、換気の効率もアップします。

綺麗な空気を室内に取り入れれば、感染症予防にもつながりますね。

小型扇風機として使える

サーキュレーターは小さい本体からでも十分な風を送り出してくれるので、扇風機として代用もできます。製品によっては机の上に置くこともできるので、自分の体にだけ風をあてたいときにも有効です。

自宅はもちろん、外出先や職場で使ってもいいですね。

おすすめのサーキュレーター

BALMUDA GreenFan C2

近年注目を集めている家電メーカーBALMUDAが販売するのが「BALMUDA GreenFan C2」です。本製品は、脱臭機能を備えているのが大きな特徴。ファンの吸い込み側に配置された活性炭脱臭フィルターは、最大94.7%の臭いを除去してくれます。室内の空気を循環させつつ、嫌な臭いも消してくれるのはありがたいですね。

なお別売のバッテリーを装着すれば、コードレスでの利用も可能です。家のあらゆる場所で使えるので、用途がさらに広がります。

ホワイトとブラックを合わせた、インテリアにマッチしやすいデザインも特徴。洋風な部屋やオフィスに置いてもお洒落ですね。

サーキュレーターにプラスアルファの効果を期待したい人におすすめの製品です。

商品ラインナップとしては、より小型な「GreenFan Cirq」という製品もあります。狭い部屋や机の上で使う場合は、こちらの製品もおすすめです。

Stadler Form Otto

「Otto」はスイスの家電ブランドStadler Formが販売するサーキュレーターです。

機能面は至って普通のサーキュレーターですが、注目すべきは竹の集成材を用いたボディ。円形に加工するのが難しい竹を、高度な加工技術で製造することで、独特なデザインを実現しています。

操作ボタンは背面のモーター部に配置されています。ボタンが正面にないため、無駄のないシンプルなデザインに仕上がっていますね。

注意すべき点は、風の方向を調整する機構がない点。風の方向を調整したい場合は、本体そのものを動かす必要があります。

デザイン性に優れた、まるで高級家電のようなサーキュレーターですね。

ドウシシャ カモメファン FKCR-231CD

ドウシシャが販売する「カモメファン FKCR-231CD」は、クレベリンLEDを搭載したサーキュレーターです。空気を循環させつつ、二酸化塩素を用いた除菌をすることで、ウイルス除去やカビ抑制、消臭などの効果が期待できます。夏はもちろん、冬にも活躍してくれますね。

ファンには、カモメの羽からヒントを得た「カモメ羽」を採用。流体力学に基づいた形状で、風をしっかりと拡散します。

本製品に付属するリモコンは、マグネットで背面へと装着可能。リモコンをうっかり失くしてしまう心配もありませんね。

本体デザインはシンプルで、無駄もありません。どこにでも置きやすいですね。使い勝手が良く、かつ空気清浄効果も期待できるサーキュレーターです。

Dyson パーソナル空気清浄扇風機 Pure Cool Me BP01

サイクロン掃除機や羽のない扇風機でお馴染みのDysonが販売するのが、「パーソナル空気清浄扇風機 dyson Pure Cool Me BP01」。羽のない扇風機シリーズの技術が応用された本製品は、羽ではなく本体表面から風が発生します。小さな子どもが回転部に触れる心配もありませんね。加えて真っ直ぐな風を正確に届けられるので、窓やエアコンに向かってピンポイントで風を送りたいときにも役立ちます。

本製品には、空気洗浄機能も搭載されています。グラスHEPAフィルターと活性炭フィルターを組み合わせることで、微細な菌や有害ガスなどを除去。室内の空気を綺麗にするのにも役立ってくれます。

近未来の家電を思わせる、スタイリッシュなデザインも魅力。置くだけでお洒落な雰囲気を出してくれますね。

予算は少し高くなりますが、最先端のサーキュレーターが欲しい人は購入する価値ありです。

Panasonic 創風機Q F-BR25T

大手家電メーカーPanasonicも、「創風機Q F-BR25T」というサーキュレーターを販売しています。本製品は一見サーキュレーターとは思えない、ボール型の形状が特徴。周囲から吸い込んだ空気をボール内で加速させることで、約17.8m/sの噴出気流を生み出します。ただデザインが奇抜なだけでなく、直進性の高い風を出すための工夫がなされています。

付属のスタンドを使えば、角度を調整してあらゆる方向へと送風が可能。シチュエーションに応じて、さまざまな使い方ができますね。

ボール内には青とオレンジの2色のLEDが搭載されており、切り替えができます。薄暗い部屋におけば、インテリアとしても活躍してくれますね。

本体カラーはクリスタルレッド・シャンパンゴールド・パールホワイトの3色展開。好みや部屋の雰囲気に応じて、好きな色を選びましょう。

お洒落で機能性が高いサーキュレーターを探している人にぴったりです。

アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-SC15T

「サーキュレーター PCF-SC15T」は、生活用品や家電製品でお馴染みのアイリスオーヤマが販売するサーキュレーターです。本製品の特徴は、最大25mまでに及ぶ送風距離の長さ。渦状の風を発生させることで、パワフルな送風を実現しています。対応畳数は18畳と、部屋が広くても使いやすいのが魅力ですね。

小型・軽量設計も特徴の1つ。本体サイズは21cm×21cm×29cm、本体重量は2kgと、どこにでも置けてかつ持ち運びやすい設計になっています。

本体デザインは至ってシンプルで、置き場所を選びません。和室と洋室、どちらで使ってもいいでしょう。

小型・軽量で、かつパワフルなサーキュレーターが欲しい人に最適な製品ですね。

なお、よりコンパクトな「PCF-SC12」という製品もあります。風量は落ちますが、置き場所が限られそうならこちらの製品もおすすめです。

Vornado サーキュレーター VFANJR

アメリカのサーキュレーターブランドVornadoが販売するのが「サーキュレーター VFANJR」です。本製品の特徴は、金属フレームを用いたデザイン。金属フレームを用いるとプロペラ機のような独特な風切音が発生し、クラシックな雰囲気を醸し出してくれます。洋風なインテリアと合わせれば、さらにお洒落ですね。

対応畳数は10畳程度。寝室やリビングで使う分には十分な送風範囲です。

その他については、無駄な機能が付いておらず、風量の強弱が設定できるだけです。細かい設定こそできないものの、シンプルに空気循環だけをしたい人には最適ですね。

洋風なデザインのサーキュレーターを探している人におすすめの製品です。

life_mart 羽根なしサーキュレーター

life_martが販売する「羽根なしサーキュレーター」も、Dysonの「パーソナル空気清浄扇風機 dyson Pure Cool Me BP01」やPanasonicの「創風機Q F-BR25T」と同じく、羽がないタイプのサーキュレーターです。羽のないサーキュレーターは値段も高額になりがちなのですが、本製品は7000円台で購入できるのが魅力です。

安価だろうと機能面は充実しており、7段階の風量調整やタイマーなども備えています。加えて付属の金具を使えば、壁掛けにも対応。場所をとらずに、室内の空気を循環することができます。

羽がないということで、安全性に優れるのはもちろん、見た目のインパクトもありますね。スタイリッシュで便利なサーキュレーターを探している人にぴったりです。

トップランド どこでもファン M7205

トップランドの「どこでもファン M7205」は、卓上に置けるタイプのサーキュレーターです。本体サイズは21cm×7.2cm×21cmと、どこに置いても邪魔になりません。自分の顔周りを冷やすための簡易扇風機としても使いやすいですね。

本体重量はわずか500g。持ち運び用として使ってもいいでしょう。

省エネ仕様も魅力で、1時間あたりの電気代はわずか0.21円です。電気代が気になる人も、安心して使えますね。

本体カラーはホワイトとブラウンの2色展開。サーキュレーターは白を基調としたデザインが多いですが、それ以外の選択肢もあるのは魅力ですね。

小型で持ち運びやすいサーキュレーターを探している人に最適な製品です。

まとめ

サーキュレーターは決してメジャーな家電製品ではありませんが、さまざまな用途に活用でき、非常に便利なアイテムです。特に夏場は室内の空気を循環させることで、過ごしやすい環境作りに役立ってくれますね。

近年販売されているサーキュレーターには、羽がないタイプや持ち運びに特化したタイプなど、さまざまな用途に向けた製品があります。また部屋に置くなら、やはりインテリア性も加味して選びたいもの。それぞれの製品をしっかりと比較して、最適な1台を購入しましょう。