おすすめのボイスレコーダー9選|小型なペン型から本格録音できるリニアPCMレコーダーまで厳選紹介

シェアする

音声をデータとして残すことができるボイスレコーダーは、会議・打ち合わせの音声録音やトラブル時の証拠録音など、非常に幅広い用途で活躍しますよね。最近はスマホでも簡単に録音ができるようになりましたが、スマホのマイクは小型であり、決して集音性が高いとは言えません。確実にキレイな音声を残したいのであれば、ボイスレコーダーは必須アイテムと言えるでしょう。

そんなボイスレコーダーですが、さまざまな用途に特化した製品が各メーカーから販売されています。そこで今回は用途に応じたタイプ別のおすすめ製品を厳選。各製品の仕様や特徴と共に紹介していきたいと思います。

ボイスレコーダーの種類と選び方

一言にボイスレコーダーと言っても、いくつかの種類があります。主なタイプは下記の3つですね。

  • 通常型ボイスレコーダー
  • ペン型(スティック型)ボイスレコーダー
  • リニアPCM型ボイスレコーダー

どれを選ぶかは、ボイスレコーダーの用途によって変わってきますので、まずはそれぞれのボイスレコーダーの特徴についてみていきましょう。

通常型ボイスレコーダー

通常型ボイスレコーダーは、集音した音声を圧縮し、内部ストレージやSDカードに保存します。近年発売されているモデルは集音性に優れたものが多く、音源から離れた場所や雑音が多い場所でもクリアな音声が録音できるのが特徴ですね。用途が幅広くさまざまなシーンで活用できます。

活用例

  • 会議や打ち合わせの録音
  • インタビューの録音
  • 語学学習(自分の声の録音)
  • 音声によるメモ

ペン型(スティック型)ボイスレコーダー

ペン型ボイスレコーダーは、棒状の細長い形状が特徴のボイスレコーダーです。通常型ボイスレコーダーと同様、集音した音声を圧縮して録音します。マイク部分の面積が狭くなる分、集音性能は通常型ボイスレコーダーに劣りますが、胸ポケットやペンケースにさっと入れて持ち運べる点がメリットと言えるでしょう。ボイスレコーダーを常に携帯したいという人にぴったりです。

活用例

  • 胸ポケットに本体を入れたまま録音
  • ペンケースに入れての持ち運び
  • トラブル時の証拠録音(相手に録音していることを気づかれたくない時)

リニアPCM型ボイスレコーダー

PCM型ボイスレコーダは収集した音声を圧縮せずに録音するのが特徴で、高音質な音声を収集したい時に適しています。また集音用のマイクについても、ステレオ音声を強調するために高性能なものを搭載。値段としては通常型ボイスレコーダーよりも高い傾向にありますが、その分クリアで原音に近い音声を残せます。歌や楽器の演奏音を残すのにもおすすめです。

活用例

  • 音楽演奏の録音
  • 自然音(鳥の鳴き声、海辺の波音など)の録音

おすすめの通常型ボイスレコーダー

OLYMPUS V-863

高音質録音

工学・電子機器メーカーのOLYMPUSが販売するボイスレコーダー「V-863」。2つのローノイズ指向性マイクが90度外側に向けて配置されており、音源の方向や距離感までリアルに捉えてくれるのが特徴です。また録音レベルを自動で調整する「ボイスチェイサー」を搭載し、周囲の音の大きさに応じて最適な録音レベルを選択してくれます。

使いやすさを追求している点も特徴で、誰でも直感的な操作ができるシンプルな操作画面を搭載。加えて録音した日付からファイルを検索できる「カレンダーフォーマット表示」にも対応しており、音声の再生も容易です。録音性能と使いやすさ、両方を兼ね備えたボイスレコーダーですね。

本製品の録音容量は8GBとなっていますが、録音容量4GBの「V-862」という製品もあります。「V-862」の方が値段としては安くなるので、容量がそれほど必要ないという人はこちらを検討してもいいですね。

Panasonic RR-XS370

「RR-XS370」は大手総合電機メーカーパナソニックが販売するボイスレコーダーです。正面の音を強調する「センター強調クリアズーム録音」を搭載し、狙った方向の音声を確実に録音。講義やインタビューなど、特定の方向の音声を録音したい際に便利ですね。

「録音シーンセレクト」でシチュエーションに応じて最適な録音設定に切り替えられるのも特徴の1つ。「おけいこ」「会話」「講義」の3つの録音モードをその場で設定できます。細かい設定はよくわからないという人でも簡単に使えるボイスレコーダーです。

SONY ICD-LX31A

SONYの「ICD-LX31A」はSDカード保存に対応したボイスレコーダーです。16GBのSDカードが付属し、178時間の録音に対応。たっぷり録音したいという人も安心ですね。加えてSDカードを複数用意しておけば、さらに長時間の録音が可能となります。

卓上操作が可能なシンプルなデザインもポイントと言えるでしょう。本体に傾斜がついているので、置いたままでも簡単に操作ができます。また再生・録音ボタンが大きめに設計されているので、押し間違えの心配もありませんね。シンプルなボイスレコーダーが欲しいという人にもおすすめの製品です。

おすすめのペン型ボイスレコーダー

OLYMPUS VP-15

OLYMPUSの「VP-15」は、小型でありながらも高音質な録音に対応しているのが特徴です。「全指向性ステレオマイク」を搭載し、あらゆる方向から音声を収集。加えて「こすれ音フィルター」によりポケットの中でのガサゴソ音を低減してくれるので、胸ポケットに入れながらでもクリアな音声が録音できます。

使いやすさにこだわりがあるのも魅力の1つ。スライドスイッチを上げるだけで録音が開始されるので、録音のタイミングを逃しません。加えてセルフタイマー録音にも対応しており、インタビューや商談の際も便利です。小型で使い勝手のよいボイスレコーダーを探している人にぴったりですね。

Panasonic RR-XP009

イメージ図 胸ポケットに入れてスマートに録音

パナソニックが販売するペン型ボイスレコーダーがこの「RR-XP009」です。「ステレオ強調録音」が特徴で、コンパクトでありながら立体感のある音を再現。雑音が多い環境でも、クリアで聞き取りやすい音を録音でき、コンパクトなペン型ボイスレコーダーでも、集音性が落ちる心配がありません。

語学学習との相性がよいのも本製品の特徴のひとつ。指定区間をワンタッチで繰り返し再生できるので、英語のシャドーイング(お手本の音声を真似して音読する学習方法)にも最適ではないでしょうか。MP3の音楽ファイルはパソコン経由で簡単に取り込めるので、音楽プレイヤーとして使ってもいいですね。コンパクトでも、用途が幅広いボイスレコーダーです。

SONY ICD-TX650

SONYの「ICD-TX650」は薄さ7.4mmのスリムなボディが魅力のペン型ボイスレコーダーです。重さも約29gと軽量なので、胸ポケットに入れたままでも違和感がありません。持ち運び用のボイスレコーダーとしてぴったりですね。

録音容量は16GBと、スリムなボディにも関わらず大容量です。128kbpsでの保存であれば約268時間の録音に対応し、これ1台でたっぷり使えます。

スリムなボディでも録音音質にこだわっており、高性能デジタルマイクで小さな音もしっかりと集音。コンパクトさと録音性能の両方を求めたい人にぴったりのボイスレコーダーです。

おすすめのリニアPCM型ボイスレコーダー

OLYMPUS LS-P4

OLYMPUSが販売するリニアPCM型ボイスレコーダー「LS-P4」は、音楽演奏の録音に優れた製品です。集音用のマイクはステレオを強調するための指向性マイク2つと、低域に強い無指向性マイク1つで構成。幅広い音域まで集音し、その場で流れているそのままの音楽を録音します。

また音声データを重ねて録音する「オーバーダビング」にも対応。楽器演奏に歌を重ねて録音したいときなどに便利ですね。録音データの必要部分のみを切り出すトリミング機能も備えているので、音声の編集も簡単に行えます。音楽演奏の録音のためにボイスレコーダーが欲しいという人におすすめの製品です。

SONY PCM-A10

オーディオ機器の品質に定評のあるSONYが販売するリニアPCM型ボイスレコーダーが「PCM-A10」。平行・外側・内側と向きを変えられる可動式マイクを搭載しており、外側に向ければ広がりのある録音、内側に向ければ奥行きのある録音が可能です。シーンに応じてマイクの角度を調整すれば、環境を問わず良好な録音音声が得られます。

本製品はBluetoothによるスマホとの接続にも対応しており、遠隔でのボイスレコーダーの操作・確認ができます。手の届かないところから録音をスタートしたり、録音内容を確認したりできるので、使い道が広がりますね。録音品質と機能性、両方にこだわりたい人にぴったりのボイスレコーダーです。

TASCAM DR-40X

DR-40X

「DR-40X」は音響機器メーカーTASCAMが販売するリニアPCM型ボイスレコーダーです。外部機器との接続性に優れているのが特徴で、外部マイク入力やXLR/TRSコンボ入力にも対応。各種オーディオ機器と接続して、本格的な音声録音ができます。加えてパソコンやiOSデバイスとの接続にも対応しており、動画撮影やライブ配信時のマイク代わりにもなります。

録音したデータの分割やレベルの調整といった編集をボイスレコーダー単体で行えるのも便利なポイント。録音してすぐにデータを処理したい時に役立ちますね。操作も簡単で、初心者からプロまで本格的な録音ができるボイスレコーダーです。

まとめ

会議や打ち合わせの音声録音から、本格的な音楽演奏の録音まで、ボイスレコーダーはさまざまなシチュエーションで活躍します。また日常生活においても「あ、ちょっと音声でデータを残しておきたい」というシーンは何かと多いので、ボイスレコーダーは常に1台持ち歩いておきたいですね。

そんなボイスレコーダーですが、近年は用途や予算に応じで各社からさまざまな製品が販売されています。各製品の仕様や特徴をよく比較して、最適な1台の購入を検討しましょう。