おすすめのホームベーカリーを価格帯別に8選|人気モデルを徹底比較

シェアする

自宅でのパン作りに欠かせないものと言えばホームベーカリーですよね。焼きたてのパンが毎朝食べられるということで、最近人気が高まっている調理家電の一つです。

最近はパン以外にも麺の生地や甘酒など作成できる製品も多く、家庭に1台あれば料理のレパートリーを広げてくれますね。材料を全て自分で選ぶことができるので、食材にこだわりたい方にもおすすめです。

そこで今回は数多くのホームベーカリーの中からおすすめの製品を厳選。1万円以下、1万円以上2万円以下、2万円以上と製品の値段ごと3つの分類に分けて詳しく紹介していきたいと思います。

1万円以下のおすすめホームベーカリー

MK ふっくらパン屋さん HBS-100W

2回のねり工程と4段階の発酵を行うことでイースト菌の力を最大に引き出し、しっとりフワフワのパンを作り上げてくれるMKのHBS-100W。塩麹パンやフランスパンなど多ジャンルのパンを作ることができるほか、ジャムやヨーグルトなど全部で18種類のメニューを内蔵しています。中華マンや麺類生地用のメニューも搭載しているので、パン以外の料理にも幅広く活躍してくれますね。

ミックスコールが付属されており、ブザー音で具材を入れるタイミングを教えてくれるので、わざわざ自分で時間を管理したり常に調理の様子を確認したりする必要もありません。

HBK-100Wは容量1斤サイズの製品ですが、より大きいサイズがお好みの方には1.5斤サイズのHBK-152Wがおすすめ。内蔵されているメニュー数も32種類とより豊富になっているので、料理のバリエーションがよりアップすること間違いなしです。

製品寸法 幅×奥×高(cm)

25×33×27.5

容量

1斤(280g)

ツインバード PY-E635W

食パンのような多種類のジャムとも相性が良く、料理にも活用できるパンはたくさんの量が欲しいけれど、スイートパンなどのアレンジパンは少量だけ作りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ツインバードのPY-D635Wは、材料の量さえ調整すれば1斤と1.5斤の2サイズに対応できる優れもの。

こね・発酵・焼きは独立したメニューとしても利用できるので、食感や焼き具合などを好みでカスタマイズしながらパン作りを楽しむことができます。15時間タイマーを搭載しているので、前日の夕方頃に仕込んでおけば朝に炊きたてのパンを味わうこともできますよ。

糖質制限を行いたい方にはブランパン専用のメニューが搭載されているPY-5634Wがオススメ。ブランパンを使用した2週間分のレシピブックも同封されているので、ただ自宅で楽しめるだけでなく、料理のレパートリーが増える点もおすすめのポイントです。

製品寸法 幅×奥×高(mm)

約240×350×280

容量

食パンの場合:1.5斤/1斤

1万円以上2万円以下のおすすめホームベーカリー

パナソニック SD-MB1

パンの中身(クラム)にこだわりたい方にオススメなのが「パン・ド・ミ」メニューを内蔵しているパナソニック SD-MB1。価格.comの売れ筋ランキングでも1位を獲得している人気商品です。

食パンなどの基本的なメニューはもちろん、ピザ生地や生チョコなども作れる全20種類のオートメニューを搭載。パンを美味しく作るためには本来温度・湿度によって具材の量や発酵時間を調整する必要がありますが、本体に備えつけられた室温・庫内温度をセンサーで発酵を自動管理することで、季節が変わっても1年中美味しいパンを作りあげることができます。

イースト自動投入機能でグルテンが十分に生成された生地にイーストを投入することにより、パン屋さんのパンに負けない柔らかな仕上がりに。レーズン・ナッツ容器も内蔵しているので、ドライフルーツ・ナッツ・ベーコンなどをスタート前にあらかじめセットしておけば自動で混ぜ込んでくれるのも便利ですね。

製品寸法 幅×奥×高(cm)

約24.1×30.4×32.7

容量

1斤

siroca 全自動ホームベーカリー SHB-111・122・722

ご家族でたっぷり焼き立てパンを楽しみたい方には1~2斤サイズまで作成できるsirocaの製品がオススメです。sirocaのホームベーカリーは複数のモデルがラインナップされていますが、SHB-111・122・722の3製品が主要モデルですね。

どれでも基本的なパン・麺類のオートメニューを搭載。13時間のタイマー機能もついているので、夜に具材を入れてセットしておけば朝に炊きたてホカホカのパンを楽しむことができますよ。上位モデルにあたるSHB-722ではオートメニューの数がSHB-111・122の17種類から29種類にアップ。なんと生キャラメルやフレッシュチーズ作成メニューも内蔵されておりヨーグルトやバターの作成もできるため、乳製品好きの方に最適な製品と言えますね。

SHB-111と122の違いはマナーモードが搭載されているかどうかのみ。操作音やブザーを消したいという人や夜間に稼働させるという人は、マナーモード付きの122を選ぶと良いですね。

SHB-111・122とSHB-722の金額差は1万円ほど。作りたい料理のメニュー有無やご自身の生活スタイルにどの製品が合うか検討してみてくださいね。

製品寸法 幅×奥×高(cm)

SHB-111/28×32×29.5

SHB-122/28×32×29.5

SHB-722/26×36×31

容量

1~2斤

タイガー魔法瓶 やきたて KBY-A100

底面と側面それぞれにIHヒーターを取り付けており、従来のホームベーカリーではできなかった細やかな温度管理を実現しているのがタイガー魔法瓶のKBY-A100。発酵温度を一定に保ったのち、高火力で焼き上げることでパリパリの薄皮とふわふわの中身を楽しめるパンを作り上げてくれます。室温・庫内温度・生地温度の3つのセンサーが搭載されており、生地温度をしっかりと管理してくれるので1年中安定した仕上がりのパンを楽しめますよ。

ホームベーカリーではなかなか作るのが難しい角食パンの作成もこの製品なら可能。トマトやレタスなどをたっぷりつめたサンドイッチや、バニラアイスとハチミツでハニートーストを作ればSNS映えも抜群ですね。

27種類の多彩なメニューだけでなく、79個のレシピが掲載されたクックブックも同封されているので、料理の幅を広げたい方には最適な1台と言えるのはでないでしょうか。

製品寸法 幅×奥×高(cm)

22.9×20.9×32.3

容量

1斤

象印 パンくらぶ BB-SS10

象印のパンくらぶBB-SS10は、神戸にある人気の食パン専門店「地蔵家」の協力のもと製造されたホームベーカリー。底面に内蔵した高火力のヒーターを利用し一気に加熱することで、ミミまでしっとりと柔らかいパンを作り上げてくれます。

「イース少なめコース」を使用すれば、わずか1gのイーストでパンの作成も可能。イーストの香りが苦手な方、素材の香りを楽しみたいという方には最適なコースのある製品と言えますね。

コネ・発酵・焼きの3つの工程を自由に調整できる「ホームメイド」コースも搭載。イングリッシュマフィンやハンバーガーバンズなど、通常のコースではなかなか作成が困難なこだわりレシピも自分で作ることができます。

表面のふたにコース名が全て記載されているので、わざわざ取扱説明書を見ながら設定を行う必要もなく、簡単手軽に使える製品となっています。

製品寸法 幅×奥×高(cm)

22.5×31.5×34.5

容量

1斤

2万円以上のおすすめホームベーカリー

タイガー魔法瓶 GRAND X やきたて KBD-X100

「五感に響きわたる、おいしさと上質感を。」をテーマに製品開発をしているタイガーの「GRAND X」シリーズ。そんな「GRAND X」シリーズの1つであり、農研機構との共同開発によって食物添加物を使用せず、家庭で米粉100%のふっくりとした食パン作成を実現した製品がKBD-X100です。

IHシステムで庫内の温度を徹底管理し、最高温度200℃の熱で焼き上げることで、ふわふわしっとりパンから薄皮が香ばしいパンまで幅広い仕上がりを楽しめます。3つのセンサーと冷却ファンを内蔵しているので、季節によってパンの質感が変わってしまうこともありません。

無塩食パンメニューや、大豆を生のまま粉にした大豆粉を使用した食パンメニューも搭載しているので、自然派の食事がお好みの方にはピッタリ。ピザ生地やうどんなどのパン以外の調理も楽しめる万能製品となっています。

製品寸法 幅×奥×高(cm)

23.2×31.6×33.9

容量

1斤

パナソニック SD-MT2

SD-MB1と同様に「パン・ド・ミ」メニューモードを搭載しているパナソニックのSD-MT2。イースト自動投入機能と室温・庫内温度センサーの2つが内蔵されているので、その時々の生地の状態に最適なパン作りを行うことができます。

インバーターモーターを使用し、ねりのスピードを目的の食材によってコントロールする「達人ねり」を実現することで、38種類もの多彩なメニューが楽しめるようになっています。オートメニューで作成する場合は該当するメニュー番号を選択してスタートを押すだけ。ねりから焼きあげまで全自動で作ることもできますが、焼きをせずに取り出せば、動物パンなどのキュートな見た目のパンにもチャレンジできますね。

より安い値段で製品を購入したい方には旧モデルのSD-MT1がオススメです。機能・大きさはほとんど変わらないのでとてもお得ですよ。カラー展開はSD-MT2はホワイトのみ、SD-MT1はブラウンのみのため、好みの色やお部屋のインテリアに合う商品で選んでも良いでしょう。

製品寸法(cm)

24.1×30.4×34.7

容量

1斤

パナソニック SD-MDX101

パン作りをより自分らしく便利にカスタマイズしたいという方は、パナソニックのSD-MDX101を購入してみてはいかがでしょうか。ねり・発酵・焼きを4段階のレベルと時間設定で調整できる「マニュアル機能」、そして自分が設定したねりパターンを5つまで記憶できる「マイねり機能」と、ユーザーの好みに合ったパン作りができる便利な製品です。生地作りがより一層捗るだけでなく、パンのレパートリーも増えることでしょう。

取扱い説明書以外にレシピブックも付属されているので、初心者の方でも様々なパン作りに挑戦でるのが嬉しいポイントですね。

製品寸法 幅×奥×高(cm)

26.3×35.6×35.3

容量

1斤

ちなみに旧モデルであるSD-MDX100もまだ販売されています。「甘酒」メニューと「マイねり機能」は搭載されていませんが、それ以外にほとんど機能差はありません。より安く似た機能のホームベーカリーを手に入れたいという人は、こちらのモデルもおすすめです。

まとめ

ただパンを焼くだけでなく、パスタ生地やヨーグルト作成メニューなど複数のジャンルの調理ができるホームベーカリー。1台あるだけ料理のレパートリーをグッと増やしてくれる頼もしい家電製品ですね。メニュー内容や付属機能は1台1台様々なので、ぜひご自身の予算とライフスタイルに合った製品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

他にも様々なおすすめのキッチン家電・調理家電を紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

キッチン家電 | LifeStyle Lab
「キッチン家電」の記事一覧です。