iOS 12ではパスワードの入力が超便利に!他社製アプリでも自動入力ができ、1Passwordなどのパスワード管理アプリからの呼び出しも可能

シェアする

先日AppleのWWDC2018が開催されましたね。もともと開発者向けの会議であることから、今年は目新しいハードウェアの新製品発表はなく、次期OSとなるiOS 12やmacOS mojave、watchOS 5など、ソフトウェア関係のアップデート内容がメインとなりました。

新たにmacOSにダークモードが追加されたり、watch OSにトランシーバー機能が追加されたりと、多くの新機能が発表されたWWDCですが、やはり最も注目なのはiOS。ショートカット機能やAR技術を使った純正メジャーアプリなど、便利機能が多く紹介されましたが、特に私が注目したのはパスワード関連の新機能です。

最近はどんなアプリ/サービスを使うにもパスワードが求められ、管理も大変になってきていますよね。そんな増え続けるパスワードをiOS 12ではより手軽で便利に扱えるようになりそうですよ。WWDC2018で発表されたパスワード関連の機能強化については以下のような感じになっています。

iCloudキーチェーンが他社製アプリでも利用可能に

現在のiOS/MacにはiCloudキーチェーンという機能が備わっています。これはSafariを使ってアクセスしたWebサイトのユーザー名やパスワードを保管し、iCloudによる同期をおこなうことで、同一のAppleIDを使ったApple端末(iPhone/iPad/Mac)間でパスワードの自動入力を可能にするシステムのこと。

今でもこの機能は非常に便利で、Webサービスなどを使う時には大活躍してくれていたのですが、パスワードの作成や保管に対応しているのがSafariだけというのが唯一の不満点でした(他社製アプリからの保管済パスワード呼び出しは、iOS 11から可能)。しかしiOS 12では遂にその機能が他社製アプリにも解放されます。

他社製アプリから新たにアカウントを作成する際にもパスワード候補が提案され、それを承認することでiCloudキーチェーンに保管、次回ログイン時には認証によるユーザ名とパスワードの自動入力が可能になるようですね。

1Passwordなどのパスワード管理アプリとのシームレスな連携

iOS 12に新たに追加されるのはPassword Manager API(Password AutoFill)と呼ばれるもの。これを使うことで他社製アプリで管理されているパスワードも、自動入力の際に呼び出して使うことができるようになります。

従来のパスワード自動入力は、Safariからログイン名やパスワードをiCloudキーチェーンの保管し、それを呼びだす形でしたが、これでiCloudキーチェーンに保管されていないパスワードも自動入力することができるようになりますね。

実際に私もSafariから登録していないようなWebサービスやアプリがたくさんあり、今まではパスワード管理アプリである1Passwordを起動してユーザー名をコピー、アプリを移動してペースト、また1Passwordに戻って今度はパスワードをコピー、移動してペースト、という煩わしい作業に不満を持っていました。これがアプリ移動を必要とせず、iCloudキーチェーンのようにシームレスに使えるようになるというのは、非常に便利だと思います。

すでに1Passwordの開発会社であるAgileBitsは、早速Password Manager APIに対応させたデモ動画をTwitterで公開しており、これを見ても非常に手早くパスワードが自動入力されている様子が確認できます。

Safariだけでなく他のアプリからも、パスワード管理アプリを呼び出して自動入力が可能になるようです。恐らくiOS 12のリリースのタイミングには、対応版の1Passwordが出てくると思われますので、その時が非常に楽しみですね。

2段階認証にも自動入力が対応

Source:9to5Mac

サービス利用時のセキュリティの向上を目的として、今はよく使われる2段階認証(2ファクタ認証)。セキュリティ面を考えればもちろん重要な認証方式であることはわかっていますが、やはりその手間を考えるとやや面倒に感じてしまいますよね。

WWDC2018では触れられていませんが、そんな面倒な2段階認証もiOS 12では自動入力が可能になるようです。2段階認証時に送信されてくるSMSメッセージから自動的に認証番号を読み取り、それを自動入力の手段として使えるようになるというわけですね。上の写真でも実際に、パスワード入力画面でQuickTypeバー(キーボードの上部)に「メッセージから」という項目が表示され、それをタップすることで自動入力されている様子がわかります。

セキュリティを低下させることなく、より便利に各種サービスへログインできるようになるこの仕組みも、iOS 12で追加される注目機能の1つだと思います。

まとめ

今回はiOS 12で新たに追加、機能強化されるパスワード関連機能の紹介でした。アカウント乗っ取り事件などが世間を騒がせるようになってから、パスワードの重要性が再認識されるようになり、今では1人で何十個ものパスワードを持っていることが当たり前になっていますよね。

より便利になるOSの機能やパスワード管理アプリとのシームレスな連携は、複雑化するパスワードの管理や入力を、セキュリティを下げることなく手軽にしてくれるものになっています。そんなiOS 12ですがリリースは今秋の予定。登場を楽しみに待ちたいと思います。

パスワード管理アプリの非常に便利ですし、これからさらに使い勝手が向上しそうですので、まだ使っていない人はぜひこちらも検討して見てくださいね。

1Password

1Password
開発元:AgileBits Inc.
無料
posted withアプリーチ