これは便利!BELKINのイヤホンスプリッター「ロックスター」を使えば音楽のシェアや複数音声のミックスが可能に

シェアする


オンライン接続が可能なゲームが登場してゲームの楽しみ方も随分と変わりました。例えばスプラトゥーンや来春発売予定のモンスターハンターワールド等マルチプレイ対応ゲームでボイスチャットでやりとりすることも多いと思います。またスマホやタブレットの普及でどこでもムービーが見れるようになったため、音の出せない場所(電車等)で複数人でイヤホンを共有して1つのムービーを見るこ音ともあると思います。今回はそんな時に役立つイヤホンスプリッターと呼ばれる製品「BELKIN ロックスター」を紹介したいと思います。

BELKIN ロックスターの特徴

BELKIN ロックスターはいわゆるパッシブ型のイヤホンスプリッター(音の分配器)になります。ただこのロックスターの最大の特徴としては音を分配するだけでなく、逆にミックスも可能な点です。出力と入力どちらにも対応していることで、様々なシーンやシチュエーションに対応することができる便利グッズです。

音のシェアが可能

ロックスターには5つの3.5mmイヤホンジャックが付いています。これにより1つの音源を5つまで分配して出力することが可能になります。例えば電車の中、タブレットで映画を家族で見ようと思った際に、音声をどうするかは悩みどころですよね?そんな時にこの製品を使えば最大で5人まで音声を聞くことができます。
また仕事関係のプレゼンや打ち合わせでムービーを見ることもあると思います。大音量を出してもいい場所ならそのままスピーカーで再生できますが、喫茶店や作業フロアで再生する場合はあまり大きな音も出せません。そんな時にもロックスターがあればしっかりと音と映像を合わせて確認することができます。

音のミックスも可能

ロックスターの便利な点は分配とは逆にミックスも行えることです。ミックスというとあまり馴染みがないかもしれませんが、要は複数の音声をまとめて1つのイヤホン(スピーカー)から出力するということですね。スプラトゥーンやモンスターハンターのように友人と会話をしながらマルチプレイで遊ぶようなゲームで、ゲーム音を聞きながらボイスチャットも可能になります。好きな音楽を聞きながらゲームのアクション音も聞くというような使い方もできますね。あとは楽器の練習でも使えそうですよね。音源やクリック、ドラム音と自分の出す音をミックスして聞くことが可能になります。他にもミックスとは少し違いますが1つのスピーカーに複数台のPCや再生機を繋いでおけば、毎回繋ぎ変えなくても同じスピーカーで再生ができるようになりますね。

注意点

ロックスターはパッシブタイプのスプリッターになります。そのため繋ぐイヤホンの数によって出力(音量)が減衰していきます。これは再生側の音量を上げることで解決しますが、繋がっているイヤホンの数が少なくなると音量が急に大きくなったりしますので、注意してください。またスカイプ等のボイスチャット用マイクを繋ぐ場合は下記のような4極端子への変換アダプタが必要になります。

というわけで今回はイヤホンスプリッターの紹介でした。これが一つあれば色々なシチュエーションで色々な使い方ができて非常に便利です。音のシェアもできて逆の発想でミックスもできてしまうという、あまりないお手軽便利グッズですので、1台持っておいても損はないのではないでしょうか。