本日リリースの「iOS 11」早速iPhoneにインストールしてみたので注目の新機能と使い方、変更点を厳選まとめ

シェアする

iPhone/iPadユーザー待望の最新OS「iOS 11」が本日9/20 AM2:00から配信されています。早速手持ちのiPhone 6SをiOS 11にアップデートしましたので以前のOSからの変更点や新機能をレビューしたいと思いますが、全ての機能をレポートするのは難しいため個人的に「凄い」「便利」と思ったものを厳選してお届けします。

iOS 11にアップデート

インストールの前に

今回アップデートの対象となっている端末はiPhone 5s以降に発売されたiPhone、iPad Pro全モデル/iPad Air〜Air2/iPad(第5世代)/iPad mini 2〜4、そしてiPod touch(第6世代)となります。これ以前に発売された端末はアップデートできませんのでご注意ください。

アップデート時には恒例ですが必ずバックアップを取ってからおこなうようにしてください。バックアップはiCloudバックアップかMac/PCのiTunesでおこなうことができます。

また今回のiOS 11で32bitアプリの対応が完全に打ち切られることになります。32bitアプリは起動自体できなくなりますので普段使っているアプリで32bit版のものがある場合は、デベロッパの対応を待つか代替アプリを探すようにしましょう。

iOS 11未対応アプリは設定>一般>情報から「App」という項目を選択することで確認できます。このリストに並んでいるものは32bit版のためiOS 11では起動できません。アプリをタップするとAppStoreに飛ばされてデベロッパの対応が必要と表示されるか、Storeからも消えている場合はその旨のメッセージが表示されます。

アップデートの方法

アップデートの方法は2種類、WiFi接続によるワイヤレスアップデートかiTunesから有線でおこなうことができます。よくiTunesからのアップデートの方が失敗が少ないと聞きますが今回はワイヤレスアップデートで問題なくアップデートできました。

ワイヤレスの場合は電源に繋いだ状態で設定>一般>ソフトウェア・アップデートを選択するとiOS 11の案内が出ていると思いますのでそちらからダウンロードとインストールをおこなうことができます。

容量は1.9GB、私の環境では2分ほどでダウンロードが終わり端末の再起動>インストールが開始されました。全体で15分程度でアップデートが完了しようこそ画面になっていたと思います。

注目の新機能

純正のファイルアプリが追加

ようやくと言ってもいいかもしれません、遂に純正のファイルブラウザアプリが追加されました。と言っても現時点では端末内の全てのファイル管理が可能になるわけではなくiCoudやDropBox等のオンラインストレージ内のファイルをまとめて一元管理できるアプリのようです。ベータ版では端末内のファイル管理もできていたようなので今後のアップデートで機能追加される可能性はあると思います。

少し触ってみましたがオンラインストレージ間のファイル移動なんかはできませんのであくまでも各オンラインストレージを1つのアプリ内で確認できるレベルだと思います。

キーボードに片手用キーボードモードが追加

これは地味に嬉しい気がします。キーボードを左右に寄せて片手での入力が楽になるモードが追加されました。最近の端末の大型化で片手でのキーボード操作が難しくなり無理に片手で使うと端末を落としたりするリスクもありましたので、大いに活躍できる機能だと思います。iPhone XやiPhone8Plusを使用する際には非常にありがたい機能になりそうですね。

片手用キーボードの出し方ですが通常のキー入力画面で左下の地球儀アイコンを長押しで切り替えができるようになります。一度片手モードにすれば他のアプリでの文字入力の際にもそのままのモードを維持して入力ができるようでした。

カメラの進化 Live Photosにエフェクト追加とQR対応

カメラでの写真撮影の際に前後の数コマを記録することで動く写真を作ることができるLive Photosですが、新たに「ループ」「バウンス」「長時間露光」の3つのエフェクトが追加されました。

ループは連続再生、バウンスは再生/逆再生の繰り返し、長時間露光はその名前のまま写真を繋げて長時間露光で撮影したような1枚の静止画を生成してくれます。使い方はLive Photosで撮影した画像を選択した状態で上にスワイプすると下部にエフェクトの項目が出てきますのでそれを選択すれば適応されます。

試しに我が家の愛犬で試してみましたが結構面白いプチ動画が作れそうです。

また純正カメラアプリがQRコードに対応しました。今までQR読み取りの際は専用アプリを使うことが多かったので、カメラアプリで完結できるようになったのは嬉しいですね。

9/21追記:写真アプリのメモリー機能が進化していました。詳しくはこちらをどうぞ。

【iOS 11】ペットもイベントも賢く見分けてコレクションを作る進化した写真アプリのメモリー機能が感動的でスゴイ
前回、iOS 11で追加された新機能をいくつかピックアップして紹介しました。その後iPhoneを使っていて進化した写...

メモアプリで書類スキャンが可能に

メモアプリに新機能である書類カメラが追加されました。新規メモの画面で下の+ボタンを押すと「書類をスキャン」が選べるようになります。これをタップするとカメラが起動するのですが、書類を自動で判別してその部分だけを切り抜いて保存が可能になります。いくつか試してみましたが背景が複雑でなければしっかりと判別してくれますし、なかなか便利な新機能だと思います。

以前のOSからの変更箇所

コントロールセンターと画面収録機能

何かと便利なアクションが集約されているため使う機会が多いコントロールセンターですが、より使いやすいインターフェースに変更されています。またUIだけでなく設定からのカスタマイズも可能になっていますのでただでさえ便利だったコントロールセンターがより便利に使えるようになりました。

カスタマイズの方法は設定>コントロールセンターから「コントロールをカスタマイズ」を選択することで可能になり、Walletやアラーム、メモ等対応アクションを追加することができます。

またここで新たに「画面収録」機能を追加して使用できるようになりました。画面収録はiPhone/iPadの操作画面がキャプチャできる機能ですので使い方のレクチャーやゲーム/アプリのプレイ動画の配信が手軽にできるようになりますね。

スクリーンショットがさらに便利に

スクリーンショットも改良され撮影後左下にサムネイルがしばらく表示されることになりました。これは左スワイプで消すことができますが、タップすると文字を書き込んだりできる編集画面を開くことができます。スクリーンショットを撮る時は人に何か情報を伝えたい時が多いと思いますので、使う機会が多そうです。

AppStore

AppStoreも大きくUIが変更になりました。Todayという名称のおすすめアプリの紹介やガイドが最初に表示されるようになり、ゲームは一つのタブに独立することになりました。

まとめ

以上、個人的に使用頻度が高く便利になると思われるiOS 11の新機能をピックアップしてレポートしてみました。まだまだiOS 11には新機能や改良、変更点がありますので今後も便利だと思う機能を見つけた際はまたレポートしたいと思います。