旅行好きにもおすすめ 高コスパクレジットカード MUFGプラチナ・アメックスを使って生活の質をランクアップ

シェアする

日本ではまだまだ現金主義の人も多いですが、電子マネーやスマホの普及でクレジットカードを所持している人も増えてきました。私も最近はほとんどの買い物で電子マネーかカードでの支払いをすることが多く、海外旅行の際も現地通貨に両替するのは少額ですませるようにしています。(余ったお金の再両替面倒ですしね)

そんな私が今メインで使用しているカードの一つがMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードです。(長い名前ですね)プラチナカードながら高コスパでサービスが充実しており非常に使いやすいカードですのでその特徴とメリットを紹介したいと思います。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとは

名前が長いのでMUFGプラチナと略します。MUFGプラチナカードの発行元は三菱UFJニコスです。決済の国際ブランドはアメリカンエキスプレス(AMEX)で日本国内ではJCBと提携しているためJCB加盟店でも利用できます。カードのランクとしてはプラチナになりますが、インビテーション(カード会社からの招待)を待つことなく自分で申し込みが可能なことに加え、年会費は21,600円とこれもプラチナカードとしては安い部類になりますので、比較的所持しやすいカードだと思います。

MUFGプラチナカードの最大のメリット

カードの細かい説明や詳細なサービス内容は発行元のサイトや他のカードレビュー記事なんかでたくさん書かれていますのでそちらを参考にしてもらうとして、ここでは実際に使用している私個人が思う一番のメリットや特に使えると思うサービス等をピックアップしてまとめたいと思います。

そもそも年会費無料やポイント還元率の高いカードがたくさんある状況で、わざわざそれなりの年会費を支払ってプラチナカードを所持する意味とは何でしょうか?例えばステータスの高さの証明であったり純粋な所有欲であったり答えは人によって変わってくると思います。私の場合は見栄を張りたいという気持ちももちろんちょっぴりありますが、それよりも年会費以上のメリットを感じて所持しています。年会費的にそこまでステータスを誇示できるカードでもないですし、暮らしがそれに見合ってなければステータスでも何でもないですしね。

プライオリティ・パスが無料で発行

私が考えるこのカードの一番のメリットはこのプライオリティ・パスの無料発行です。プライオリティ・パスというのは空港にあるVIPラウンジが使い放題になるカードです。搭乗予定の航空機や座席のクラスに関係なく利用が可能で、ラウンジには飲み物や軽食、WiFi、電源等が用意されています。国際線では特に空港での待ち時間をもてあますことが多いので、非常に助かるサービスですが、これを普通に取得しようとすると年間399ドル(プレステージ会員)が必要になります。つまりカードの年会費21,600円で40,000円近くのサービスが利用可能になるということで、これだけで年会費をペイできてしまいます。

さらにこのプライオリティ・パスですが家族1名分が無料で発行できます。正確に言うと家族会員分の発行が無料ですので、MUFGプラチナカード本体で家族カードをまず発行してそのカードに対して申し込むと言うことになりますが、このカード本体の発行も1名分は無料です。本人分の年会費でプラチナカード2枚(本人/家族)とプライオリティパス2枚(本人/家族)が所持できるということですね。

空港ラウンジを使ったことがない人はぜひ一度使ってみてください。結構快適ですのでこのカードの良さが実感できると思います。ちなみにプライオリティパスのアプリもありラウンジの場所や提供サービス等が確認できますので、パス所持者は入れておくといいですよ。

Priority Pass

Priority Pass
開発元:Priority Pass Ltd
無料
posted withアプリーチ

プラチナグルメセレクションが利用可能

これも私が実感したメリットのひとつです。プラチナグルメセレクションというのは指定の国内レストランでの食事代が2名以上の利用で1名無料になるサービスです。もちろん指定のレストランが限られているうえ結構良い値段のするお店が多いですので、お得とは言い切れないですが、結構予約の取りづらい有名レストランが含まれていたり定期的にリストが新しくなったりで利用する価値はじゅうぶんにあると思います。記念日なんかに夫婦で食事というような使い方が多いですかね。

少し前まで電話でコンシェルジュに電話してレストランや予約日を伝え折り返しの連絡を待つという少しめんどくさいやり方だったのですが2017年8月7日(月)よりWEB予約サービスが導入されてより便利に使えるようになりました。

デュアルスタイルで別ブランドのカードが持てる

これも私にとっては結構重要なメリットのひとつです。デュアルスタイルというのはメインのMUFGプラチナとは別に安い年会費で2枚目の別の決済ブランドのカードが発行できるサービスです。最近ではAMEXも利用可能な店が増えていますがやっぱりVISA/Masterのブランドも1枚は持っておきたいですよね。ですのでこのサービスを利用することでAMEXの豊富なT&Eサービス(旅行とエンターテイメントに特化したサービス)の恩恵を受けつつVISA/Masterの幅広い決済ネットワークも使えるようになります。2枚目の年会費はゴールドプレステージが¥10,000→¥2,000にゴールドも¥1,905→¥250と割引されますのでお得にサブカードの所持が可能です。

またデュアルスタイルにするだけで最初の3ヶ月はポイント3倍、それ以降も国内利用で1.5倍/海外利用で2倍になりますので使わない手はないです。

あとは完全に個人的なことなんですが、決済内容に応じてカードを分けておきたいという時に便利です。私の場合は事業用とプライベート用で分けていてデュアルスタイルで追加発行したカードを事業用にしています。こうしておくことで事業用の支出が1枚のカードにまとまるので会計処理の際にとても楽になります。

もう1点、実は残念なことにMUFGプラチナはApplePayに対応していません。が、このデュアルスタイルでVISA/Masterを持つことで実はApplePayが利用可能になります。iPhone使いの電子マネー派の私にとってはこれも大きなメリットです。

MUFGプラチナカード 他の便利なサービスや特徴

便利な付帯サービスがありすぎてここで全てを紹介はできませんが、自分にとって優先度が高い内容をピックアップします。

手荷物空港宅配サービス

これも旅行系サービスのひとつですね。サービス内容は出国宅配、手ぶらチェックイン、コート預かり、入国宅配になります。どれもカード会員1人に対して1個(着)まで、手ぶらチェックインは日本航空国際線(アメリカ便除く)という制限つきですが、便利なサービスだと思います。特にコート預かりはなるべく荷物を減らしたい海外旅行の時には重宝すると思います。ちなみに私はめんどくさがりで旅行当日までパッキングしないことが多いので宅配サービスはあまり使ったことがありません。

充実の付帯保険

これもありがたいサービスですね。海外旅行で1億円、国内旅行で5,000万円が最大で補償されますし、飛行機や預け手荷物の遅延等で宿泊や食事の費用が発生した場合は2万円まで補償されます。他にもショッピング補償は年間300万円、犯罪被害障害補償も最高1,000万円付いています。海外滞在時でも24時間対応のコンシェルジュサービスもありますし、とりあえず旅行の時は忘れず持って行きましょう。

まとめ

以上が私の考えるこのカードの特に便利なポイントになります。他にも便利なサービスがたくさんありますが書ききれないので公式サイト等を参考にしてみてください。意外にマイル還元率が高いという噂ですし限度額も最大500万円と色々な人が便利さを享受しやすいカードだと思います。

私のようにちょっぴり見栄も張りたい、でもそれ以上にサービスのメリットが欲しいという人にはメインカードにする価値のあるカードだと思います。