おすすめのバランストレーニンググッズ7選|自宅で体幹を鍛えられるグッズを厳選紹介

シェアする

バランストレーニングとは、体幹を鍛え、バランス感覚を養うトレーニングのことを言います。スポーツのパフォーマンス向上につながるため、プロのアスリートも日常的に実践しています。加えて体型維持や怪我防止にもなるため、バランストレーニングは積極的に実施すべきです。

本記事では、おすすめのバランストレーニンググッズを種類別に厳選して紹介します。自宅で気軽にバランストレーニングを実施したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

バランストレーニンググッズの種類

バランストレーニンググッズは、あえて体が不安定になる状態を作り出し、体幹やバランス感覚を鍛えるアイテムです。具体的には、以下のようなアイテムがあります。

  • バランスボール
  • バランスボード
  • ストレッチポール

まずはそれぞれのアイテムの特徴を詳しく解説していきます。

バランスボール

バランスボールは、ゴムでできた球体型のバランストレーニンググッズです。弾力性があり、体重をかけても壊れません。

一番オーソドックスな使い方は、座って不安定な体勢を作り出す方法です。バランスボールは360°どの方向にも転がっていくので、腹筋や背筋を使ってバランスを取ります。椅子代わりにして、テレビを観たり仕事をしたりしながらトレーニングをするのもいいでしょう。

他にも応用的な使い方がたくさんあり、1つあるだけでさまざまなトレーニングができるアイテムです。

バランスボード

バランスボードは、上で立ち上がりながら使うバランストレーニンググッズです。立ち上がるとバランスボードが傾くので、体全体を使ってバランスを取ります。乗り方次第でトレーニングの難易度が変わるので、初心者から上級者まで使えるのが特徴。

またバランスボードは、他のバランストレーニンググッズよりもサイズがコンパクトです。室内で邪魔になりにくいので、気軽に購入しやすいバランストレーニンググッズですね。

ストレッチポール

ストレッチポールは、棒状のトレーニンググッズです。本来ストレッチ目的で使うアイテムですが、バランストレーニングにも応用できます。例えばストレッチポールの上に腕を置きながらの腕立て伏せや、体を預けて姿勢をキープするトレーニングなど。アイディア次第で、さまざまなバランストレーニングができます。

もちろん本来の用途であるストレッチに使ってもOK。ストレッチとバランストレーニング、2つの用途で使えるのが便利なポイントですね。

おすすめのバランスボール

primasole フィットネスボール

フィットネスブランドpromasoleが販売する「フィットネスボール」は、Amazonでカテゴリー内売り上げ1位を誇るバランスボールです。欧州玩具安全規格試験済みの本製品は、高い耐久性を有するのが特徴。耐荷重は300kgまで対応するので、激しめのトレーニングにも対応します。体格が大きい男性が使う際も安心ですね。

本体サイズは45cm・55cm・65cm・75cmの4サイズから選べます。体格や行いたいトレーニングに応じて、最適なサイズを選びましょう。

なお本製品には、空気入れもセットで付属します。自分で何かを用意する必要がなく、届いたその日から使えるのが嬉しいポイントですね。使わない際は付属の栓抜きを使い、空気を抜いておくこともできます。

豊富なカラーラインナップも本製品の魅力。5色のカラーが用意されているので、部屋の雰囲気や好みに応じて選びましょう。

値段も2,000円以下と手軽なので、バランスボールトレーニングを行う際の第一候補となる製品ですね。

東急スポーツオアシス バランスボール

スポーツジムでお馴染みの東急スポーツオアシスも、オリジナルのバランスボールを販売しています。スポーツジムでのレッスンや利用者の声から開発された本製品は、固定用リングが付属するのが特徴。固定用リングを使うとバランスボールが転がらなくなるので、トレーニングの難易度は下がります。バランストレーニングに慣れていない人や、高齢者が使う際にも最適ですね。また固定用リングを使えば長時間姿勢をキープしやすいので、テレビを観る際や仕事時の椅子代わりにしてもいいでしょう。もちろん固定用リングは取り外しができるので、普通のバランスボールトレーニングも行えます。

本製品にはエクササイズDVDも付属します。バランスボールを使ったトレーニングメニューをプロが分かりやすく解説してくれるので、知識がない人でもトレーニングが実施できますね。

本体カラーは8色と。豊富なラインナップ。デザインの選択肢が幅広いのも嬉しいポイントです。

気軽にバランスボールを使ってみたいという人におすすめの製品です。

おすすめのバランスボード

EveryMile バランスボード

EveryMileのバランスボードは、自宅で本格的なバランストレーニングにチャレンジできるのが特徴。底面が半円球状になっており、360°の回転と15°の傾斜角を実現しています。あらゆる方向へと本体が傾くので、腹筋や背筋への負荷も大きいです。

大きな負荷をかけられる反面、安全性にも十分に配慮されている点も魅力。表面に滑り止め防止用の凹凸が設けられており、足を滑らせる心配がありません。加えて高品質プラスチック素材を採用しているため、体重をかけてもしっかりと耐えてくれます。

本体直径は40cmと、部屋に置いても邪魔にサイズ感。加えて本体の両サイドには、取手部を搭載しています。片手でも簡単に持ち運べるので、家のさまざまな場所でトレーニングができますね。

自宅にいながら体幹やバランス感覚をしっかりと鍛えたい人に最適な製品です。

RGGD&RGGL バランスディスク

RGGD&RGGLが販売する「バランスディスク」は、空気を入れて使う伸縮性のバランスボードです。不安定なディスクの上に乗ることで、バランストレーニングを行います。上で立ち上がるだけでなく、腕立て伏せやスクワットなど、さまざまなトレーニングに応用できるのが特徴です。

本製品は座布団のようにお尻の下に入れ、姿勢矯正に活用することもできます。サイズも小さいので、職場に持っていってもいいですね。

本体表面はフラットデザインなのに対して、裏面には凹凸デザインを採用。凹凸は足つぼを刺激してくれるので、血流促進も期待できます。

素材には厚手のPVCを採用し、無毒無臭を実現。ゴムのような弾力を有しながらも、嫌なニオイがしません。加えて耐荷重は300kgに設定されているので、体格が大きい人や激しいトレーニングにも対応してくれます。

バランストレーニングと健康促進、どちらにでも使える便利な製品ですね。

Fungoal バランスボードPRO

Fungoalの「バランスボードPRO」は、スケートーボード型のバランストレーニンググッズです。ボードの底面には可動式のローラーを搭載。左に倒れそうであれば右へ、右に倒れそうであれば左へ、といった具合にバランスを取ります。スケートボードを使った遊び感覚でトレーニングが行えますね。動作自体はシンプルですが、下半身と上半身の両方を同時に鍛えられるのが特徴です。

安全性にも配慮されており、ローラーが飛び出さない構造を採用しています。小さな子どもに使わせる際も安心ですね。

本体長さは80cmと、バランスボールほど大きくなく、室内に置いても邪魔になりません。使わない際は壁に立て掛けられるのも便利なポイントですね。

楽しみながら気軽にバランストレーニングを行いたい人にぴったりな製品です。

おすすめのストレッチポール

KOOLSEN フォームローラー

KOOLSENが販売する「フォームローラー」は、コンパクトで使いやすい点が人気のストレッチポールです。片手で持てるサイズ感なので、部屋のどこでも使えますね。また収納ケースも付属するため、持ち運び用のバランストレーニンググッズとして購入してもいいでしょう。

軽量化のために円筒構造を採用していますが、超硬質PVC素材を用いることで、300kgの耐荷重を実現しています。見た目とは裏腹に、大きな荷重に耐えられるのも魅力ですね。

本体表面に大きめの凹凸が設けられている点も特徴。ストレッチの際に筋膜へと押し当てると、まるで指圧マッサージを受けているかのような感覚を与えてくれます。バランストレーニングのみならず、ストレッチにも活用できますね。

気軽にトレーニングとストレッチが行えるアイテムを探している人におすすめです。

primasole エクササイズポール

2019年に新たに誕生したフィットネスブランドprimasoleが販売するのが「 エクササイズポール」です。本製品は長さ98cmのロングポールタイプであり、上半身全体を乗せられるのが特徴です。アイディア次第で、バランストレーニングの幅が広がりますね。

本体素材には、適度な硬さと弾力を両立した発砲オレフィン系樹脂を採用。荷重をかけてもへたりにくく、1度購入すれば長くにわたって活躍してくれます。加えて合成皮革カバーで本体を包んでいるため、耐水性も優秀。汗がついてしまった際も、ササっと拭き取るだけで綺麗になります。

本体カラーはネイビー・ブラウン・アイボリーの3色展開。主調が少なく、部屋にもマッチしやすいデザインが魅力ですね。

使い勝手が良く、コスパに優れるストレッチポールを探している人に最適な製品です。

まとめ

バランストレーニンググッズがあれば、自宅でも気軽にバランストレーニングが行えます。体幹を鍛えたい人やバランス感覚を養いたい人は、ぜひとも用意しておきたいアイテムですね。

本記事では複数のバランストレーニンググッズを紹介しましたが、どれが最適なのかは目的や使用環境によって異なります。それぞれの製品を比較したうえで、自分に合ったバランストレーニンググッズを選びましょう。