おすすめの双眼鏡9選|コンサートからスポーツ観戦、天体観測まで、用途に応じた選び方と最適なモデルを厳選紹介

シェアする

「遠くのものを見たい」という需要から開発された双眼鏡。その誕生は400年以上前まで遡りますが、今もなお数々のメーカーが研究・開発を続けています。その結果、近年の双眼鏡は単に遠くが見えるだけでなく、より綺麗で鮮明な像が映し出せるよう進化していますね。

一方でさまざまな双眼鏡が登場し過ぎたあまりに、購入しようにもどれを選んだらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。実際双眼鏡は、どんな使い方をするのかによって最適な製品が変わってきます。

そこで今回は

  • コンサートやスポーツ観戦向け
  • バードウォッチング向け
  • 天体観測向け

という3つのカテゴリーに分けて、それぞれおすすめの商品を紹介。双眼鏡の購入で迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

コンサートやスポーツ観戦におすすめの双眼鏡

SuperSunny 10×22 Bak4

SuperSunnyが販売する「10×22 Bak4」は、軽量さを追求した双眼鏡です。本体重量は140gと、スマホと大差のない重量感。コンサートやスポーツ観戦で長時間覗き続けても手が疲れません。

レンズ部には目元にフィットするゴム製のカップを採用。使い心地が良いだけでなく、ぴったりと目元にフィットするので手ブレも軽減されますね。

脱着可能なネックストラップが付属するのも便利なポイント。ボタンを押すだけでネックストラップが外れるので、シチュエーションに応じて使い分けられます。

2000円程度で購入できるお得な価格設定も人気の理由です。コンサートやスポーツ観戦に出掛ける前に、コスパに優れた双眼鏡が欲しいという人にぴったりですね。

NIKON スポーツスターEX 10x25D CF

大手光学機器メーカーNikonが販売するのが「スポーツスターEX 10x25D CF」です。折りたたみ式のコンパクトタイプで、持ち運びに特化しているのが特徴。折りたたむと横幅がキュッと小さくなるので、カバンやポーチに入れても邪魔になりません。

見掛け視界角は65度以上と、広範囲を覗けるのも魅力ですね。コンサートやスポーツの会場においては、全体を広く見渡せます。

また本製品には防水機能が搭載されています。本体内部に窒素ガスが充填されているので、水が内部に侵入する心配がありません。野外で急に雨が降ってきたという時でも安心で、幅広いシーンで活躍しますね。コンパクトで使い勝手の良い双眼鏡を探している人におすすめです。

ちなみに本製品は10倍ズームですが、8倍ズームの「スポーツスターEX 8x25D CF」という製品もあります。用途と予算に応じて選択しましょう。

PENTAX Papilio II 6.5×21 WF

PENTAXが販売する「Papilio II 6.5×21 WF」は、カメラブランドの光学技術を活かした双眼鏡です。全レンズとプリズムの入光面にマルチコーティングを施し、明るくて見やすい視野を実現。拡大した対象物を鮮明に覗くことができます。

本製品はメガネをかけながらの使用にも対応しており、15mmのアイレリーフを確保している点もポイントですね。いちいちメガネを外さずとも、視野を狭めずに覗くことができます。

また遠くのものだけでなく近くのものを覗けるのも特徴で、約50cmまでのマクロ観察が行えます。近くのものを覗いた際は、対象物をよりくっきり立体的に表現。博物館や美術館に行ったときにも役立ちますね。コンサートやスポーツ観戦に限らず、幅広く使える双眼鏡です。

商品ラインナップとしては、6.5倍ズームの本製品だけでなく、8.5倍ズームの「Papilio II 8.5×21 WF」という製品もあります。よりズームできる双眼鏡が欲しいという人は、こちらの製品も検討しましょう。

Canon BINOCULARS 10×20 IS

カメラなどの光学機器開発に定評のあるCanonが販売するのが「10×20 IS」。同社の一眼レフカメラの技術を応用した、高度な手ブレ補正機能が魅力の製品です。双眼鏡本体の揺れを検知・演算し、レンズが最適な位置へと水平移動。手の微細な震えや呼吸に伴う体の揺れまで補正してくれます。

軽量でコンパクトなモデルでありながら、10倍ズームに対応している点もポイント。コンサートやスポーツ観戦にも最適で、動く人物を追いかける際の手ブレ補正も役立ちますね。

人工工学に基づいた設計も特徴で、手に馴染みやすいよう曲面デザインが採用されています。また表面にディンプル加工が施されているので、手のひら全体にぴったりとフィットします。

コンサートやスポーツ観戦用としては少々本体価格が高くなりますが、高機能な双眼鏡を使いたいという人に最適です。

バードウォッチングにおすすめの双眼鏡

KOWA SV25-8

KOWAが販売する「SV25-8」は、コスパに優れた双眼鏡です。1万円以下で購入できるモデルでありながら、防水機能を搭載。バートウォッチング中に突然雨が降ってきたときも安心して使えます。

レンズにマルチコートが施されているのも特徴の1つ。雨や曇りの日でも、鮮明な視野を実現します。

本体重量は260gという軽量設計でありながらも、口径は25mmと広い視野を有します。バードウォッチングの際も、鳥を見逃す心配がありません。またズーム倍率は8倍と、バードウォッチング用の双眼鏡として十分な役割を果たしてくれます。低予算で使い勝手の良い双眼鏡を探している人に最適な製品ではないでしょうか。

8倍ズームの本製品に加えて、10倍ズームの「SV25-10」という製品もあります。用途や好みの使い勝手に応じて選びましょう。

Vixen ATERA H12x30

天体望遠鏡や双眼鏡を中心に取り扱うVixenからリリースされている「ATERA H12x30」。本製品の特徴は、高倍率ズーム時にも対応する防振機能です。防振補正角±3度を有し、12倍ズーム時でも安定した視野を実現。手ブレの影響を受けないので、鳥の目の輝きや羽ばたきまで観察できます。防振機能はスイッチでオン・オフを切り替えられるので、電池も長持ちしますね。

片手で持ちやすい丸みを帯びたデザインも特徴で、手が小さい人でも使いやすい点も大きなポイント。また体積を占めがちな電池部分は指のかからない場所に配置されているので、邪魔になりません。

高性能でありながら、使いやすさにも配慮された双眼鏡と言えます。

Nikon MONARCH HG 8X30

「MONARCH HG 8X30」は一眼レフカメラでもお馴染みのNikonが販売する双眼鏡です。本製品の特徴は、見掛け視界角60.3度という視野の広さ。遠くにいる鳥を探したいときにもぴったりですね。加えて「フィールドフラットナーレンズシステム」を搭載したことで、視野の中心部にフォーカスしても周辺部がぼやけず、全体にわたってクリアな像を実現しています。

全てのレンズとプリズムに対して、高品質多層膜コーティングが施されているのも特徴のひとつ。最高透過率92%以上を実現し、自然で明るい色合いを楽しむことができます。

本体素材にはマグネシウム合金を採用。高い強度を誇りながらも、軽量なボディが魅力です。また水深5mまで耐える防水性能を備えるので、万が一本体を水没させてしまった際も安心ですね。

あらゆる環境下で性能を発揮してくれる双眼鏡です。

天体観測におすすめの双眼鏡

Vixen SG6.5×32WP

Vixenの「SG6.5×32WP」は天体観測用に特化した双眼鏡です。色のにじみを抑えるために、レンズ部にはEDレンズを採用。1つ1つの星をシャープに映し出してくれます。また光吸収の少ない特殊プリズムを用いることで、光量のロスを最小限に抑えているのも天体観測に適したポイントと言えるでしょう。

見掛け視界角は58.5度と、星空を眺めるのには丁度良い広さ。またズーム倍率が6.5倍と低めに設定されているので、手ブレの影響を抑えて快適に天体観測を楽しむことができます。

本体のボディーには視線方向と平行に直線状の突起が設けられています。この突起を照準器として使えば、見たい星をスムーズに視界に収めることが可能です。まさに天体観測のために作られた双眼鏡ですね。

前モデルの「SG2.1×42」も人気の製品です。こちらは倍率が2.1倍と低めで、薄型のボディが特徴。用途に応じてこちらの製品も検討してみてください。

Nikon MONARCH7 10×42

Nikonが販売する「MONARCH7 10×42」は多目的用の双眼鏡としても人気ですが、天体観測にも優れた性能を発揮する製品です。色にじみが少ないEDレンズを採用している点は前述の「SG6.5×32WP」と共通。美しい星空をそのままに楽しむことができます。加えて同社が一眼レフカメラ開発で培ったプリズム技術で、明るくて自然な色調を実現。暗い夜でも、しっかりと星を捉えることができます。

傷付きにくいレンズを採用しているのも嬉しいポイントでしょう。対物レンズと接眼レンズの両方に傷に強いコーティングを施しているため、長期間にわたって新品に近い状態を保てます。またフリップダウン式のレンズキャップを搭載しているので、持ち運び時もレンズを傷から守れますね。

長年にわたって愛用できる天体観測用の双眼鏡を探している人におすすめです。

商品ラインナップとしては、10倍ズームの本製品だけでなく、8倍ズームの「MONARCH7 10×42」という製品もあります。天体観測は低倍率の方がいいという人は、こちらの製品も選択肢に入ってきますね。

まとめ

近年の双眼鏡はその性能が日々進化しており、さまざまなシチュエーションに対応した製品が販売されています。使い勝手を追求した双眼鏡も多数販売されているので、持ち運びに便利な製品や防水機能が搭載された製品を選ぶのもいいですね。

どんなシチュエーションでどんな使い方をしたいのかを考慮したうえで、最適な1台を購入しましょう。