アウトドアガイドが選ぶおすすめの自立式ハンモック8選|キャンプなどで使えて室内インテリアにもなるおしゃれな製品を価格帯別に厳選

シェアする

最近カフェなどにも設置されて非常に注目が集まっているハンモック。ゆらゆらと揺られながら、ゆっくりとリラックスした時間を過ごせるということで人気も高いですよね。キャンプや屋外レジャーなどの、アウトドアでの利用もできて用途も幅広いです。

そんなハンモックですが、簡単に自宅にも導入できるのをご存知でしょうか。ハンモックと言えば天井や木の枝に紐をくくりつけて吊るす、というのが一般的なイメージですが、フレームがついた「自立式ハンモック」であれば、どこでもハンモックを楽しむことができます。

そこで今回は、そんな室内インテリアにも屋外でも使える、おすすめの自立式ハンモックを、価格帯別に紹介していきたいと思います。

6,000円前後で買えるリーズナブルな製品

FIELDOOR 自立式 折りたたみハンモック

リーズナブルな価格で、様々な最新アウトドア用品を展開するFIELDOOR社の、自立式折りたたみハンモック。耐荷重は200kgと十分な設計で、女性がゆっくりとくつろげる設計になっています。

暑い季節でも快適な、通気性の高いメッシュ素材を採用。組み立てには工具が不要で、折りたたみも可能、収納バッグが付属するため、気軽に持ち運んで使用することもできます。室内でもアウトドアでも大活躍しそうですね。

カラーはホワイトやダークブランの5色展開で、注目は新しくラインナップされた木目調のフレーム。デザイン性が高く、お部屋のインテリアにも映えるデザインになっています。

MRG 自立式ハンモック 室内室外兼用 ポータブル 折りたたみ

9.4Kgのコンパクト設計ながら耐荷重が350kgと非常に頑丈で、3人で乗っても壊れないMRGのハンモック。この耐荷重はハンモックの中でもトップクラスですね。

フレームは2段階、ネットは3段階で調整が可能。低めに設定すれば、チェアとしても利用できます。ハンモックの生地幅は50cmで、伸ばすと1mになり、女性はもちろん男性でもゆとりをもって利用できるサイズ。ネットはハニカム素材の伸縮2重構造で、破れにくく優しく包み込んでくれます。もちろん折りたたみ可能で、持ち運んで使うこともできて便利ですね。

カラーはシンプルな4パターンを展開。拡幅アームは天然木を使用しており、フレームまで編み込みの紐があしらわれたデザインもポイントです。この価格帯としては機能性が高く、コストパフォーマンスに優れたハンモックと言えますね。

クイックキャンプ やわらかハンモック 自立式 折りたたみ スタンド付き

長さが276cmとロングサイズで、大柄な男性でも快適に使うことができる、クイックキャンプのやわらかハンモック。耐荷重は100kgで、カラーは、ネットとフレームの組み合わせで6パターンを展開。マリンブルーやペールオレンジなど、インテリアのアクセントになるカラーがあるのもうれしいですね。

オリジナルのきめの細か2枚生地を採用し、柔らかくしっかりとした寝心地も特長のひとつ。フレームには傷防止パットが付いているので室内での利用も安心です。

耐荷重はそれほどないものの、ロングサイズでゆったりとくつろぎたいという人や、身長が高めの人にオススメの製品となっています。

7,000円〜10,000円程度で買える中価格帯製品

TOYMOCK ハンモック 自立式

自立式ポータブルハンモックのブランドとして設立された、TOYMOCKがリリースしているこちらの製品。人気アウトドア雑誌であるGOOUTにも掲載され、今非常に注目度が高いハンモックです。

最大の特徴はおしゃれなネットのパターンデザイン。20種類という豊富なラインナップで展開されています。ネットは六角形に編み込まれたハニカム構造担っているため、丈夫で伸縮性が高い点もポイントですね。台座の傾きが2段階で調整可能なため、体格や用途に合わせて傾きを変えることもできて便利です。

耐荷重は100kg、収納袋も付属し、もちろん持ち運びも可能。フレーム底部はゴムパッド付きで、床を傷つけないようになっているため、アウトドアシーンはもちろん部屋のインテリアとしても使える、機能性とデザイン性を両立した製品となっています。

自立式ハンモック ゆらふわモック 【折りたたみハンモック】

TVCMも放送され、自立式ハンモックの先駆者とも言える存在のゆらふわモック。通常タイプ、ゆったりロング、ミニの3タイプからサイズを選ぶ事ができ、用途などに応じて選ぶことができます。

ネットとスタンドのカラーを選ぶことができ、自分の好みで自由にカスタマイズできる点も魅力的。ネットは11色、スタンドは4色と充実のラインナップで、組み合わせも自由なため、好みやインテリアの合わせたチョイスができますね。

耐荷重が330kgと驚異的な頑丈さを実現している点も見逃せません。バーをフラットにする、調整バーを内側に設けるなど、細部まで徹底的に安全性にこだわられて作られていることも、体を預ける製品としてはうれいしいポイントではないでしょうか。

本体重量は約7kgと軽量設計で、折りたたみ式のため、持ち運びしやすいのも特長のひとつ。部屋だけでなく、外へ持ち出して楽しむこともできますね。ハンモック、ハンモックチェア、ハンガーラックと1台3役をこなしてくれる、マルチタイプも用意されています。

GROOVY OUTSTYLE 自立式3WAYハンモック 2018最新モデル

ハンモック、ハンモックチェア、ハンガーラックちと1台3役で使うことができ、カーペットなど大きなものを干すこともできる、GROOVY OUTSTYLEの自立式3WAYハンモック。こちらは旧バージョンより改良が加えられ、長さが5cm長くなったことで、より快適性がアップした最新のモデルになります。

耐荷重は330kgと十分で、ペアリング&ハンモックフックで心地よい揺れを実現。傷防止の保護マット付きで室内でも安心して利用できますね。日常的にハンモックを使う文化のある、ベトナムの職人の手により作られたハニカムメッシュ構造の生地は、夏でも蒸れにくく体を包みこんでくれます。生地は汚れたら手洗いできるのもうれしいですね。

専用キャリーバッグが付属し、気軽に持ち運びと簡単に設置することも可能。 お花見やバーベキューのような屋外レジャーから、キャンプやフェスといったイベント、海や川での遊びなど、用途と場所を問わずアウトドアの様々なシーンで楽しむことができますね。3色展開ながらカリフォルニアレインボー、スカンジナビアコルミオなど一味違うハンモックネットの柄も好印象です。

価格帯と性能では、「ゆらふわモック」と悩むところですが、ここは生地のデザイン、製法のこだわりなどでチョイスすると良さそうです。

10,000円以上の高品質ハンモック

Susabi ハンモック 自立式スタンドセット

ハイセンスなデザインと機能性、ハンモックの伝統が光るSusabiの自立式スタンドがセットになったこちらのハンモック。最大の特徴は、幅が140cmと広く本来のハンモックの乗り方である「斜め乗り」を楽しむ事ができることです。

ハンモックの伝統が息づく、南米コロンビアの工場でつくられたコットン100%の生地は、やわらかく快適な乗り心地を実現。基礎生地ができた後は、熟練の職人による手作業で作られています。ハンモックの屋台骨とも言えるコード部分は、柔らかな乗り心地や編みの美しさを生むcadejoといわれる伝統的な美しい手編みを採用し、ハンモック専門店としてのこだわりを感じますね。

ハンモックネットを支えるフレームのU字構造は、おしゃれなだけでなく自然とハンモック編みが広がるため、ハンモックネットの広さを最大限に感じる快適性を実現しれくれます。保管ケース付で、収納はもちろん持ち運びも可能。アウトドアでも、お部屋のインテリアとしても、きっとワンランク上の快適性を味わう事ができるでしょう。

Vivere 全米が愛したハンモック ダブルサイズ

全米No.1、世界で100万台の販売、楽天でも3冠と、圧倒的な販売実績のあるビブレ社のハンモック ダブルサイズ。アメリカでは1日でなんと24,000個(日本円にして3億円相当)という驚異の販売台数を記録し、ニュースでも話題になったほどの製品です。

高級イタリア生地にも採用される編込み製法をもとにした「Vivere編み」で乗り心地にちょうどいいしなりと強度を実現。「Vivere編み」で製法された生地のザラリとした感触は、使用時には、体を支えてよいポジショニングを維持してくれて、丈夫で耐久性にも期待ができます。

スタンドにはBMWやメルセデスベンツなどの高級外車にも採用されている「パウダーコーティング 」が施され、高強度・高耐食性を実現。マット塗装で、高級感と重厚感を感じさせる質感に仕上がっており、そのラグジュアリーな雰囲気はインテリアとしても最高ですね。

ハンモック紐を支えるフレームには自然と広がるU字構造を採用し、ハンモック幅160cmと最大のゆとり幅が相まってトップレベルの快適空間を実現してくれます。大柄な欧米人にも好評なだけあって、広い寝心地のハンモックをお探しなら一押しと言えそうですね。

これだけの高級感と高品質さでありながら、10,000円台で購入できる価格も魅力のひとつ。ただ、並行輸入やフェイク品も販売されているようなので、その点は十分に注意が必要ですね。メーカーの1年保証付きで、「ダブルサイズ」とは別に「レギュラーサイズ」もあり、2サイズから選ぶ事が出来ます。

まとめ

自立式のハンモックは手間なく設営ができ、持ち運びも可能な製品が多いため、屋内・屋外を問わずに使える点が魅力ですね。インテリアのように部屋に置いて楽しんだり、アウトドアに持ち出してレジャーやイベントに使ったりと、幅広い使い方ができます。

1台あると何かと便利に使える製品ですので、ぜひ自立式ハンモックを使って、快適なリラックスタイムをお楽しみください。

テントやキャリーカート、アウトドアチェア、防水スピーカーなど、他にも色々とアウトドアグッズを紹介していますので、よろしければ下記もご覧ください。

アウトドア | LifeStyle Lab
「アウトドア」の記事一覧です。