アウトドアガイドが選ぶおすすめのタープ8選|キャンプやバーベキュー、屋外レジャーで役立つ、おしゃれで人気の高い製品を厳選紹介

シェアする

アウトドアでの強い日差しや、雨、風を防いでくれるタープ。キャンプやバーベキューなど夏の屋外レジャーでは必需品ともいえるアイテムですね。もちろん夏だけでなく、他のシーズンでも雨や風よけに大活躍します。

そこで今回はアウトドアガイド経験者が選ぶおすすめのタープを価格帯別に紹介。設営が簡単なワンタッチタイプや、コンパクト収納で持ち運びしやすい製品、デザイン性の高いおしゃれな製品など、厳選してお伝えしていきたいと思います。

タープについて

タープとは

タープとは屋外で使う、日差しや雨を防ぐための広い布のこと。長い間日光に当たっていると、体力は思った以上に消耗しますので、日蔭をつくるというのは非常に重要です。

女性なら日焼けも気になるところですし、真夏などは熱中症の危険もアウトドアには潜んでいますね。用途や人数に合ったタープがあれば、これらの対策にもなります。バーベキューなどでは、自分たちのスペースを確保できますし、荷物を置いたり日差しに弱い食材や飲み物理にも一役かったりと大活躍してくれます。

タープの種類

タープには大きく分けて2つの種類があります。1つ目は、携帯性に優れていている「非自立式のタープ」。ポールと幕がコンパクトになるため、軽量で持ち運びに便利です。別途、幕を固定するために、ロープ、ペグ、ハンマーが必要になりますが、タープにあらかじめ簡易のものがセットになっているのが主流ですね。慣れてきたら、好みの道具に買い替えるのも良いでしょう。

設営は、最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると一人でも設営が出来ます。非自立式のタープを設営するものアウトドアの醍醐味の一つと言えますね。様々な形状のモノがあるため、こだわりのひとつをきっと見つけられると思います。

2つ目は、「自立式のタープ」。その中でも「ワンタッチタープ」と呼ばれるものが最近の主流で人気が高いですね。ポールがフレームと一体になっていて、ワンタッチで簡単設営ができるのが最大の魅力です。その代わり、重さと体積があるので、長時間持ち歩いたり、荷物に制約のあるキャンプにはやや不向きでしょうか。駐車場付きのテントサイトや、バーベキュー、イベントなどでも活躍してくれます。

5,000円前後で購入できるタープ

BUNDOK(バンドック) ミニヘキサゴンタープ

ヘキサゴン(六角形)の形状がかっこよく、グリーンとベージュのツートンカラーに好感が持てる、BUNDOK(バンドック)のミニヘキサゴンタープ。サイズは、天幕W420xD320cmでポール長さ200cmと3人~4人で使用するのに十分なサイズです。

収納時には、73x11x11cmとコンパクトで重さ2.2kgと非常に軽量。携帯性にも優れていますね。シングルキャンパーの人であれば、雨天時にはタープの下にテントを入れてしまうという活用方法もあります。

耐水圧は、1000mmでUVカットはUPF50+。耐水圧やUVの能力については、あくまでもカタログスペックですので、この価格帯ではあくまでも目安と考えた方がよさそうです。それでも、収納ケースから、ベグ、ロープ、ハンマーと付属品もセットで5000円と、価格以上に十分な活躍ができますね。初めてのタープ選びにオススメの製品と言えそうです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレーナヘキサタープ セット

お手頃な価格帯で、コストパフォーマンスの高いアウトドア用品を展開する、キャプテンスタッグのプレーナヘキサタープセット。こちらも人気のヘキサゴン形状で、グリーンとベージュのツートンカラー。サイズが400×420cmと大きく、4~6人は入ることができるため、ファミリーでの利用にも対応できますね。

収納時には、68 x 15 x 15 cmとコンパクトにでき、重量も3.4kgと軽量。なにかと荷物に制約がでてくるキャンプでも、困る事はなさそうですね。家族でのキャンプはもちろん大人数でのバーベキューなどにも活躍する製品だと思います。

8,000円前後で購入できるタープ

FIELDOOR ワンタッチタープテント G03 スチールフレーム

カラーラインナップが10種類以上と豊富で、カモフラ、ネイティブ、青空柄、などのデザイン柄まで選べるFIELDOORワンタッチタープテント G03。名前の通り自立式で設営も簡単な、大人気のワンタッチタープとなっています。

設営方法は、2人でゆっくりとフレームを広げてポールの高さを出し、後は、ロープでペグ固定するだけ。非常に簡単です。(ペグなしでも自立しますが、風の影響を受けやすく飛ぶと大変危険なので、必ずペグ固定はしておきましょう。)

耐久性のあるスチールフレームで、耐水圧は2,000mmと非常に高スペック。急な大雨の際の雨宿りとしても使えますね。トップカバー上部には、空気の通り抜けを作り、転倒防止の効果のある「風抜けのベンチレーション」も装備されています。

組み立て時のサイズは2.0m×2.0m×1.57mとややコンパクトな設計のため、2~3人での利用が現実的です。重さは11kgで、収納時には22cm×22cm×114cmというサイズ。イベントや、バーベキュー、運動会などでも活躍できるタープですね。Amazonでもベストセラーになっており、タープ選ぶに迷ったらこの製品にしておけば間違いないと言えるくらい、オススメの製品です。

オプションとしてジップ付きやノーマルタイプのサイドシート(横幕)も販売されており、セット品の購入も可能。より軽量なアルミフレームを採用したものなどもあり、ラインナップも非常に豊富です。

Coleman (コールマン) インスタントバイザーシェード/M

言わずと知れた定番アウトドアブランド、コールマンのワンタッチ式タープとなるインスタントバイザーシェード。耐水圧:800mmで、サイズが2.7m×2.7mと大きめのサイズが嬉しいタープになります。

上で紹介したFIELDOORの製品とは違い、シェード(天幕)とフレームは別々になっているため、フレームを組み建てた後にシェードを被せる作業が必要になります。代わりにパーツ事の買い替えができるため、後々の長期の運用面で考えると、コストパフォーマンスが良いと言えますね。

ロープと収納ケースはセットになっていますが、ペグとハンマーは別途用意する必要があります。収納サイズは、121 x 20 x 20 cmで14.5kgと携帯するには少々重め。ただFIELDOOR製品よりも大きいため、大人数でのイベントやバーベキューでの利用には最適です。また、愛とドアグッズをコールマンに統一している人にもオススメですね。さらに大きなLサイズの展開もあります。

DOD(ディーオーディー) ヘキサタープ TT5-473

耐水圧が2000mmと防水性能が高く、サイズがW420×D420×H200cmと大きめで4~6人で使用できるDODのヘキサタープ。落ち着いたベージュの幕にDODのロゴとラビットマークがプリントされており、デザインの良さでも人気の高いヘキサゴンタイプの製品になります。

UVカットは、UPF50+、収納サイズ直径100×560mm、重量4kgなので持ち運びが非常に楽にできますね。ペグやロープ、キャリーバッグに加えランタンフックがセットな点も便利です。

デザイン性と機能性の高さを両立し、リーズナブルで大人数にも対応できる、非常にバランスの取れたタープと言えますね。

10,000円以上の高級タープ

Coleman(コールマン) XPヘキサタープ/MDX

ヘキサタープのかっこよさを際立たせてくれる「クロスポール」を採用した、コールマンのXPヘキサタープ/MDX。高さ調整がクロスポールを広げるだけと非常に簡単で、さらにポールの安定感もあるため、初心者の設営でも安心の製品となっています。

サイズは460×435×230cmと、4人~6人での利用も可能。大きく広がるヘキサゴン形状がかなりかっこいいです。耐水圧は1,500mm。さすがはコールマンといった、しっかりとした幕の作りになっているため、長期的な利用を考えるならこのタープがおすすめですね。

収納時サイズは直径18×74cmとコンパクトですが、「クロスポール」を採用しているため、重さは7.6kgと非自立式タープとしてはやや重め。ただ大きさと安定感を考えれば、それでも十分に許容範囲と言えると思います。

幕、ポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグの一式がセットになっており、コールマンのドームテントなどと一緒に使えば、統一感も出て非常に雰囲気あるアウトドアが楽しめますね。

テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

その名前の通り、ムササビをイメージさせる美しいタープ形状がおしゃれで特徴的なテンマクデザインのムササビウイング。ソロキャンプから少人数でのキャンプに最適なサイズのタープとなっています。

「ムササビウイング」は、その美しいカーブデザインで好評を博しながらも、絶版となっていた伝説のウイングタープ。「ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version」はそんなオリジナルのムササビウィング制作者である堀田貴之氏プロデュースのTULSATIMEと、「日本のアウトドア」をテーマに掲げるtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)とのコラボで復刻した製品になります。

最大の特徴ともいえる、ポリエステルとコットンの混紡生地「TC生地」は焚き火による穴あきを軽減。PUコーティング不要な水を含むと膨らむ糸でできており、水で湿ることはあっても、雨漏りがしてくることはありません。そのためPUコーティング生地によくある、経年劣化も発生しないということですね。

汚れてきたら丸洗いが出来、撥水スプレーをかければ撥水がよみがえります。紫外線での劣化による破れが、唯一のこのタープの寿命と言えますね。保管時に乾燥させておくなどただしく使っていけば、親子で引き継いで非常に長く使えるロマンあるタープだと思います。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) クイックシェード DX250UV- S

サイズ250×250cmと大きめサイズで、約3.8畳のスペースがあり4~5人で利用するのに最適なキャプテンスタッグのクイックシェード。設営はワンタッチで、上部肩口がプッシュボタン式という、誰でも簡単に操作がしやすいタープです。

フライシートはポリエステル150Dで防水性能は1000mm、UV-PROTECTION加工に裏面は紫外線を99%カットするシルバーコーティングが施されています。どんな天候でも安心して使うことができますね。

フライ天井部に装備された「ベンチレーション」で風をコントロールして、快適に過ごすことができるのも嬉しいポイント。本体は15kgと重さがありますが、キャリー付きの専用バックが付属するため、持ち運びの際にも楽に移動できます。よりワイドな300×300cm、約5.5畳のスペースで5~6人での利用も可能なDX300UVという製品もラインナップされており、大人数でのバーベキューやイベントにオススメの製品となっています。

まとめ

タープはキャンプやバーベキューなど、屋外でのアウトドア活動で非常に役に立つアイテムです。小さい子供連れの場合の熱中症対策や、女性の紫外線対策にも有効で、タープがあればアウトドアがより快適で楽しくなることは間違いないですね。

人数や用途などによって最適なタープも変わってきますので、ぜひ目的にぴったり合ったタープで、アウトドアをより楽しんでください。

テントやキャリーカート、アウトドアチェア、防水スピーカーなど、他にも色々とアウトドアグッズを紹介していますので、よろしければ下記もご覧ください。

アウトドア | LifeStyle Lab
「アウトドア」の記事一覧です。