おしゃれな電気ケトルのおすすめ9選|機能性とデザイン性を両立した、インテリアとしても秀逸な製品を厳選紹介

シェアする

電気さえあればいつでもどこでも、お湯を沸かすことができる電気ケトル。一昔前は電気ポットが主流でしたが、最近は電気ケトルのほうが人気が高く、家庭でもよく見かけるようになりましたね。

その人気の理由のひとつは電気ポットに比べて電気代が安いこと。保温のため常に電力を消費する電気ポットよりも、使い切りを前提として保温しない電気ケトルのほうが大幅に電気代は安くなります。

そしてもうひとつの人気の理由はデザイン性の高さ。ポットはボタンなども多くいかにも家電という形のものが多いですが、ケトルはキッチンやダイニングにも違和感なく溶け込み、デザイン面でも優れた製品が多いです。

そんな電気ケトルですが、今回は特にデザイン性が高くおしゃれな電気ケトルを厳選して紹介していきたいと思います。

Russell Hobbs (ラッセルホブス) 電気カフェケトル

Russell Hobbs (ラッセルホブス)はイギリス生まれの、クラシックかつスマートな家電を展開しているブランド。中でも電気カフェケトルは代表的なアイテムとなり、そのオーセンティックなデザインはグッドデザイン賞(2017)を受賞するなど高い評価を受けています。

鏡面仕上げとなっている輝く外観とその重厚感のある佇まいは、キッチンやリビングに置くだけで、より空間を華やかにしてくれる存在感あるアイテム。

本体はステンレス製となっており密閉されているため高い自然保温力があります。その保温力は沸騰してから1時間経っても温かさをキープすることができるほど。コードレスのため、どこでも置ける便利さもポイントではないでしょうか。

また空焚き防止機能や、沸騰後30秒後に電源が切れる機能など安全面にも配慮されています。出かける際の心配も不要で、子供がいる家庭でも安全に使用することができますね。

注ぎ口が細いためコーヒーのドリップにも向いており、毎朝のコーヒータイムが楽しくなりそうなおしゃれな製品になっています。

サイズは0.8L/1.0L/1.2Lの3種類の展開で、0.8Lタイプのみマットブラックのカラーが用意されています。マットブラックも非常に質感が良く、部屋のテイストやイメージによってはこちらのカラーが好きな人も多いのではないでしょうか。

BALMUDA (バルミューダ) The Pot

デザインと機能性を両立したおしゃれな生活家電を数多くリリースしているバルミューダ。トースターや炊飯器など、最近は話題の製品をいくつも開発しており知っている人もかなり多いのではないでしょうか。

そんなバルミューダの電気ケトル「The Pot」は、コンパクトで美しいフォルムが特徴的。質感も非常によく、インテリアとしても使えるくらいデザイン性の高い製品に仕上がっています。

詳細については下記でまとめて紹介しています。

大人気のデザイン家電ブランドBALMUDA特集。オシャレでインテリアとも相性が良いキッチン家電・空調家電を紹介
トースターや炊飯器など、話題になる新製品をどんどんリリースしているデザイン家電ブランドBALMUDA (バルミューダ)。ひとめでBALM...

デロンギ アイコナ・ヴィンテージ 電気ケトル

イタリアの家電メーカーであるデロンギ。デロンギと言えばヒーターやコーヒーメーカーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。そんなデロンギが展開しているアイコナシリーズは、古き良きイタリアをテーマとしたレトロ感あるヴィンテージ風のデザインコレクション。

そのアイコナコレクションにラインナップされているこの電気ケトルも、ヴィンテージ感あるコロンとした形状の可愛いデザインが特徴です。グリーンやブルーなど落ち着いたレトロカラーが、キッチンを華やかに飾ってくれますね。

取っ手の下には一目で分かる水量計があり、外側から見ても中の水の量を知ることが可能。デザイン性だけでなく、使いやすさも魅力のケトルとなっています。

取り外し可能なフィルターが付いており、衛生面でも安心。水を注ぐ際の異物混入を防いだり、広めの注ぎ口で手入れがしやすくなっていますね。

ヴィンテージ風のデザインやスタイルが好きな人にはピッタリの電気ケトルではないでしょうか。

無印良品 電気ケトル MJ-EK5A

電気ケトルとは思えないようなデザインが特徴の無印の電気ケトル。無印らしく白くてすっきりとした、シンプルな形状になっています。

詳しい製品の特長は下記にまとめています。

究極のシンプルデザイン、無印良品(MUJI)のミニマルなキッチン・生活家電特集。どんなインテリアにもマッチする機能美家電
無印良品(MUJI)と言えば、知らない人はいないくらいの超メジャーなメーカーですよね。食品から衣類、家具、日用品と、生活に関わるありとあ...

山善(YAMAZEN) 電気ケトル YKG-C800

暮らしを便利にするアイテムを展開する山善の電気ケトルは、細口のドリップボトル型。マットな質感とシャープなポットが優雅さを感じさせます。

その高いデザイン性に加え、このケトルの最大の魅力と言える特長は、好きな温度に設定できる点。60~100度の間であれば、1度単位で温度を選択することができ、台がタッチパネル式で操作できるようになっています。

コーヒーやお茶、紅茶、子供用ミルクなど用途に合わせて温度を変えられる便利さがポイントですね。保温機能ボタンなどもあり、全ての操作を台で設定することができる新世代ケトルと言えるのではないでしょうか。

容量は0.8Lと充分な量のお湯を沸かすことが可能。細口ノズルのため、お湯を注ぐスピードの調整も行いやすく、ドリップにも最適な製品です。

BRUNO(ブルーノ) ドリップケトル

BRUNOと言えばインテリアショップなどにもよく置かれているホットプレートが有名ですよね。おしゃれな形状とカラフルな色使いで、愛用者も多い製品です。

そんなBRUNOから販売されているのが、ドリップに適した細い注ぎ口のお洒落な電気ケトル。ステンレス独特のスッキリした素材感に、独特の形状をした持ち手や台が良いアクセントとなっており、そのままキッチンやダイニングに出しっぱなしにしていてもお洒落ではないでしょうか。

ドリップ向きの注ぎ口は、注ぐ速度を調整しやすくなっており、それ以外の用途でも使いやすくなっています。取っ手の位置も高めで、ゆっくりとお湯を注ぐ動作も簡単に行えますね。また、空焚き防止や自動電源オフなど基本的な機能も搭載されています。

本体の口が大きくなっているので、お手入れがしやすくなっているところも嬉しいポイント。清潔にケトルを保つことができます。

本体については共通ですが、持ち手と台の部分のみアイボリーとダークブラウンの2色のカラー展開があります。お洒落で可愛い本格ドリップケトルを探している人に最適な製品だと思います。

ちなみにBRUNOのホットプレートは私も使っていますが、おしゃれで使いやすくてこちらもおすすめです。

ブラウン ピュアイーズ

電動歯ブラシやシェーバーで有名なブラウンから、期待の電気ケトルが遂に日本に初上陸しました。ピュアイーズは、2016年にデザインチーム・オブ・ザ・イヤーを受賞した世界最高峰のチームによりデザインされ、人間工学に基づいて設計がおこなわれた電気ケトル。デザイン性の高さと使いやすさの両方を実現した製品となっています。

この製品の特長はスッキリとした外観とカッコよさを合わせ持つデザイン。不要なものをそぎ落とした無駄のないデザインに仕上がっており、この美しいフォルムはブラウンのデザインチームならではと言えるものではないでしょうか。

また使い勝手にとことんこだわって作られている点も魅力ですね。人間工学に基づいて設計されたということで、ハンドルはしっかり握れて注ぎやすい形状が追及されています。また、注ぎ口が広くなっているため、わざわざ蓋を開閉する必要がなく、そのまま注ぎ口から水道の水を注ぐことも可能です。

自動電源オフなど、電気ケトルに求められる機能はしっかりと搭載され、カラーはブラックとホワイトの2色展開。ミニマルなデザインと使いやすさでどんな場所にもマッチする製品になっています。

レコルト スマートケトル

レコルトのスマートケトルは、名前の通り無駄を省いたスマートなデザインの電気ケトル。置く幅を取らないスッキリした形となり、台と本体の幅も同じなので収まりも良くなっていますね。

ハンドルには電子パネルが付いており、そこで温度操作などをおこなうことになります。50~100度の間であれば5度ずつ温度設定が可能ですので、用途に応じて最適な温度にすることができますね。保温中の温度も表示されるので、使いたい時に温度を確認できて便利だと思います。

容量は1Lと、子供のミルクなどを頻繁に作ったりする場合にも最適。ディスプレイで情報が全て確認できるため、非常に使いやすいと思います。シンプルなデザインながらも機能性が高い、まさにスマートな電気ケトルと言えるのではないでしょうか。

カラーはホワイトとブラックの2色展開。ポットのようなシルエットでありながら、無駄なボタンなどがないシンプルさで、キッチンにも馴染みやすいデザインになっています。

PRINCESS(プリンセス) 電気ケトル

おしゃれな白いホットプレート「テーブルグリルピュア」でおなじみのPRINCESS(プリンセス)はオランダの家電ブランド。こちらが販売する電気ケトルは、日本のメーカーにはない可愛らしさとスタイリッシュさがあります。

テーブルグリルピュア同様、陶器のようなツヤのある素材と美しいフォルムが特徴的ですね。オリジナリティあるデザインのケトルを求めている人にはピッタリではないでしょうか。

インテリアとしても置けるようなお洒落なケトルのため、そのままテーブルに置いていても様になります。水量計が外側から見ても分かるように設計されているので、残ったお湯の量も確認可能。

また、注ぎ口内側にはフィルターが付いており、水道水の不純物などを取り除くことができます。衛生的にお湯を沸かして、簡単にお手入れもできますね。

コーヒー1杯分のお湯ならば70秒で沸かすことができるので、忙しい朝にも最適な電気ケトル。ホワイト・レッド・ブラックの3色展開となっています。

プリンセスのテーブルグリルピュアもおしゃれでおすすめ。詳しくはこちらにもまとめてあります。

話題のおすすめ最新調理家電5選。発想が新しい万能型・一芸特化型・デザインキッチン家電をまとめて紹介
ここ何年か調理家電の進化が止まりませんね。昔はキッチン周りにある家電製品と言えば、炊飯器と電子レンジ(オーブンレンジ)くらいだったよ...

まとめ

電気ケトルには、より華やかで高級感ある空間を演出してくれるものから、空間にマッチするシンプルなものまで、デザイン性の高い製品が揃っていますね。便利な製品ですので、自身の好みや部屋のインテリアに合わせて、1台お気に入りのものを購入してみてはいかがでしょうか。