モダニティからsudioブランド初の完全ワイヤレスイヤホンNivaが発売|北欧デザインのスタイリッシュイヤホン

シェアする

またまた新たな完全ワイヤレスイヤホン(TWS)が発表されました。TWSの先駆けとも言えるモデル、Earinシリーズを取り扱っているモダニティから、スウェーデンのオーディオメーカーsudioブランドの初となる完全ワイヤレスイヤホン「Niva」が発売となります。

sudioとは

Sudio社は、Earinと同じくスウェーデンのオーディオ機器メーカー。2012年に誕生した新進気鋭のブランドで、北欧らしいシンプルなミニマルデザインがsudioブランドの特徴です。

機能性にも優れ、「優れた製品とは直感的な操作性と耐久性を合わせ持つ」というデザイナー「マッツ・ウォルステン氏」の哲学のもと、デザイン性と機能性を両立したイヤホンを開発しています。

ハウジングやリモコン部分にゴールドのような金属質なパーツをあしらった製品が多く、エレガントさを感じるデザインのイヤホンが多いですね。

sudio Nivaの特徴

sudio Nivaのデザイン

Nivaはsudioの特徴でもあるミニマルデザインでまとめられています。本体ハウジングのボタン部にはお馴染みの金属パーツも採用され、ワンポイントになっています。

カラー展開はブラックとホワイトで、それぞれボタン部の金属はブルーとピンク。ブランドコンセプトでもある、シンプルさとエレガントさを感じるデザインです。

充電ケースにはレザーストラップが付き、こちらもシンプルでおしゃれなデザイン。日々持ち歩くのが楽しくなりそうな質感の高いケースになっています。

sudio Nivaの基本性能

搭載ドライバーはネオジウムを採用した6.2mmのダイナミックドライバー。周波数特性は18-22kHzとなっており、なかなか低音から高音まで再生能力に優れています。

金属パーツのボタン部分では電源のオン・オフの他、ペアリングや音楽の再生・停止、通話などマルチファンクションボタンとなっており、iPhone利用時には音声アシスタントSiriの呼び出しにも対応します。

本体には60mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、連続再生時間は最大で約3.5時間(スタンバイ時は60時間)。ケースには500mAhのバッテリーを内蔵し、イヤホン本体を3~4回のフル充電が可能です。充電時間はイヤホン本体で1.5時間、ケースの充電は約3.5時間となっています。

sudio Nivaのスペック

 ドライバーユニット6.2mm(ダイナミックタイプ、ネオジウム)
 再生周波数18Hz~22kHz
 対応コーデック
 バッテリー駆動時間3.5時間(ケース使用で3〜4回充電可)
 重量
 Bluetooth 4.2

まとめ

sudioの完全ワイヤレスイヤホンはまさに北欧デザインという感じで、ファッション性も高い製品ですね。デザイン面だけでなく周波数特性の広さも注目で、なかなか良音が期待できそうなイヤホンだと思います。

2018年注目の、価格帯別おすすめ完全ワイヤレスイヤホン最新版は下記記事にまとめています。

価格帯別おすすめの完全ワイヤレスイヤホン10選|大人気AirPodsや、そのライバルとなる高音質、安定接続モデルを厳選
AppleがAirPodsを発売して以来、一気にイヤホン市場のメインストリームとなった左右分離型(左右独立型)の完全ワイヤレスイヤホン。...

他の完全ワイヤレスイヤホンもたくさん紹介していますので、よろしければの下記記事もどうぞ。

完全ワイヤレスイヤホン | LifeStyle Lab
「完全ワイヤレスイヤホン」の記事一覧です。

ちなみに同じくモダニティが取り扱う、延期に延期を重ねてようやく発売になったEarin M-2ですが、2月下旬の初回出荷分はほぼ売り切れ。次回出荷は3月下旬予定となかなか入手が難しいようです。予定されていたシルバーカラーもスペースグレー系に変更されるようで、こちらは2018年6月の発売予定です。

sudioと同じく北欧デザインが美しいB&Oの完全ワイヤレスイヤホン、Beoplay E8のレビューはこちらをどうぞ。

B&O「Beoplay E8」を購入、レビュー。高音質でデザインも優れた最高峰の完全ワイヤレスイヤホンを徹底レポート-VERSEとの比較も
ずっと気になっていたB&O PLAY初の完全ワイヤレスイヤホンBeoplay E8がついに登場しました。完全ワイヤレスイヤホン(...