乾燥する季節に必須のおすすめ最新加湿器8選。デザイン性の高さと、スチーム・気化・ハイブリッドの方式別に優秀な製品をピックアップ

シェアする

この季節の乾燥対策と言えば加湿器。家電量販店でもこの時期はたくさんの加湿器をメインフロアに並べていることが多いですね。ただ加湿器って種類が多すぎてどれを選べばいいか迷うことはありませんか?そこで今回は加湿方式別に評価の高い加湿器と、特にデザイン性の高いおしゃれ加湿器をそれぞれピックアップして紹介したいと思います。

加湿方式の種類とメリット・デメリット

加湿器の方式は大きく分けて4種類存在します。スチーム式・気化式・ハイブリッド式・超音波式の4つですね。それぞれの方式にメリットデメリットがありますので、それをしっかり理解して使用環境や好みの方式を選ぶようにしましょう。それぞれの加湿方式の説明とメリットは以下の表の通りです。

方式名スチーム式気化式ハイブリッド式超音波式
加湿方式単純に水を沸騰させて蒸気を発生させる熱を加えずに、水に風を当てたり水車のように回して気化させる気化式にヒーターを付けることで気化式の加湿性能をより強化する振動子から発生する超音波を当てることで水を粒子状にして空気中に放出する
メリット加湿パワーが強く短時間で加湿できる

構造も単純で掃除が楽

ヒーターがないため電気代が安く危険性も低い。また加湿しすぎない熱を加えるぶん、気化式よりも加湿パワーが強い振動子が小型なため自由なデザインにできる

加湿スピードも早い

デメリット熱を使うため電気代が割高になりやすく、火傷の危険性がある。また加湿しすぎる場合もある加湿に時間がかかり、湿度をあげきれない時がある。また風が発生して寒く感じる時がある

手入れやカビの繁殖に注意が必要

気化式同様手入れには注意が必要

気化式に比べて価格が高め

雑菌やスケール(白い粉)をまきちらる可能性がある

頻繁な手入れ・掃除が必要

個人的には加湿能力にこだわる場合はスチーム式が一番おすすめです。加湿能力も高くメンテナンスも非常に楽です。逆に超音波式はあまりおすすめできません。この記事内でもデザイン加湿器として1製品だけ紹介していますが、しっかりと対策の取られていない安価な製品では雑菌を撒き散らすものも多く、掃除もほぼ毎日必要になります。あとは小さな子供がいたりペットを買っている場合は安全性の高い気化式やハイブリッド式を選択するのが良いと思います。

スチーム式加湿器

象印 EE-RM50


加湿器ならこれを買っておけば間違いないと言われるくらい、一番スタンダードで評価も高い象印のスチーム式加湿器です。フッ素加工による容器のため、汚れがこびりつくことがなく、口が幅広で掃除が簡単です。取替が面倒なフィルターも不要。水とタンクが一体型のシンプルな設計なので、簡単に使うことができます。

小さな子どものいる家庭には「トリプル安心設計」があるので心配がいりません。キーを3秒長押しすることですべての機能が使えなくなる「チャイルドロック」、倒しても簡単にふたが開かない「ふた開閉ロック」、うっかり倒しても湯漏れを最小限にする「転倒湯漏れ防止機能」があります。さりげない機能ですが、好奇心旺盛な子どものいる母親には安心ではないでしょうか。

部屋の温度をランプで「低湿」「適湿」「高湿」の3段階で知らせる「温度モニター」もあります。この室温センサーと湿度センサーのWセンサーによって、加湿を3段階で自動運転ができます。「標準」のほか、乾燥した季節には「高め」に、秋の初め頃などおだやかな時期には「ひかえめ」で快適な湿度を保ちます。

ポットのような形状でお世辞にもかっこいいとは言えないですが、加湿能力やメンテナンス性は最高ですので、迷ったらこの製品を買っておけば間違いないと思います。

本体外形寸法高さ315×幅240×奥行き260mm
タンク容量・加湿量3.0L・480mL/h
木造和室の適用畳数8畳
プレハブ洋室の適用畳数13畳
カラーホワイト

三菱重工 roomist SHE60PD


スチームファン蒸発式加湿器です。プラズマイオンでウィルスや空気中に浮遊している菌などを抑制する「とびだし除菌」、特殊フィルターによって細菌やカビをキャッチする「つかまえ除菌」の2つによる「プラズマW除菌」機能を搭載。

温度と湿度をセンサーが感知して、最適な湿度を自動的に設定します。湿度は全面のパネルにLEDでデジタル表示されるので、室内の状態を簡単に把握できます。熱湯がこぼれない安全設計はもちろん、水に含まれるミネラルなどが付着しにくいイオンフィルターを装備。持ち運びハンドルもあるので、お手入れが簡単です。

アロマトレーが付いていることもポイントのひとつ。市販のアロマオイルを使うことで、吹き出し口から部屋に香りが広がってリラックスできます。アロマオイルは約50℃の低温で香るものが使えます。

本体外形寸法高さ308×幅221×奥行き297 mm
タンク容量・加湿量約4L・600ml/h
木造和室の適用畳数10畳
プレハブ洋室の適用畳数17畳
カラーピュアホワイト、ブラック

気化式加湿器

パナソニック FE-KXP07-W


パナソニックの開発による「ナノイー(nanoe)」を搭載。除菌、抗ウィルスイオンを発生させることにより、アレルギー物質や嫌なニオイを低減します。このナノイーは、エアコン、ドライヤー、美顔器などさまざまな家電に使われています。

ヒーターレスの据え置き型のDCモーター搭載の加湿器で、ファンを高速回転させる「お急ぎモード」で、素早く適切な加湿が可能です。約10年間、交換せずに使える長寿命加湿フィルターによりお手入れも簡単です。

加湿器のオモテ面には波のような洗練されたデザインが施されて、おしゃれですね。壁にぴったりと設置できる薄型ボディのため、無駄な空間を作ってホコリなどを溜めません、さらに、気化式なので周囲をじめじめと濡らすことがありません。

本体外形寸法高さ375×幅375×奥行き180(+背面凸部10)mm
タンク容量・加湿量約4.2L/800mL
木造和室の適用畳数12畳
プレハブ洋室の適用畳数19畳
カラーミスティホワイト、クリスタルブラウン

シャープ HV-G30


丸みを帯びた形がやさしい印象の加湿器です。高濃度プラズマクラスター7000を搭載して、自然界と同じイオンで、室内にうるおいをもたらします。部屋に浮遊しているカビやウィルスを浄化し、タバコのニオイを消臭します。ハウスダストや花粉が家具に付着するのを防ぐ静電気除去の機能も備えています。

タンクの口が幅広いので奥まで手を入れて掃除できます。また、室温に対して湿度を55~65%に制御する省エネ運転で電力を節約します。後から紹介しますがハイブリッド式になったHV-G50等も人気です。

本体外形寸法高さ316×幅322×奥行き159mm
タンク容量・加湿量約2.4L・290mL/h(50/60Hz)
木造和室の適用畳数約4.5畳/約5畳(50/60Hz)
プレハブ洋室の適用畳数約7畳/約8畳(50/60Hz)
カラーホワイト系

ハイブリッド式加湿器

ダイニチHD-7017


ダイニチ工業株式会社は、1964(昭和39)年に、前身となる東陽技研工業株式会社の製品ブランドの名前をもとに新潟県で設立、バーナやコンロのメーカーとしてスタートしました。その後、石油ストーブやファンヒーターの製造販売を経て、2003年に加湿機を開発します。現在は、加湿器ではトップシェアを誇るメーカーです。

ハイブリッド加湿器は、送風による気化式とヒーターを使った温風気化式を組み合わせた加湿器です。湿度が低い状態では温風気化式で迅速に加湿し、十分な湿度にうるおったときには気化式に切り替えて湿度を維持します。このときにヒーターを切るため、省電力の効果があります。パワフルに加湿し、消費電力を抑えられることがメリットです。

加湿器の中でも抜群の静音性がダイニチの加湿器の大きな特長です。さらに、徹底した品質管理による日本のメーカーとしての信頼性、本体3年保証のアフターサービスがあります。

「のど・肌」の運転モードでは、部屋が暖まっていないときには湿度を70%以上に高めます。その後、室温が高まるにつれて60%程度まで湿度を自動的にコントロールすることで、のどや肌を守ります。

本体外形寸法高さ322×幅109×奥行き181mm
タンク容量・加湿量4.7L・700mL/h
木造和室の適用畳数12畳
プレハブ洋室の適用畳数19畳
カラーホワイト

シャープ HV-G50


先に紹介したHV-G30のハイブリッド版ですね。「お手入れ簡単設計」が特長で、本体から給水タンク、加湿フィルター、吹き出し口などを分解して、それぞれが洗いやすくなっています。

透明な給水タンクは広口なので、手を入れて中まで洗浄できます。加湿フィルターは丸洗いができ、突起が少ないカートリッジも洗いやすい構造です。吹き出し口は、ワンタッチで取り出せます。本体内部は、タオルでしっかりと拭き取りやすいようになっています。

「自動エコモード」もあり、1日8時間で30日間を加湿「強」で稼働させた場合、加湿量を約28%減少させ、消費電力と電力料金を抑えます。室温をセンサーで判断して湿度を55~65%に制御する「うるおい自動運転」、静音運転をしながら加湿量を抑える「おやすみ自動運転」もあります。

また空気清浄機能を持ったKC-F70も人気ですので、加湿器と空気清浄器を一つにまとめたい人はそちらの製品もおすすめです。

本体外形寸法高さ372×幅385×奥行き170mm
タンク容量・加湿量約4.0L・500mL/h
木造和室の適用畳数8.5畳
プレハブ洋室の適用畳数14畳
カラーホワイト系、ベージュ/キャメルベージュ

デザイン加湿器

cado STEM620(HM-C620)


性能が高くデザイン性も高い空気清浄機が有名なカドーですが、加湿器も販売しています。最新モデルの「STEM 620」は2017年10月28日に発売されたばかりの新製品。テレビでも紹介され従来モデルから続くその特徴的な形状は、知っている人も多いのではないでしょうか。

冒頭に超音波式はあまりおすすめできないと記載しましたが、この製品はその超音波式のデメリットをしっかり対策解消した製品になります。水槽内に特殊抗菌処理を施した抗菌プレートを使いカビや雑菌を除菌すると同時に、高性能イオン交換樹脂及び独自構造の新フィルターカートリッジを使うことでカルシウム(白い粉=スケール)も除去します。

そしてカドーといえばやはりその高いデザイン性です。インテリアとして部屋に置いても全く違和感のないデザインはさすがだと思います。トップパネルはアルミ削り出しプレートを採用し、水槽内部には湿度を知らせるイルミネーションがついています。またフレグランスモードを搭載し、フレグランスディフューザーとしても使用可能です。

本体外形寸法高さ375×幅375×奥行き180(+背面凸部10)mm
タンク容量・加湿量約2.3L・600mL/h(急速)
木造和室の適用畳数10畳
プレハブ洋室の適用畳数17畳
カラーブラック、ホワイト

ちなみに私はこの一つ前のモデルを使用しています。この新型は旧モデルよりもかなり進化していそうなので買い換えも検討したいと思っています。詳しいレビューはこちらからどうぞ。

cado(カドー)加湿器レビュー インテリアとしても使えるおしゃれなデザイン家電で乾燥対策
そろそろ乾燥する季節になってきましたね。乾燥時期の必需品といえば加湿器だと思うのですが、最近は種類も増え、どの家庭にもかなり普及して...

バルミューダ Rain(レイン)


こちらもデザイン性の高い家電を数多くリリースしているバルミューダの製品。バルミューダといえば最近はトースターや炊飯器などのキッチン家電で有名ですが、空気清浄機や加湿器のような空調家電も以前からリリースしています。空気を洗うと表現される加湿器「Rain(レイン)」は2017年12月上旬より新モデルが販売されています。

レインは壺のような形状で画期的なタンクレス構造を採用し、水を上から注ぎ入れるだけで給水ができます。重たいタンクを取り外す必要がないため給水がかなり楽で、デザインもインテリアとして違和感のないものになっています。また今流行りのIoT化がなされており専用アプリ「UniAuto」を使うことで、外出先からでも電源のオン/オフ、設定温度の変更などの基本的な操作が行えます。

加湿方法は気化式を採用し、人が快適だと感じられる約50%の湿度を自然に作り出します。最小消費電力も2Wのため電気代もほとんど気にする必要がありません。注いだ水がたまる内部の給水ボウルは丸洗いが可能で、常に清潔でミネラルやカルキが白く固まってしまうことも防ぐことができます。

本体外形寸法高さ374×幅350×奥行き350mm
タンク容量・加湿量約4.2L・600mL/h
木造和室の適用畳数
プレハブ洋室の適用畳数17畳
カラーホワイト

最後に

これからの季節、風邪予防の観点からも加湿器は必需品となります。人間が快適に生活できる湿度は40~60%と言われていますが、なかなか感覚だけではわかりにくいです。最近の加湿器にはセンサーがついていますので自動運転でもそれなりに快適な湿度に保ってくれますが、加湿器だけのセンサーだと部屋全体の湿度を計測できないこともあるので、個人的には湿度計を使うことをオススメします。加湿しすぎてもカビや雑菌の繁殖に繋がってしましいますので、加湿器と湿度計でしっかり湿度をコントロールして是非快適な住空間を作りましょう。

コメント

  1. niku より:

    cado STEM620購入しましたけど前モデルより手入れもしやすくていいですよ。電源コードも取り外し出来ます。

    • mocha425 より:

      nikuさん

      コメントありがとうございます。
      STEM620購入されたんですね!羨ましいです。
      旧モデルは水を捨てたり掃除の際に電源コードが邪魔なので、
      新型のコード取り外しは魅力的です。
      買い換えたい欲がだいぶ強くなってきました。