3泊5日ハワイ弾丸旅行記 航空機編 格安航空会社(LCC)のエアアジアで行くお手軽ハワイ

シェアする

日本人にとって長い間定番となっている海外旅行先といえばハワイだと思います。長い休暇をとってゆっくりと過ごすハワイはもちろん最高ですが、そんなハワイにもう少し手軽に行ければと思うことはないでしょうか?実は今そんな希望を叶えてくれるフライトがあります。

手軽に行けるハワイを体験するためについに登場した格安のハワイ便を利用して弾丸旅行をしてきましたのでそのレポートをしたいと思います。

エアアジアでフライトを予約

旅費をなるべく安くするための航空機選び

海外旅行と言えば当然飛行機の手配が必要になります。もちろんお金に余裕があればビジネスクラスに乗ったり機内食を楽しんだりというのも旅行の楽しみの一つだとは思うのですが、一般人にはなかなか難しいですし、それではとても手軽な旅行とは言えません。特に現地でのアクティビティや買い物の出費のことを考えると旅費というのはなるべく安く済ませたいものです。最近は格安航空会社(LCC)の登場でこの旅費を節約して現地での楽しみにお金を使うという旅行をしている人も多いのではないでしょうか。

実はそんな話題のLCCから日本とハワイを結ぶ初の格安国際便が最近登場しました。発表は昨年になるのですが、AirAsiaという航空会社が6月28日から関西空港―ホノルル線の就航を開始しています。

Air Asia Xハワイ路線就航のプレスリリース

その運賃なんと驚きの片道1万2900円(往復2万5800円)です。これは東京ー大阪間を新幹線で移動するよりも安い料金ですね。

※この価格はキャンペーン価格のため2017年2月11日~26日の間での予約(渡航期間は2017年6月28日~2018年2月6日まで)に適応されるため、現在は実施されていません。ただしエアアジアは期間によって様々なプロモーションやフェアをおこなっており2017年9月現在でも日によっては3万円以下のフライトが見つかります。

予約内容の詳細

私の場合は運よくキャンペーン期間中に予約を取ることができたのですが、さすがに最安値である1万2900円のシートは全てSoldになっており今回確保できたのは片道1万7000円(往復3万4000円)の席でした。LCCですので座席指定や機内食も別料金となっていますが、今回はハワイということもあり荷物が多くなることを考えて、受託荷物だけはオプションとして追加しました。それでも最終的にはトータルで片道2万円ですのでいかに安いかがわかると思います。

なおエアアジアのハワイ便の発着日と時間については下記のようになっています。

関空⇒ホノルル

D7001便 23:25発⇒12:30着(A330-300:月・水・金・土)

ホノルル⇒関空

D7002便 16:00発⇒20:25着(A330-300:月・水・金・土)

今回は仕事の都合もあり金曜出発の月曜帰りの3泊5日の弾丸旅です。出発が夜間ということもあり金曜出発であれば土日休みの会社員でも月曜を休めばいいだけですので、これもお手軽感があると思います。(仕事終わりにハワイフライトは体力的には少々厳しいかもしれませんが)

また関空ーハワイ便の受託荷物や座席指定料金については下記のようになっています。

受託手荷物 (新規予約と同時)
受託手荷物1つ (20 kg)3500円
受託手荷物2つ(20 kg)6300円
受託手荷物 (予約後に追加)
受託手荷物1つ (20 kg)4000円
受託手荷物2つ(20 kg)7600円
受託手荷物 (空港カウンター)
空港のチェックインカウンターでお預けいただく受託手荷物1つ(20 kg)12300円
座席指定
前方ゾーン
スタンダードシート1800円
ホットシート5800円
後方ゾーン
スタンダードシート1800円
ツインシート1800円
ホットシート5800円
クワイエットゾーン
スタンダードシート2900円
ホットシート6300円

予約後の受託荷物は料金が上がりますので、あらかじめ荷物が多くなることがわかっている場合はフライト予約時にオプションとしてつけておきましょう。

またクワイエットゾーンとはプレミアムフラットヘッドシート後方にある静かなエリアです。

ちなみに私の場合は4名でのフライトでしたが特に座席指定しなくても隣どうしの席になっていましたので、よほど満席ではない限りは同時予約した人とは近くに座れると思います。

フライトまでにおこなうこと

予約完了後のエアアジアからの案内

予約が完了すればエアアジアからメールが届きます。これは予約内容等が記載されていますのでフライト当日に確認できるようにしておきましょう。基本的にはパスポートさえあればカウンターで予約を確認してくれますので不要ですが、万が一に備えて印刷しておくか携帯で見れるようにしておいた方が良いと思います。

エアアジアからのアップグレード案内メール

フライト当日まで定期的にエアアジアから予約の確認とアップグレードオプションの案内メールが届きます。Optiontownというところからのメールで一見迷惑メールのように見えますがエアアジアとパートナーシップを結んだ正式なメールですので心配はいりません。内容はプレミアム席に割安な価格でアップグレードできるアップグレード・トラベル・オプション(UTo)と同列の空席シートを1席もしくは2席確保してゆったりと横向きに座れるエンプティ・シート・オプション(ESo)の案内です。私の場合ESoの値段が2500円くらいでしたので空席確認をしてみましたが、人気の便ということもありさすがに席が埋まっていて利用不可でした。どちらも空きがあればかなりお得な価格で機内空間を快適に過ごせるようになる良いオプションだと思います。

実際に届くメールです

チェックインについての注意

AirAsiaは事前のWEBチェックインが可能ですが、この関空-ハワイ便に関しては新しい便だからなのかWEBチェックインに対応していないため、空港チェックインの必要があります。国際線ですので、出発1時間前までにチェックインを行う必要がありますが、チェックイン開始時間の出発3時間前からすでに行列ができておりかなり混雑しますので、早めの空港到着をおすすめします。

フライト当日

チェックインから離陸まで

LCCに乗ったことのない人は不安に思うことが多いかもしれませんが、実は機内サービスが省略されること以外に他の航空会社との違いは特にありません。

私は過去にLCCのピーチ航空を利用して台湾に行ったことがあるのですが、関空の場合は第二ターミナルというピーチ専用の小規模なターミナルになります。飲食店等も少なく滑走路を歩いてタラップを自分で登るというLCCならではの経験をしましたが(これはこれで楽しいです)今回のハワイ便はそういうこともなく他の航空機と同じターミナル1ですので、空港でも快適に過ごせます。

前述の通りウェブチェックインができないため、時間に余裕を見て空港に到着していたため特に待たされることもなくすぐにチェックイン→荷物預け→出国審査が完了しました。

今回はLCCの旅なので機内での飲食は基本的に有料になります。そのため免税店等が集まっている出国審査後エリアで軽食を済ませたり、機内用の水を買っておくことをお勧めします。

搭乗口も特に一般の航空会社と変わりはありませんが、やはりLCCなので少し遠い所にありました。ただ搭乗手続き自体はかなりスムーズで少しだけ待ち時間が発生しましたが、よく聞くようなLCCの何時間遅れみたいなトラブルに合うこともなくすんなりと離陸となりました。

搭乗〜フライト中の機内での様子

機内ですがこれもよく言われるようなLCCの居心地の悪さみたいなものは一切なかったです。

使われている機材はエアアジアXA330-300型機というものでエコノミークラスには「3-3-3」の配列で365席のシートが装着されています。通常エコノミーよりもシートピッチは狭いそうなのですが平均的な日本人体型であれば特に狭さは感じないように思います。

(エアアジアホームページより)

前方にあるのがプレミアムフラットベッドというビシネスクラスシートです。私の予約の際は追加料金6万円ほどで乗れたと思います。搭乗時に少し見渡しましたがかなり快適そうに見えましたので、資金に余裕があればぜひこのシートを選ぶべきだと思います。

(エアアジアホームページより)

機内の様子も特に問題なくCAさんもみなさん非常に親切でした。日本発着便でアジア系の航空会社ということもあり、日本人もしくは日本語の通じるCAさんが多かったように思います。なるべく快適に過ごしたい機内で言葉が通じるというのは大きなポイントですね。サービスについても決して手抜きな訳ではなく過剰なサービスを削減し適切なサービスを提供されていますので好感が持てます。

機内食を有料で頼んでいる人は離陸から1時間後くらいに1回、着陸2時間前くらいに1回の食事タイムがありました。私は頼んでいなかったので基本は寝て過ごしていたのですが、機内にある紹介冊子を見るととても美味しそうでしたので、機会があれば次は頼んでみようと思います。

着陸〜入国審査

着陸後も他のフライトの時と同じように入国審査をすることになりますが、今回はものすごく早く審査エリアを抜けることができました。

過去のハワイ旅行では入国審査ですごく長い間並んでいた記憶がありますが、もしかすると到着したのがちょうど正午ごろでしたのでこの時間の着便が少なくすんなり通過できたのかもしれません。もしそうであれば貴重なハワイ滞在時間を少しでも長くできるので嬉しいですね。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

個人的には値段を考えると本当にお得に旅行ができたと思っています。

冒頭にも書いた通り現時点ではすでに就航記念セールは終わっていますが、それでも検索してみるとまだまだ日にちによっては安い便もたくさんあります。

旅費をなるべく抑えて現地で散財するぞ!という人は是非是非LCCを使ったハワイ旅行を検討してみてはいかがでしょうか。

海外旅行にはこのクレジットカードがおすすめ!ラウンジが使えるプライオリティパスが無料で、自動付帯保険も充実
旅行好きにもおすすめ 高コスパクレジットカード MUFGプラチナ・アメックスを使って生活の質をランクアップ
日本ではまだまだ現金主義の人も多いですが、電子マネーやスマホの普及でクレジットカードを所持している人も増えてきました。私も最近はほとんど...